シミ予防&ケアに効果大のビタミンC

LINEで送る
Pocket

女性を悩ませるのが、年齢を重ねるごとに増えてくるシミ。鏡を見るたび憂鬱な気分になってしまいますね。肌にシミがあると、実年齢より老けて見られがち。
また、不健康で暗い印象も与えかねません。シミのない美しい肌に憧れつつも、「できてしまったものはしょうがない」と諦めてしまっていませんか?
でも、シミは予防をしっかりすれば、発生しにくくすることができます。できてしまったシミも、適切なケアをすることで薄く目立たなくなりますよ。

大人女性が気になるシミの種類とメカニズム

シミと一口に言っても、さまざまな種類があります。ケアの方法も変わってきますので、自分がどのタイプであるかきちんと把握しておくことが大切でしょう。
まず、シミの代表とも言えるのが「老人性色素斑」。薄茶色で、輪郭がはっきりとした円形状をしています。紫外線の影響によってできるシミで、初期は薄くてもだんだん濃くなっていくのが悩ましいところ。名前には老人とついていますが、40歳前後から現れやすくなります。

色白の人やアウトドアのスポーツをしている人などは、20代後半から現れることも。「肝斑(かんぱん)」は、耳にしたことがある人もいるかもしれませんね。ほほ骨や目尻の下あたりに、左右対称にできるシミです。生理不順や妊娠など、ホルモンバランスの乱れが発症の原因と言われています。1~2mmの点々が顔の中心部に広がるシミが、「雀卵斑(じゃくらんはん)」。難しい名前ですが、「そばかす」と言えばお分かりになるでしょう。遺伝的要素が強く、色白の人に多く見られます。にきびや虫刺され、傷が治った後にシミとして残ってしまうケースもあります。「炎症性色素沈着」と呼ばれ、自然治癒に時間を要するのが特徴です。

一般的なシミができるメカニズムには、紫外線とメラニンが関係しています。人は、紫外線を受けるとメラニンを生成してダメージを防いでいます。ところが、慢性的に紫外線を浴び続けていたり、加齢によって肌のターンオーバーがうまくいかなくなったりすると、メラニンが過剰になり色素が沈着してシミとなります。

シミ対策にはどのように摂るのが効果的?

お肌や美容に良いと有名なビタミンC。シミの予防対策としても、摂取することをおすすめします。ビタミンCには、シミの原因となるメラニンの過剰生成を抑制する効果があるからです。また、色素沈着してしまったメラニン色素を元の色素に還元する効果もあります。つまり、できてしまったシミでも、ビタミンCを取ることで薄く目立たなくすることを期待できますよ。そんな魅力いっぱいのビタミンCですが、残念ながら体内で合成することができません。

不足すると貧血や肌荒れを起こしたり、疲れがなかなか取れなかったりといった体の不調を招いてしまいます。シミ対策だけでなく、健康のためにも毎日意識的にビタミンCを摂取するように心がけましょう。
ビタミンCを含む食品はいろいろありますが、特に野菜や果物に多く含まれています。ビタミンCはとてもデリケートな成分で熱と水に弱く、過剰に水にさらしたり、加熱調理したりすることで失われやすくなります。生のフルーツや生野菜で摂るようにするといいですね。ただ、ビタミンCは1日1500mg以上摂るのが理想的。

たとえば、キウイ1個は69mg 、グレープフルーツ 1/2個は54mg 、ブロッコリー 1/4個は60mg 。1500mg摂ろうと思ったら、相当な量を食べなければなりません。ミキサーにかけてジュースにすると、かさが減ってたくさんの量を摂取することができます。それでもやっぱり足りない分は、サプリメントを活用するのも良いでしょう。ビタミンCは水溶性なので、過剰に摂取しても余剰分は体外に排泄されます。心配することなくたくさん摂取して大丈夫です。

シミを作りづらい生活のすすめ

シミができないようにするためには、普段の生活での心がけも大切です。どんなことに気をつければ良いのでしょうか。シミの一番の原因は紫外線なので、まずは紫外線対策をしっかり行うことが基本です。紫外線は、夏だけでなく年中降り注いでいます。

曇りの日も油断できません。日焼け止めは毎日塗って、帽子や日傘、UV防止手袋を併用しましょう。そして、見落としがちなのが目。目から入った紫外線によっても、メラニンは生成されてしまいます。「洋服で隠れている部分にシミができた!」という場合、目からの紫外線が影響している可能性があります。日差しの強い日は、サングラスの使用もお忘れなく!また、日焼け止めは数値が高ければ高いほどいいというわけでもありません。
数値が高い日焼け止めは、肌への負担も大きくなるため、かえってシミの原因となってしまうこともあります。用途によって使い分けるとベストですね。

シミ対策には、保湿ケアも重要ポイント。お肌の乾燥は、シミだけでなくさまざまな肌トラブルの元となってしまいます。普段から保湿をしっかりしておくことで、外部からの刺激を受けにくい強いお肌となり、紫外線のダメージからも回復しやすくなりますよ。

ゴージャスでお肌も気分もあがっちゃう!金箔の美容効果とは

2016.07.30

天然のビタミンサプリ「ローズヒップティー」で美と健康を作ろう!

2016.07.12

美白効果のある美容液を手作りできる!日本酒を使った美容液の作り方

2016.06.12
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!