吹き出物はなぜできる?吹き出物対策は生活習慣が肝心

LINEで送る
Pocket

気が付くと、いつの間にかできている「吹き出物」。吹き出物は顔にできると人目につきやすく、鏡を見るたびに憂うつな気分になりがちです。
さらに、吹き出物は症状の軽いものであればすぐに治ることもありますが、症状が重いと跡が残ってしまうこともあります。

そんな美の大敵ともいえる吹き出物は、一体どのような原因で発生してしまうのでしょうか。吹き出物とサヨナラするには、生活習慣の見直しや適切な対策を行うことが肝心です。
ここでは、吹き出物が発生してしまう原因や、予防法と対策法について紹介します。

吹き出物ができる原因は?

吹き出物ができる主な要因には「毛穴の閉塞」や「皮脂の過剰分泌」が挙げられます。正常なサイクルで肌のターンオーバーが行われている場合、分泌された皮脂は汗とともに、スムーズに毛穴から排出されます。

しかし、ターンオーバーのサイクルが乱れていると、毛穴の角質が厚くなり毛穴の閉塞につながるのです。すると、塞がった毛穴に皮脂が詰まり、やがてアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、吹き出物になってしまうのです。

さらに、皮脂が過剰に分泌されている場合も毛穴が塞がりやすくなり、吹き出物が発生するリスクが高まると考えられています。
もともと皮脂の分泌が盛んな人だけでなく、ストレスの増加や油分や糖質の多い食生活が原因となり、皮脂分泌が促されることがあるため注意が必要です。

吹き出物の予防する生活習慣


トラブル知らずの肌を目指すには、生活習慣の見直しや予防を行うことが肝心です。

まず、吹き出物を予防するために重要なのが「食生活の改善」です。油分や糖質を多く摂取すると、吹き出物が発生する原因につながります。栄養バランスの良い食生活を心掛けることで、吹き出物を遠ざけやすくなるでしょう。

なかでも、吹き出物予防には抗酸化作用を持つという「ビタミンC」や、糖質や脂質をエネルギーに変える働きを持つとされる「ビタミンB群」を摂取することが大切です。

ビタミンCはイチゴやブロッコリー、ビタミンB群は肉や魚、レバーなどに多く含まれています。これらの食品をバランス良く摂取することで、つややかな肌を目指しやすくなるでしょう。

これらの栄養素を日常的に摂取することが難しい場合は、ビタミンCやビタミンB群を多く含む酵素サプリ・美容サプリを活用することも良い方法です。サプリメントであれば持ち運びしやすく、いつでもどこでも手軽に栄養補給を行えます。
サプリメントをうまく活用することで、無理なくキレイに近づけるでしょう。

また、食生活の見直しに加えて「ストレスを溜めない」ことも、吹き出物予防として重要です。私たちの体はストレスを受けると、そのストレスから身を守るために「ストレス対抗ホルモン」を分泌します。

ストレス対抗ホルモンが増えると角質が厚くなったり、毛穴が狭くなったりする原因につながります。
さらに、皮脂の分泌を促す作用もあるとされるため、吹き出物の発生を促しやすくなってしまうのです。
このように、ストレスと吹き出物は密接な関係にあります。そのため、ストレスはなるべく溜め込まないように意識し、うまくストレスを発散することが大切です。

それから、「肌を清潔に保つ」ことも大切です。肌を不衛生な状態のまま放置すると雑菌が繁殖しやすくなり、吹き出物の発生を促す原因につながります。きちんと洗顔や保湿ケアを行い、肌を清潔な状態に保ちましょう。

吹き出物対策の注意点

吹き出物対策には、生活習慣の見直しや肌を清潔に保つことが大切です。ただ、肌を清潔に保つために「過度な洗顔」をすると、かえって肌に負担をかけてしまうリスクが高まります。

吹き出物ができると気になってしまい、1日に何度も顔を洗う人は珍しくありません。
しかし、過度に洗顔を行うと肌に必要なうるおいまで奪ってしまう原因につながります。

肌が乾燥すると角質が厚くなり、毛穴の入り口が塞がってしまうことになりかねません。
吹き出物は皮脂の過剰分泌だけでなく、乾燥により引き起こされる場合もあるため、注意が必要です。洗顔は過度に行うことは避けて、肌に必要なうるおいは残すようにしましょう。

吹き出物ができてしまったら


さまざまな予防法を取り入れたりどんなに気をつけたりしていても、吹き出物が発生してしまうことがあります。吹き出物ができてしまった場合は、症状をきちんと確認したうえで適切なケアを行うことが大切です。
吹き出物の症状が軽い場合は、スキンケアを徹底することでセルフケアを行える場合があります。きちんと洗顔と保湿ケアを行い、肌を清潔な状態に保ちましょう。

また、できてしまった吹き出物には、できる限り「刺激を与えない」ことが大切です。
なかには、吹き出物を早く治したいと考えて、指やピンセットで吹き出物をつぶしてしまう人も存在します。しかし、吹き出物をつぶしてしまうと毛穴の中が傷つき、雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまう原因につながります。
吹き出物ができたら安易に触ったりつぶしたりせず、できる限り刺激を与えないようにしましょう。

また、吹き出物に外部刺激が加わらないように、工夫を取り入れることも大切です。
たとえば、おでこや顔周りに吹き出物ができている場合は、髪があたって刺激になってしまう場合があります。吹き出物に直接触れないように髪をピンで留めたり、後ろで束ねたりしておくと良いでしょう。

肌のトラブルは体からのSOSサインであり、原因をきちんと突き止めて対処を行うことが大切です。生活習慣の見直しを行うことで、吹き出物を遠ざけやすくなります。
予防法や対処法をうまく取り入れて、輝く素肌を手に入れましょう。

乳酸菌でニキビ予防!?知られざる美肌効果とは

2017.08.18

腸内環境がニキビの原因に?乳酸菌の摂取がニキビの撃退につながる!

2017.06.23

ニキビ治療にはビタミンサプリが効果的!

2016.09.12
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!