黒酢を飲むならタイミングも大事!毎日続けられる黒酢の飲み方

LINEで送る
Pocket

スーパーには多くの黒酢が並び、インターネットでもたくさんの商品が紹介されています。黒酢はダイエットだけでなく生活習慣病や疲労回復にも効果的とされています。多くの人が注目している黒酢ですが、実際にはどのように飲んだらいいのでしょうか。たくさんの量を飲む必要があるのなら、続けるのも大変です。そこで、1日に飲む黒酢の適量や飲むタイミング、簡単にできる飲み方を紹介します。黒酢習慣を始めたいという人は参考にしてみてください。

この量なら毎日続けられる!1日に飲む黒酢の適量

美容や健康に効果的な黒酢ですが、1日に飲む量の目安は大さじ1~2杯程度です。一度に大さじ2杯分を飲むのではなく、数回に分けて飲むといいでしょう。黒酢は適量を守って飲むことがポイントです。飲んだ量だけ効果が出るということはありません。飲みすぎると胃腸に負担がかかり、腹痛や下痢、吐き気などの症状を引き起こすことがあります。黒酢を飲んで体調に変化があるときには黒酢の量を減らし、様子を見るようにしましょう。

胃腸が弱い人は徐々に量を増やして、無理のない量や飲み方を確認してみてください。また、黒酢には身体を冷やす性質もあり、冷え症の人は飲み過ぎに注意が必要です。黒酢を飲むときには冷えた状態ではなく、お湯で割って飲んだり常温で飲んだりするといいでしょう。

黒酢の効果をより得るために!黒酢を飲むタイミングがポイント


黒酢にはさまざまな効果があります。脂肪燃焼の効果や基礎代謝の向上はダイエットに欠かせません。また、血圧を下げたり、コレステロールや中性脂肪を減らしたりする効果もあるといわれており、生活習慣病予防にもおすすめです。さらに、疲労回復効果もあります。黒酢の効果を十分に発揮させるためには、飲むタイミングも大切です。黒酢は胃や腸へ与える刺激が強いため、空腹時には飲まないほうがいいでしょう。起きてすぐに飲むのも避けるようにしてください。黒酢の成分を吸収しやすいのは、食事中から食後の消化がよくなる時間です。そのため、食事中から食後に飲むようにしましょう。

また、黒酢には糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにする効果もあります。血糖値が一気に上がると多くのインスリンが分泌され、脂肪の合成につながります。血糖値の上昇が気になる人は、食事の前半に黒酢を飲むのがおすすめです。あまり空腹の状態でなければ、食前に飲んでもかまいません。しかし、黒酢には食欲増進の作用もあります。食前に黒酢を飲んでたくさんご飯を食べてしまっては意味がありません。食事は食べる前に自分の器によそい、食べる量を決めておくようにして、ダイエット中の人は食前に黒酢を飲むのは避けたほうが無難です。黒酢は運動により身体が温まり、代謝が活発になっているときに飲むのも効果的です。疲労回復効果があるため、運動後に飲むのもおすすめです。

また、お風呂に入った後に飲むのもいいでしょう。しかし、寝る直前にお風呂に入る人は、お風呂の後に黒酢を飲むのは避けてください。寝る前に黒酢を飲むと、歯にダメージを与えてしまいます。寝ている間は唾液の量が少なくなり、寝る前に飲んだ黒酢により酸性の程度が強くなった状態で過ごすことになるためです。口の中の酸性の程度が強い状態が続くと、歯のエナメル質を溶かす恐れがあります。黒酢を飲んだら寝る前に口をすすいで、酸性の状態を和らげるようにしましょう。ちなみに、食事中は唾液がしっかり分泌されて中和されるので、食前や食事中に黒酢を飲んでも歯にダメージを与えることはありません。

黒酢を美味しく摂るために!簡単にできるおすすめの飲み方

黒酢はそのままだと酸っぱくて飲みにくく、喉や消化器官にとっても刺激が強すぎます。そのため、10倍くらいに薄めて飲むようにしましょう。毎日飲むなら美味しくないと続けるのが辛くなってしまいます。そこで、簡単にできる黒酢の飲み方を紹介します。まずは、黒酢の味を楽しめる水やお湯で割って飲む方法です。

大さじ1の黒酢を10倍くらいの水やお湯で薄めます。はちみつや砂糖などを加えて味を調整してください。レモン汁を加えるのもおすすめです。水以外にもいろいろなジュースで黒酢を割る方法もあります。大さじ1の黒酢に10倍くらいのオレンジジュースやりんごジュース、桃ジュースなどを加えてみましょう。自分好みの組み合わせで楽しんでください。
また、黒酢と生姜でドリンクを作ることもできます。薄切りにした生姜に同量の砂糖を加え、水とお好みでシナモンやレモン汁を入れます。それを過熱すればジンジャーシロップのできあがりです。水で割った黒酢にジンジャーシロップを混ぜて飲みましょう。生姜の血行促進作用で身体も温まります。

他にも、牛乳が好きな人は黒酢と牛乳にはちみつを混ぜて飲んだり、お酒が好きな人は赤ワインに黒酢を混ぜて飲んだりするのもいいでしょう。いろいろな飲み方があるので、その日の気分に合わせて選ぶことができます。黒酢を摂るには、ドリンクとして飲む方法以外に、料理に使う方法もあります。酢豚やマリネ、南蛮漬けなどの料理に活用すると、食事と一緒に無理なく摂取することができるでしょう。また、焼きそばやラーメンなどに少したらして食べると、手軽に黒酢を摂ることができます。

サプリを活用する方法も!自分に合った黒酢習慣を始めよう


黒酢には美容や健康に嬉しいさまざまな効果がありますが、適量を守って摂取するのが大切です。黒酢を摂取するには薄めて飲んだり料理に混ぜたりといろいろな方法があり、自分に合った方法を見つけることが続けるコツでしょう。毎日黒酢を割って飲むのが面倒だったり、黒酢の味がどうしても好きになれなかったりする人は、サプリで摂る方法もあります。

サプリは黒酢の成分をカプセルに閉じ込めているため、黒酢の味を感じずに飲むことができます。また、寝る前に黒酢を飲むことによって歯にダメージを与えるリスクがありますが、サプリではその心配がありません。手間なく飲むことができるのも大きなメリットでしょう。黒酢にはアミノ酸やビタミン、ミネラルなど身体にとって大切な成分が豊富に含まれています。毎日の黒酢習慣を始めて、美しく健康的に過ごしてみませんか。


【重要】便秘対策パーフェクトガイド

2018.09.25

【重要】花粉症対策パーフェクトガイド

2018.09.13

定番料理からスイーツまで!黒酢を使った人気レシピ

2017.11.14
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!