毎日の食事を見直して乾燥肌を改善しよう!

3-1
LINEで送る
Pocket

乾燥肌のケアには、保湿クリームや乳液などで外側から肌に潤いを与えるのが一般的です。
しかし外側からのケアだけでは、実は根本的な解決にはならないというのを知っていますか?

肌の保湿を守る成分は水分だけではなく、きちんと保湿するために必要な栄養素もあるので、体の内側からもケアしなければいつまでたっても乾燥肌は改善しないのです。

そこで今回は乾燥肌を根本的に治すために、毎日の食事で気をつけたいポイントについてお話しします。

肌は食べたものから作られている

人の身体は自分たちが食べたものを栄養にして動きますが、それはもちろん肌も同様です。そもそも乾燥肌とは、肌の水分や油分が少なく表面がガサガサした状態のこと。
一見外から潤いを与えれば改善しそうですが、実は肌細胞の生まれ変わりを指す「ターンオーバー」を正常に保つのが大切なポイントなのです。

正常なターンオーバーで保湿成分が常に新しく生まれ変わると肌がしっかり保湿されるようになるのですが、乾燥肌の人はこのターンオーバーが乱れているケースが多いのです。

ターンオーバーを活発にする代表的な栄養には、皮膚の潤いを維持し新陳代謝をうながすビタミンAをはじめ、健康な皮膚の育成を促すビタミンB群、抗酸化作用がありコラーゲンを育成するビタミンC、角質層の水分を保つセラミドが挙げられます。

一方で、乾燥を悪化させる食べ物もあります。まずはコーヒーや紅茶などに多く含まれるカフェインです。
血管を収縮させて体を冷やすため、肌に必要な栄養を届けられなくなるほか、利尿作用があるため肌に必要な体内の潤いを排出してしまいます。

そのほか糖質や脂質の多い食べものを摂ることも乾燥肌にはよくありません。糖分や脂質は体内で分解されるときに、正常な皮脂分泌を促すビタミンB群を消費していまいます。また脂っこい食べものは、食べ過ぎるとコレステロールや中性脂肪を高めて血行を悪化させ、肌に必要な栄養を届きにくくしてしまいます。

肌を作るたんぱく質は良質のものを選ぼう

3-2

先ほどお話しした栄養素のほかにも、乾燥肌対策のために欠かせない成分があります。それは健康な肌や髪、爪を作るのに必要なたんぱく質です。

そもそも肌の水分を維持するのに最も働いているのは、角質層にある細胞間脂質で、水分保持のなんと8割を担っています。細胞間脂質の主成分はセラミドですが、セラミドは肌のターンオーバーで育成されます。
そのためターンオーバーのサイクルが乱れたり長くなったりするとセラミドの量が減り、肌の潤いを保つことができなくなって乾燥を招いてしまいます。

たんぱく質は体の約2割を占め、新しい細胞の栄養素となる働きがあります。そのためたんぱく質を十分に摂らないと新しい細胞が作られないため、肌のターンオーバーがしっかり行われず、セラミドが育成されません。

しかし近年は食事の欧米化や、特に若い女性に見られる過剰なダイエットなどの影響で、日本人のたんぱく質の摂取量が減っています。以前厚生労働省が行った調査によると、日本人の1日1人当たりのたんぱく質摂取量は、1995年は81.5gだったのが、2002年には73.3g、そして2011年は67.6gへと減少しています。(1)

乾燥肌を改善するためにも、主に魚や卵、肉、豆、乳製品といった体内で効率よく合成できる良質なたんぱく質を意識して摂りましょう。たんぱく質は体内に蓄えておくことができないので、1食ごとにしっかり食べることが大切です。

潤いを保つには適度な油分が必要

3-3
乾燥肌には油分を補給することも大切です。油分というとダイエットの敵として敬遠されがちですが、実は油分は肌のターンオーバーに欠かせないものなのです。ただし、油であれば何でもいいというわけではなく、特に次の2つを積極的に摂るようにしましょう。

1つ目は人の細胞の主原料になる必須脂肪酸のひとつ、「オメガ3系脂肪酸」です。オメガ3系脂肪酸は、細胞の回復や再生を正常に行って皮膚や粘膜を強くする働きがあり、イワシやサンマ、アジといった青魚油をはじめ、えごま油や亜麻仁油などに多く含まれています。

必須脂肪酸は体内で合成することができないので、食べ物やサプリメントを活用して摂る必要があります。しかしたんぱく質と同様、食の欧米化により魚を食べる機会が減ったため、オメガ3系脂肪酸の摂取量も近年減少傾向にあるといわれています。

もうひとつが、血液をサラサラにする効果があるとして知られるオレイン酸です。アーモンドやマカダミアナッツ、カシューナッツ、肉類、大豆類のほか、オリーブオイルやヒマワリ油、ベニバナ油などに多く含まれています。オレイン酸は皮脂を構成する脂肪酸の中で最も多い成分なので、不足すると皮脂バランスが崩れて肌荒れの原因になります。

このように、乾燥肌を改善させる食べ物や栄養素は身近にたくさんあります。こうした必要な栄養素を意識して摂って、乾燥知らずの肌に近づきましょう。

(1)引用元:厚生労働省、「平成7年/平成14年国民栄養の現状」、「平成23年国民健康・栄養調査」

乳酸菌が多い食品とは?乳酸菌に秘められた驚くべき美容効果

2016.11.17

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09

知ってた?スプーン1杯で期待できるオリーブオイルの美容効果いろいろ

2016.06.08
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!