乾燥肌のかゆみを抑えたいあなたへ!かゆみの原因と日常でできる対策とは?

LINEで送る
Pocket

慢性的な乾燥肌は、ときにかゆみをもたらします。肌のかゆみはストレスですが、掻いてしまうと悪化してしまうため、ぐっと我慢することが大切です。乾燥肌やかゆみのメカニズムと、効果的な対策方法についてご紹介します。

乾燥肌とかゆみのメカニズム

乾燥肌によって肌のかゆみが生じるとき、どのようなメカニズムが働いているのでしょうか。
まず乾燥肌とは、肌のバリア機能が低下することにより、水分が減少して肌が弱くなっている状態を指します。

肌の水分は蒸気や汗として常に蒸発しており、減少した分は空気中や体内の水分によって補われるという仕組みが働いています。肌のバリア機能を果たしている成分は、水分を肌にとどめて保湿をするという役割を果たしているため、これらの成分が減少すると水分が失われやすい肌、すなわち乾燥肌になってしまうのです。

肌のバリア機能を担う成分として主なものは、表皮に分泌される皮脂、角質細胞の間に分泌される角質細胞間脂質、角質細胞内にある天然保湿因子などがあります。
なお天然保湿因子は、アミノ酸や尿素、乳酸などから構成されています。これらの成分が減少したことで乾燥肌となり、弱ってしまった肌は、角質が剥がれやすくなり、白い粉となって落ちたり付着したりします。

この状態で外部から刺激が加わると、痛みやかゆみが生じるのです。外部からの刺激としては、髪や衣服による摩擦が代表的であり、普段なら気にならないような接触でもかゆみを引き起こしてしまいます。

このようなメカニズムが働いているため、保湿をしてもなかなか乾燥肌やかゆみが解消されないという場合、バリア機能を担う成分の分泌量をいかに保つかという、根本的な対策が重要になります。

かゆみが出ても掻かないことが大切!


肌のかゆみは、掻くことで心地よさや安心感を抱いてしまいがちです。しかし乾燥肌で弱った肌を掻くと、肌が傷つき炎症を起こすきっかけとなってしまいます。
一度炎症を起こした肌は、刺激に対していっそう敏感になるほか、乾燥肌自体の改善も遅くなってしまいます。

掻いては炎症が生じ、また掻いてという悪循環を繰り返すと、慢性的な敏感肌や乾燥肌になってしまうため、注意が必要です。かゆみが我慢できなくなった際の応急処置としては、まず塗り薬が効果的です。
かゆみの原因となっているのは、ヒスタミンという成分です。

そのため、抗ヒスタミン剤の入った塗り薬を使用することで、かゆみを一時的に抑えることができるのです。また市販の塗り薬には、抗ヒスタミン剤の他にビタミンや尿素、セラミドなど多様な成分が含まれており、効果も血行促進や炎症の鎮静、保湿など様々であるため、自身の肌の状況に応じて選んでみましょう。
もしどのような薬が効果的か分からない場合は、薬剤師や皮膚科に相談するのもおすすめです。

入浴と食事と刺激対策でかゆみをノックアウト


塗り薬でかゆみを抑えても、効果は一時的です。乾燥肌やかゆみを解決するためには、日常での生活習慣に気を配り、根本から原因を解消していくことが大切だといえます。

ポイントとなるのは入浴と食事、さらに刺激対策です。まず入浴や洗顔の時には、38℃前後のぬるいお湯を使用し、短時間で済ませるようにしましょう。熱いお湯を使ったり、長時間入浴したりすると、肌の維持に必要な皮脂が流れてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。
タオルやスポンジでごしごし強くこすることは避け、柔らかい素材で優しく肌を拭き、拭いた後はすぐに保湿をしましょう。このとき洗顔料や化粧水、乳液などは、低刺激で肌質に合ったものを選ぶこともポイントです。

また体内から乾燥肌を改善するためには、飲み物や食べ物への配慮も欠かせません。冷たい飲み物は避け、温かい飲み物をゆっくり飲むことで、血行促進やリラックス効果が見込めます。

また食べ物では、肌のうるおい維持に効果のある亜鉛、タンパク質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを重点的に摂取しましょう。もしこれらの栄養素をバランス良く取れない場合は、サプリによって補うこともおすすめです。

またかゆみのリスクを軽減するためには、刺激になるものを身につけない大切。たとえば化学繊維やウールなどのちくちくする素材を避け、シルクやコットンなど肌に優しい衣服を着るようにしましょう。また服の裏についたタグを取ったり、柔らかい素材のインナーを選んだりすることも効果的です。

その他に、外出先での乾燥肌への応急処置として、ミストタイプの化粧水を持ち歩くという方法があります。家での保湿は完璧でも、外出先で乾燥してしまった肌を放置すると、かゆみへとつながってしまいます。
ミストタイプの化粧水は、メイクの上から使用できるものも多いため、常にポーチに入れておくことで突然の乾燥肌にも対処することができるでしょう。
このように、日常生活で少しの工夫をすることで、乾燥肌やかゆみは解決できる可能性があります。

ニキビの味方! ビタミンCの効果と摂取法

2016.08.10

天然のビタミンサプリ「ローズヒップティー」で美と健康を作ろう!

2016.07.12

美肌作りに欠かせない!今すぐ摂りたい驚くほど美容に効果的な3つの栄養素

2016.04.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!