糖質制限で死亡!?ダイエットの落とし穴に注意

LINEで送る
Pocket

効果的なダイエット方法のひとつとして注目されているのが「糖質制限」です。炭水化物などの糖質を控えることで脂肪をエネルギーに変えるのが糖質制限ダイエットの目的ですが、極端な糖質制限をしてしまうと命に危険が生じることもあります。
糖質制限ダイエットで体重が減少することは珍しくありませんが、もしかしたら健康的な痩せ方ではないかもしれません。

そこで今回は、糖質制限ダイエットに隠された注意点について解説していきます。

糖質制限の危険性

三大栄養素のひとつとして数えられる糖分は、人間にとって欠かすことのできない必要不可欠な栄養素です。
しかし、食後の血糖値を上昇させたり、インスリンが糖を脂肪に変えて体内に蓄積したりするため、美容や健康に関心がある人にとって糖分は極力摂取を控えたい栄養素となってしまっています。

糖質制限ダイエットを行うと、比較的短期間で体重の減少を実感できるケースもあります。そのため、糖質制限は痩せるために有効的な方法と思い込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、糖質をまったく摂取せずに生活していると、死亡率が高くなってしまう危険性があるので注意しなければなりません。
糖質制限を続けた人たちは高糖質の食事を行っている人たちと比べると、死亡率が1.3倍になることもあるという研究結果も出ています。

糖質制限は健康維持に役立つどころか、寿命を縮めている恐れもある恐ろしい側面を持ったものなのです。
とりわけ視力の低下や筋肉の減少は、糖質制限でもたらされる弊害といえるでしょう。もちろん、きちんとした指導のもとで適切な糖質制限を行う場合は、死亡に至るまでの命の危険性が出てくる可能性は低いです。
糖質制限を行う場合は自己流を避けて専門家の指示を仰ぐ必要があるでしょう。

無理をしない糖質制限を


糖質制限は名前の通り「糖分の摂取を制限する」ことなのです。甘いお菓子などを控えることはわかりやすいため問題にはなりませんが、糖質制限で注意しておきたいのは、毎日の食事にとって欠かせない「炭水化物」です。

炭水化物を多く含む食品には、米・パン・麺・フレーク・いもなどがあり、朝昼晩の食事で摂取する頻度が高いのが特徴です。炭水化物自体は甘いと感じるものではありませんが、体内で糖に変化するため、炭水化物が多く含まれている食品はそれだけ糖分も多いということになります。
そのため、糖質制限を行う場合は炭水化物の摂取を控えるケースが一般的となっています。

しかし、毎日の食事でまったく炭水化物を摂取しないことは現実的ではありません。
すでに述べたように、糖分は三大栄養素のひとつであり、人間にとって欠かすことのできないものです。通常糖分は体内で脂肪になるというよりも活動の源となるエネルギーになるので、糖分が不足すると頭がぼーっとしたり倦怠感が出たりしてしまいます。
このため、糖質制限をして体重を落としたいという人でも、まったく糖分を摂らないという選択肢はありえないのです。

では、無理をしない糖質制限にはどのようなものがあるのでしょうか。米やパンなどの主食の炭水化物を減らす場合は、いつもの半分程度にするのが適切です。
炭水化物の量を減らしたらその代わりにしっかりとたんぱく質と脂質を摂取しましょう。炭水化物がカロリーの半分以上を占めている一般的な日本人にとって、急激な炭水化物の抑制はカロリーバランスを崩すきっかけとなります。
したがって、肉・魚・大豆などでたんぱく質と脂質をバランス良く補うことで、炭水化物を減らした分のカロリーを取り戻してください。

炭水化物が多く含まれている食品は、ほとんどが食物繊維もまた多く含まれています。そのため、炭水化物をいつもの半分くらいにしてしまうと、必然的に食物繊維の量も減ってしまうこととなるのです。
食物繊維が含まれている野菜・きのこ・海藻類などを積極的に摂取して、不足を補うことが大切となります。

健康的に痩せるために


不健康な痩せ方をすると実は見た目に美しくなく、美容の観点からも好ましくはありません。特に、間違った糖質制限ダイエットを行うと脂肪よりも筋肉が大きく減少する恐れがあるので注意が必要です。筋肉は通常ある程度年をとると自然と少なくなっていきます。

それでも多くの高齢者が健康を保っていられるのは、筋肉の減少が緩やかであるからです。一方、糖質制限ダイエットによる筋肉の減少は急激であり、運動機能の著しい低下を招きかねません。女性の場合は閉経とともに骨密度が低下することがわかっていますが、運動機能の低下によって転倒による骨折のリスクも高まります。

また、筋肉の減少は基礎代謝の低下をももたらします。人間の体は基礎代謝によって黙っていてもカロリーを消費しますが、筋肉が減ることで基礎代謝も減って痩せにくい体となってしまいます。
こうなると一時的に体重が落ちても逆に太りやすくなってしまうので注意が必要です。過度の糖質制限にはさまざまなリスクが潜んでいます。健康的に美しく痩せるためにも、糖質制限を行う際には細心の注意を払うことが大切です。

糖質制限中の外食は要注意!メニューに気をつけて

2018.05.02

糖質制限ダイエットのメリットとデメリット

2016.09.16

糖質ダイエットへの期待値はどのくらい?挑戦の実態を調査!

2016.09.02
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!