花粉症は目や鼻だけじゃない!知っておきたい肌荒れ対策

LINEで送る
Pocket

花粉症の季節になると涙が止まらない、鼻がグズグズするといった症状に悩まされる人は、少なくないのではないでしょうか。

くしゃみや鼻水も辛い症状ですが、花粉が飛ぶ時期になると肌が荒れるという人はいませんか。もしかすると、その肌荒れは花粉症が原因かもしれません。

その肌荒れは花粉症皮膚炎かも!

花粉症皮膚炎はもともと花粉症だという人はもちろん、花粉症の症状を感じたことのない人でも注意が必要です。花粉症皮膚炎はアレルゲンとなる花粉が肌に付くことで皮膚が炎症をおこし、かぶれや痒みを引き起こすといわれています。

さらに、花粉症の人が目を掻いたり、頻繁に鼻をかんだりすることで肌を摩擦して炎症を起こすこともあるようです。また、今は花粉症の症状がなくても、潜在的に花粉症になる可能性を持っている人であれば季節の変わり目で弱った肌に花粉が付着して、花粉症皮膚炎を引き起こす可能性があります。アレルギーのない人でも、弱った肌に刺激物質である花粉が付着して炎症をおこすことも考えられます。

花粉症皮膚炎では一般的に、ニキビのような細かくて赤い湿疹ができたり、目や鼻の周りの肌の色がほかの部分の色と違ったり、肌がヒリヒリするという症状があらわれたりするといわれています。

花粉の飛散量が増える春先は気温や気候の変化が大きいので、肌表面にある水分と油分のバランスが崩れやすくなり、肌のバリア機能が低下しやすい時期といえます。

そのため、肌は外部からの刺激を受けやすくなり、花粉症皮膚炎になってしまう可能性があるのです。

鼻周りの肌荒れは花粉症の二次被害かも


花粉症の人の多くは、ティッシュやマスクが必需品になっているのではないでしょうか。顔全体に炎症や肌荒れのような症状がなくても、鼻の周りだけ皮膚が荒れていたら花粉症の二次被害が考えられます。マスクできちんと肌をガードしているのに、なぜ肌が荒れるのかと感じる人もいるかもしれません。

確かにマスクをしていれば鼻周りに花粉が付着することは抑えられますが、鼻をかむことが多くなると皮膚への摩擦が増えます。そのため、摩擦によって鼻の下など周辺がカサカサになったり、ゴワゴワしたりという肌荒れをおこす可能性があります。

さらに、摩擦を繰り返すことで、皮膚のバリア機能が低下して吹き出物が出やすくなることもあるようです。また、長時間マスクで肌を覆っていると蒸れてしまい、雑菌が増殖して吹き出物の悪化を招くことがあるともいわれています。

花粉が飛散している時期は、花粉症の症状がひどくなりやすいので鼻をかむことも、マスクをすることも欠かせない人が多いかもしれません。しかし、これらの行動が花粉症の二次被害となっている可能性があるのです。

花粉症による肌荒れの予防法

花粉症による肌荒れを防ぐには、まずなるべく花粉を浴びないことが一番といわれています。外出時はマスクや帽子でガードして、髪の毛もなるべく帽子の中に入れるようにした方が良いようです。帰宅した後は玄関に入る前に服に付いた花粉を払うほか、コートなどを部屋の中に持ち込まないように注意しましょう。

また、家に付いたらなるべく早めに洗顔することも大切でしょう。この時、肌に花粉が残った状態で擦り洗いをしてしまうと、肌に刺激を与えてしまうので擦らず優しく洗い流した方が良いでしょう。顔をタオルで拭く時も、擦ってしまうと肌を傷つける可能性があります。

また、髪の毛にも花粉が付着しているので、洗髪をきちんとすることもお忘れなく。さらに普段のスキンケアも重要なポイントだといわれています。肌のバリア機能が低下している時期は、刺激のある化粧品を使うことも避けましょう。なるべく肌に優しいといわれている化粧品を使い、しっかり保湿することも必要なようです。

また、花粉が大量に飛散している時期に布団を外に干すと、布団に花粉が付着してしまうので避けた方が良いといわれています。

マスクやティッシュの素材も要チェック


使い捨てタイプの不織布でつくられたマスクが一般的になっていますが、肌が弱い状態の時には肌荒れをおこしやすいといわれています。そこでおすすめなのが、肌に優しいといわれるオーガニックコットンや、シルクでつくられたマスクです。

これらは使い捨てではないのですが、どうしても使い捨てマスクの方が使いやすいという場合は、皮膚刺激の少ない敏感肌用の使い捨てマスクもあるようです。また、鼻をかむためのティッシュの素材もチェックしてみてください。花粉の時期は一般的なティッシュよりもしっとりしていて、やわらかいローションティッシュがおすすめです。

ほかにも、保湿成分を含ませたティッシュも登場しているので要チェックです。ローションティッシュや保湿ティッシュは、一般的なものと比べて若干価格は上がりますが肌への刺激は少なくなるといわれています。

花粉の時期だけでも素材にこだわってみてはいかがでしょうか。春先は花粉症だけでなく、花粉が原因の肌荒れにも注意が必要なようです。肌荒れに悩む前に、予防して少しでも快適に生活できるように気を付けてみましょう。

花粉症を重症化させないための予防法って何?

2016.11.11

なんとか治したい花粉症!どんな治療法があるの?

2016.11.07

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!