ビタミンC誘導体のパワーで美しい肌を手に入れよう

LINEで送る
Pocket

ビタミンC誘導体配合の化粧水や美容液、ドラッグや雑誌でよく目にしますよね。肌をキレイにしてくれる作用があることは何となく伝わってくるものの、実際、ビタミンC誘導体にどんな効果があるのか、ビタミンCとどう違うのか疑問に感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
その効果をよく理解することができれば、よりいっそう美肌作りに効果を発揮できるかもしれませんね。そこで、ビタミンC誘導体とその効果についてご紹介いたします。

とっても優秀!ビタミンC誘導体とは?

お肌や健康にさまざまな良い効果を発揮してくれるビタミンC。活性酸素を抑制できるためアンチエイジング効果が期待できますし、メラニンの生成を抑える力があるためシミやくすみを予防する効果があります。
さらに、コラーゲンやセラミド合成の促進作用もあるためシワやたるみを改善する働きも得られますし、皮脂を抑制する力もあるためニキビやニキビ跡、テカリに悩む人にも有効です。他にも肌の赤みを抑える、毛穴を引き締めるなどの効果も見られます。

しかし、ビタミンCは熱に弱い、空気に触れると酸化してしまう、水に溶けやすいといった不安定な物質であることに加え、肌に吸収されにくいといった欠点があるため、化粧品に配合できない、ビタミンCそのものを肌に塗っても効果が期待できないといった課題を抱えていました。

そこで誕生したのがビタミンC誘導体です。誘導体にすることで成分が安定し、化粧品に配合されやすくなりました。さらに皮膚に浸透しやすいといった成果も得られたため、ビタミンCの効果をしっかりと肌にもたらすことが可能となり、シミやシワ、ニキビ、テカリ、毛穴、赤みなど多くの肌トラブルの改善に効果を発揮する成分として注目を浴びるようになったのです。

ビタミンC誘導体の種類とその効果の違い


ビタミンC誘導体は大きく水溶性、油溶性に分かれ、代表的なものには次のようなものがあります。
まずは「リン酸アスコルビルMgマグネシウム」。水溶性のビタミンの中では効果がかなり高めで、皮膚科でも多く使われていることが特徴です。体内にあるホスファターゼと呼ばれる酵素によって皮膚の中でビタミンCとン酸マグネシウムに分解され、その効果を発揮します。
「リン酸アスコルビン酸ナトリウム」も同じく水溶性を代表するビタミンC誘導体です。効果に関してはリン酸アスコルビルMgマグネシウム同様優れていますが、リン酸アスコルビルMgマグネシウムに比べると付け心地に少し刺激があります。コストが安いというメリットがあります。

「アスコルビン酸グルコシド」も多くの美白化粧水に使われているビタミンC誘導体の1つで、ビタミンCと人体にも存在するグルコースと呼ばれる糖を結合したものです。安定性に優れているため常温でも長期保存ができるのがメリットですが、人体にはグルコースを分解する酵素がほとんどないため、ほかのビタミンC誘導体より効果が少ないという説もあります。
「アスコルビン酸グルコシド脂肪酸」はアスコルビン酸グルコシドを油溶性にしたもので、クリームやジェルなどの油分を含む化粧品に使われています。

他に「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」と呼ばれる油溶性のビタミンC誘導体もあり、皮膚内に存在する酵素によりビタミンCとパルミチン酸に分解されます。パルミチン酸は人体にも存在しますし、食肉などにも含まれている物資です。高い吸収率を誇ること、作用時間が長いことというメリットがあります。
さらに、水溶性と油溶性の両方を兼ね備えている新型のビタミンC誘導体「アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸」もあります。APPS(アプレシエ)とも呼ばれおり、原料の価格が高いことがデメリットですが、他のビタミンC誘導体に比べると浸透率が圧倒的に優れていることがメリットです。

使用の注意点を知ってからケアにプラスしよう


美肌効果に優れているビタミンC誘導体ですが、もちろん使用する上で注意点もあります。
まずは肌質によっては乾燥を感じてしまうこと。ビタミンCには皮脂を抑制する力があるため、乾燥肌の人がビタミンC誘導体の化粧水を使い続けると乾燥がひどくなってしまう可能性があります。乾燥を起こさないためにも肌の状態にはよく注意を払い、保湿系の化粧品を一緒に使ったり、保湿効果の高いビタミンC誘導体の化粧水を使ったりといった対策が必要になるでしょう。

また、シミやシワが気になる部分のみにビタミンC誘導体を使うといった方法も良くありません。使う時は顔全体に使うようにし、効果を上げたいのであればシミやシワの気になる部分のみクレラップやサランラップを貼り付け、10分~20分置くようにしましょう。こうすることでビタミンCの浸透率をあげることができます。
イオン導入器を使うことも可能ですが、油溶性のビタミンC誘導体はイオン化されにくいため、水溶性のビタミンC誘導体で行うことが大切です。この時、過度にイオン導入を行わないように気をつけましょう。過度なイオン導入は肌に負担をかけるため、1週間に1度の使用を目安に、1回の使用時間は3分以内にすると良いようです。

また直接肌に当てないこともポイントで、ビタミンC誘導体の化粧水を染み込ませたシートマスクを肌にのせ、そのうえからイオン導入器をあてるようにすると肌へのダメージを防ぐことができます。シミやシワなどの気になる部分のみに集中して当てすぎないこと、生理などで肌の状態が不安定な時は避けることも大事です。注意点を守りながら、ラップやイオン導入器を使うことで、よりビタミンCの効果を実感することができるでしょう。

天然のビタミンサプリ「ローズヒップティー」で美と健康を作ろう!

2016.07.12

美人になりたいなら知っておくべき!豆乳の素晴らしき美容効果!

2016.06.06

美容効果が抜群の優秀な間食とは!?

2016.04.06
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!