美白効果を高めるスキンケア3カ条

LINEで送る
Pocket

美白効果をより高めるために、紫外線対策、美白成分の入ったアイテムでのスキンケア、美白食材で内側からのケア、この3つが欠かせないものになります。それぞれ、どのようにして取り組んでいけば高い美白効果が期待できるのでしょうか。その方法をわかりやすく紹介していきます。

デイリーもスペシャルも、紫外線対策はぬかりなく!

美肌の大敵、紫外線にはもちろんデイリーの日焼け止対策が欠かせません。2時間程度の外出なら、SPF10~20、PA++、ウォータープルーフでない乳液かクリームのもので肌に負担をかけないようにすると良いでしょう。
最近は化粧下地やリキッドファンデーションにも効果的にUVカット成分が入っているものがあります。肌に合うものを見つけておくと、毎日のメイクで手間がかからないので便利です。

しかし、一日中外出するときや、紫外線が強い時は、ウォータープルーフの紫外線カット力の強いものを選びましょう。肌が弱い方でなければ、SPF50、PA+++くらいのものを選ぶほうが無難です。必ず、2時間ごとに塗りなおすようにして、できるだけ厚めに重ね塗りがおすすめです。さらに日傘や、長袖のアウター、アームカバーなどの小物をフル活用してできるだけ紫外線をカットしましょう。

入浴時は、日焼け止めをきれいに落としてくれるクレンジングを使って、優しくoffすることが大事です。洗顔後は、美白成分、保湿成分の入った化粧水や美容液で丁寧にスキンケア。週に1~2度は、フェイスマスクやパックを使った、スペシャルケアも取り入れると効果的です。

美白成分にこだわったケアアイテムを揃える


日焼けによるシミやくすみは、メラニンが過剰にでき、肌にとどまってしまうことなのでそれらを防いでくれる成分が入っているアイテムを選びましょう。
今後シミをできにくくする「予防」が期待できる成分としては、アルブチンがあげられます。アルブチンにはメラニンのもとになる酵素をできにくくする働きがあります。抗酸化作用もあるので、この二つの働きでシミの予防が期待できるのです。肌を美しくする保湿効果もあるといわれており、美肌作りには取り入れたい成分です。

すでにできてしまったシミに対しては、「薄くする」作用が期待できるハイドロキノン、プラセンタエキスなどがおすすめです。ハイドロキノンはシミのもとになるメラニン色素の抑制だけでなく、メラノサイトという細胞そのものを減少させる作用があるとされています。できてしまったシミに対しても働きかけるので、シミを薄くしていくことにつながるといえるでしょう。
アメリカなどでは色素沈着やシミの治療薬としても使われており、非常にメジャーな美白成分とされています。プラセンタエキスは、アミノ酸やミネラルが豊富で肌を健やかに保つために有効な成分といわれています。肌のターンオーバーを整えるので、できてしまったシミを、あかとして排出するサポートをしてくれるでしょう。

ビタミンC誘導体は「予防」と「薄くする」両方の作用が期待できるとして知られています。新陳代謝を促し、できてしまったシミを還元するという働きがあり十分に美白効果の期待できる成分です。肌に浸透しやすいタイプのビタミンC誘導体は、真皮内でのコラーゲン生成にも作用するといわれています。
このようなことからも化粧水や美容液を選ぶ際、上記のような成分が入っているアイテムを選ぶことで美白効果や美肌効果が期待できるといえます。

気軽に美味しく「美白食材」を積極的に取り入れよう


肌への美白効果を得るためにも、スキンケアに加えて、美白食材も取り入れたいものです。例えば、シミのもとになるメラニン発生を抑えてくれ、色のついてしまったメラニンを薄くしてくれる作用のあるビタミンCなどは、できるだけ多くとりたい成分です。レモン、オレンジなどの柑橘類などで摂取できますが、必要な分を食事だけで摂取するのは難しいこともあります。

ビタミンCは毎日1000ミリグラムを要するとされていて、日常の運動やストレスなどでも消費されてしまうものなので、サプリや、ドリンクなどで補っていくという方法も良いでしょう。
キウイはビタミンCに加え抗酸化作用のあるビタミンEも豊富に含んでいるのでおすすめの食材です。老化の原因になる酸化から肌を守ってくれる働きがあるので、積極的に取り入れたいですね。
抗酸化作用という面では、トマトに含まれるリコピンも注目です。紫外線はもちろん、大気汚染や日ごろのストレスなどでも活性酸素は発生し、シミやしわなどの原因にもなっていきます。リコピンは強い抗酸化作用で、シミやしわ、たるみなどの肌悩みをできにくくしてくれる働きがあるのです。

このように、美白のために取り入れたい食材は多くあり、なかなか全部を網羅して摂取するということは難しいことも多いでしょう。そんな時は、サプリなどをうまく活用しながら、体の内側からも美肌を作って行きたいですね。

美白美人へと導く化粧水の選び方3つのポイント

2016.08.19

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!