おうちで簡単!美肌を作るおいしいレシピ

LINEで送る
Pocket

肌の調子が悪い、化粧ノリが何となく悪いと感じる時は、肌の栄養不足も原因のひとつと考えられます。美肌を作るためにも栄養はとても重要な役割を果たしています。それは私たちの体が普段食べている物から作られているように、肌も食べた物で作られているからです。

美肌を作るためには栄養補給が重要になります。そこで、肌がよろこぶ栄養やおすすめのレシピについて紹介していきます。

美肌を作るにはしっかり栄養補給するのが基本

美肌を作るためにスキンケアを一生懸命がんばることも大切ですが、それだけでは不十分です。美肌を作ってくれる有効成分がたっぷりと使われているスキンケア製品を使っても、体に十分な栄養が届いていないとせっかくのスキンケア成分の効果を十分得にくくなるからです。

もともとお肌には自ら美しくなろうとする力が備わっていて、コラーゲンやエラスチンといった美肌成分は肌の奥にある真皮層にて生成されています。美肌を作るためにはこの真皮層の部分にしっかりと栄養を届けて、美肌成分の生成を促進することです。

ところが多くのスキンケア製品は真皮層まで有効成分を届けるのが難しいのです。たとえ有効成分が届いたとしても真皮層にある美肌成分を作り出す細胞の働きが衰えていると、美肌成分の生成量も低下してしまします。
そこで体の内側からも十分な栄養を与えることで、美肌成分の生成をサポートするのです。

また内臓の働きもお肌に強く影響を与えます。内臓の働きが鈍くなってしまうと老廃物の排泄も行われにくくなるのですが、肌は排泄器官ですから体の中にたまっている毒素や老廃物が吹出物や肌荒れという形で現れやすくなります。内臓の働きを活性化するためにも十分な栄養を内臓に届ける必要があるのです。

美肌になりたいのであれば、美肌作りに役立つスキンケア製品を探すよりも美肌作りに役立つ栄養について学び、それをしっかりと補給できるような料理やレシピを知ることが近道です。

ビタミンたっぷり美肌を作る野菜レシピ


美肌作りのために欠かせない栄養素のひとつがビタミンです。ビタミンと一口にいってもいくつかの種類がありますが、美肌作りのためにはビタミン類をバランスよくとることが重要になります。

ビタミンAは皮膚の粘膜を強くしてくれますし、ビタミンB群は肌の代謝機能を高めて肌のターンオーバーを整える、肌荒れを改善する効果が期待できます。ビタミンCはシミやそばかすのもとになるメラニン色素の働きを抑えるだけでなく、コラーゲンの生成にも欠かせませんし、強い抗酸化作用を持っていますのでアンチエイジング効果も期待できます。別名若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEもまた強い抗酸化作用を持っていて、血流を良くする働きもありますので肌のターンオーバーや栄養補給をサポートするように働いてくれます。

ビタミンをたっぷりとるにはそれらが多く含まれている野菜や果物を使ったレシピをいくつかマスターしておきましょう。秋冬に旬を迎えるかぼちゃにはビタミンA、C、Eが豊富に含まれている優秀な美肌食材です。

かぼちゃを使ったレシピといえば煮着けやサラダがポピュラーですが、シンプルに焼くだけのレシピでも美味しく食べられます。かぼちゃを薄切りにして少量の油を使って焼くだけ、味付けはシンプルに塩コショウを振って完成です。香りづけにビタミンCがたっぷりのパセリのみじん切りを加えるとより美肌作りに効果的なレシピにパワーアップします。これなら時間がない時でもさっと作れますし、作り置きして常備菜にしておくこともできます。

コラーゲンを取って潤いアップのメインレシピ


潤いやハリは美肌要素のひとつになりますが、それを作りだしてくれるのがコラーゲンです。コラーゲンがたっぷりの食材を使ったレシピで、肌を内側からプルプルにしてあげましょう。

コラーゲンを効率よく摂取するためにはコラーゲンが多く含まれている食材を知ることがカギになります。コラーゲンを多く含んでいるのはふかひれ、うなぎ、牛すじ、手羽元、サンマなどの食材が有名です。値段も手ごろで手に入りやすい食材を使ったコラーゲンたっぷりレシピのひとつが手羽元を使った料理です。

手羽元は焼いてしまうよりも煮て調理をしたほうがコラーゲンを余すところなく摂れますので煮込み料理にして食べましょう。手羽元だけを煮込むのもいいですし、大根やニンジン、きのこといった野菜と一緒に煮込むとコラーゲンだけでなくビタミンも一緒にとれてお得です。味付けも砂糖や醤油、酒、みりんで味付けすると美味しいですが、さっぱり味が好みの方はお酢を加えると味もさっぱりしますしお肉も柔らかくなります。

さんまは値段も安く、しかもコラーゲンやその他の栄養豊富な優秀な美肌食材のひとつです。コラーゲンの含有量も多いのですが、皮にコラーゲンが多く含まれていますので皮ごと食べられるレシピが適しています。またさんまには血液サラサラ効果が期待できるDHAやEPAも含まれていますから相乗効果で美肌作りにも役立つでしょう。DHAやEPAはその脂に含まれていますので煮魚で食べればその栄養を余すところなく摂取できます。美肌レシピをマスターして体の内側から美肌を作っていきましょう。

ビタミンC誘導体のパワーで美しい肌を手に入れよう

2016.08.31

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09

朗報!全身プルプルも夢じゃないコラーゲンを摂る効果的な食事方法とは?

2016.05.30
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!