乾燥肌対策は保湿だけじゃダメ?乾燥の原因と潤い肌へ近道

LINEで送る
Pocket

化粧ノリが悪い、かゆみを感じるなど、日々気になってしまう乾燥肌。いくらスキンケアを変えても乾燥肌が治らないという場合は、外から肌をケアするだけでなく、身体の内側から解決していくことが大切です。乾燥肌の原因や日常生活でできる対策方法をご紹介します。

乾燥肌対策はスキンケアを変えるだけでは解決できない!

乾燥肌とは皮脂の分泌量が低下したり、角質を形成している細胞間にある脂質が減少したりすることで、肌の水分が減ってしまっている状態を指します。

もともと肌の水分は、汗や蒸気として自然に蒸発し、そのたびに体内や空気中の水分によって補われています。皮脂はこの水分を肌にとどめておく、保湿の役割を果たしているため、皮脂量が減少すると肌の水分が失われやすくなってしまうのです。
乾燥肌になると、肌の水分をうまく維持できなくなるため、肌がもろくなってしまいます。時には剥がれた角質が白い粉のようになって付着したり、かゆみをともなったりすることもあります。

乾燥肌の原因は、皮脂量の減少だけではありません。原因の1つは、アミノ酸や尿素、乳酸、クエン酸などからできている天然保湿因子と呼ばれる物質の減少です。
天然保湿因子は角質の内部に存在しています。また表皮上の脂質である皮脂だけでなく、角質細胞の間を満たしている角質細胞間脂質が減少することも、乾燥肌の原因の1つです。

このように乾燥肌は複合的な要因からもたらされているため、根本的な原因を改善しなければ、いくらスキンケアを工夫しても解決しないことがあります。

ただし肌への接し方を改善する第一歩として、スキンケアのあり方を見直すことは有効です。熱いお湯で洗顔している、タオルで強く顔をこすっている、などの習慣は乾燥肌の原因となるため注意しましょう。
ぬるめのお湯で洗顔し、柔らかいタオルを顔に優しく当てて水分を拭き取ることがポイントです。

また洗顔料や化粧水、乳液などの成分が肌に合わないと、肌が弱って乾燥肌になってしまうこともあります。自身の肌質に応じたケアグッズを選んでいくことも大切です。このようなスキンケアの見直しと同時に、乾燥肌の根本的な原因を解消していきましょう。

加齢や日常生活の習慣も乾燥肌の原因になる?


乾燥肌の原因は皮脂や角質細胞間脂質、天然保湿因子の減少が主なものでしたが、これらには加齢や日常生活の習慣も大きく影響しています。
まず加齢でいうと、人の肌は年齢とともに皮脂や脂質、天然保湿因子といった保護成分の分泌が減ってしまいます。また発汗も減少するために、なおさら肌に脂質が届きづらくなっています。

さらに加齢にともなって成長ホルモンが減少することで、肌の細胞が生まれ変わる速度が落ちていくという、新陳代謝の低下も現れます。このように加齢は、肌の体力の低下を引き起こしているため、年齢に応じて肌のケアを変えていくことが大切なのです。

また乾燥肌には、日常生活の習慣も大きく関わっています。特に気をつけたいのは、睡眠不足。人間は睡眠中に、肌の機能を活性化させ、肌質を整えています。しかし日々の忙しさで睡眠時間が確保できなくなると、お肌の回復時間がとれず、大きなダメージを受けてしまうのです。

睡眠だけでなく、入浴や水分補給に関しても注意したいポイントがあります。入浴にあたっては、なるべくぬるいお湯を使い短時間で済ませ、入浴後はすぐ保湿すること。熱いお湯や過剰な摩擦は、皮脂が失われる原因となるため避けましょう。また体内から乾燥肌を改善するには、水分補給の工夫が有効です。

水分をしっかり吸収するために、温かい飲み物を選ぶようにしましょう。温かい飲み物は身体を暖め血行を良くするため、新陳代謝向上の効果もあります。生姜湯やハーブティーは特に、血行促進の効果があるためおすすめです。このように生活習慣を見直すことで、乾燥肌の解決につながっていきます。

保湿と新陳代謝とホルモンバランスが解決への道


これまで述べてきたように、乾燥肌の原因として、皮脂などの肌の保護成分の減少、新陳代謝の低下がありました。これらの傾向は、30〜40代になると目立つようになりますが、この年代では女性ホルモンバランスの変化も生じます。

女性の排卵量は30代中盤でピークを迎え、その後減少していきますが、この流れにともなって女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量も低下していきます。
このように女性ホルモンのバランスが崩れることで、自律神経が乱れ、肌質の維持に影響してしまうのです。したがって乾燥肌への対処で気をつけたいのは、保湿と新陳代謝に加え、ホルモンバランスの変化に対するケアです。

保湿や新陳代謝は、スキンケアや生活習慣の工夫で改善につながりますが、ホルモンバランスに対しても、日常の過ごし方を工夫してみることがポイントです。

エストロゲンの代わりとなる成分である、イソフラボンが多く含まれた大豆製品を摂ることや、適度な運動やストレス発散、休息時間の確保などが、ホルモンバランスや自律神経の乱れに効果的です。このように乾燥肌対策には、自身の肌質や、原因に応じた対処方法を選ぶことが大切です。

ニキビ治療にはビタミンサプリが効果的!

2016.09.12

美容と健康に効きめ大! 女性にうれしいお灸の効果

2016.06.28

こんなにある納豆の健康効果

2016.04.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!