もしかしてpms?自分の症状をチェックしてみよう

LINEで送る
Pocket

生理前になると、「体や心のバランスが不安定になる」という悩みを持つ女性は少なくありません。もしも生理前に決まって体や心に不調が起こり、生理が始まると症状がうそのように消えてしまう場合は、「pms」である可能性があります。

ただ、pmsという単語は耳にしたことはあっても、詳しい内容は知らないという人も多いのではないでしょうか。つらいpmsの症状を遠ざけるには、原因や対処法をきちんと知っておくことが肝心です。
ここでは、pmsが起きるメカニズムや対処法について紹介します。

pmsって何?

pmsとは、別名「月経前緊張症」とも呼ばれ、生理開始前の約2週間に起こる、体と心の症状のことです。pmsが起きる原因はまだはっきりと解明されていませんが、主に「黄体ホルモン」「セロトニンの低下」「ビタミンやミネラルの不足」が関係していると考えられています。

黄体ホルモンは生理が始まる約2週間前に増加する傾向にあり、脳内物質や水分代謝などに影響をおよぼすという見方があります。さらに、黄体ホルモンが影響を与えるのは体だけではありません。イライラが強くなったり気分が落ち込みやすくなったりするなど、心の状態にも影響をおよぼすと考えられています。

セロトニンは満足感や幸福感を感じる脳内物質であり、生理前になると分泌が低下しやすくなります。セロトニンが不足すると、憂うつな気分やイライラを引き起こしやすくなり、心を不安定な状態にしてしまうのです。

また、ビタミンやミネラルは女性ホルモンを正常に機能させるうえで、欠かせない成分だと考えられています。そのため、ビタミンやミネラルが不足すると、pmsの症状が起きやすくなる場合があります。

pmsの可能性がある症状をチェック


pmsの症状は多岐に渡り、人によっては悩まされている症状が1つだったり複数だったりすることがあります。pmsの主な症状のなかから、自分に当てはまるものをチェックしてみましょう。

まず、体に起こる変化には「乳房のハリや痛み」「肌荒れ」などが挙げられます。また、人によっては「頭痛」「吐き気」「下痢」などの症状が見られる場合もあるでしょう。それから、「顔や手足のむくみ」を感じるケースもあります。

続いて、心に起こる変化には、「憂うつな気分になる」「不安感が強くなる」などの症状が見られます。それに加えて、「無気力になる」「集中力が低下する」などの変化を感じる場合があるでしょう。

このように、pmsの症状にはさまざまな種類があります。生理前にこれらの症状が強くなる場合は、pmsである可能性が高いでしょう。また、pmsは自分に起きている症状を自覚することで気分が安定し、症状が軽くなる場合があります。まずは自分に起きている心身の変化をよく観察し、不調のパターンを知ることが大切です。

pmsの対処法

pmsのつらい症状を和らげるには、「適度な運動」を行うと良いでしょう。ストレッチやウォーキングなどの軽い運動を行うことで血行が促進され、腹痛や頭痛などの症状が緩和される場合があります。また、適度な運動は自律神経を整えるために役立ちます。自律神経のバランスを整えることで、不安感やイライラなど心の不調を和らげやすくなるでしょう。

また、「食生活の見直し」も有効な対処法の一つです。バランスの良い食生活を意識することで、体と心をすこやかに保ちやすくなるでしょう。なかでも、「ビタミンB6」はホルモンバランスを整えてくれる作用があります。ビタミンB6は主に、かつおやまぐろなどの魚類、レバーなどに多く含まれます。また、生理前にイライラの症状が強くなる場合は、神経を静める作用を持つとされる「ビタミンE」を摂取すると良いでしょう。ビタミンEはアボカドやかぼちゃ、ナッツ類などに多く含まれます。

それに加えて、「カルシウム」と「マグネシウム」も、pmsのつらい症状を和らげるために有効といわれている成分です。カルシウムは乳製品や葉物類、マグネシウムは大豆製品や海藻などに多く含まれています。これらの食品を日常的に摂取することで、pmsによる心身の不調を遠ざけやすくなるでしょう。

ただ、仕事や家事で忙しい現代人にとって、これらの栄養素を毎日欠かさずに摂取することはなかなか難しいことかもしれません。食品から栄養を摂ることが難しい場合は、ビタミン・カルシウム・マグネシウムなどの栄養素が豊富に含まれる、酵素サプリや美容サプリを取り入れることも良い手です。サプリであれば、いつでも手軽に足りない栄養素を補うことができます。

pmsと上手に付き合うために


pmsは多くの女性を苦しめる、やっかいな存在といえます。pmsと上手に付き合うためには、自分の体や心に起きている不調をきちんと把握し、適切な予防と対処を行うことが大切です。きちんと症状を見極めて自分に合ったケアを取り入れることで、症状の緩和を目指しやすくなるでしょう。
ただし、自分では抑えきれないほど心身の不調を強く感じるようであれば、無理せず専門医に相談することが大切です。
自分にとって無理のない方法でpmsと向き合い、笑顔で過ごせる毎日を目指しましょう。

毎月の体調不良はPMSのせい?原因を知って生理と上手に付き合おう

2018.04.25

生理周期に合わせたダイエットをしてみよう!

2017.10.30

悩ましい生理によるむくみ!その原因と改善策

2017.08.28
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!