ダイレクトに効く!美肌を実感できる効果的おうちケアとは?

LINEで送る
Pocket

いつまでも若々しい美肌を保つためには、どのような肌ケアがより効果的なのでしょうか。美肌づくりの情報があふれているために、お手入れ方法を迷ってしまうという人も多いことでしょう。いろいろな美肌ケアを行っても、長く続かなければ効果が得られることはないですよね。

ここでは、自宅で継続的に取り組める効果的なケアについてご紹介します。無理なく継続できるケア方法なので、早速今日から取り入れてみてはいかがでしょうか。

美肌の条件って?きれいな肌の決め手はコレ!

そもそも、美肌とはどんな肌を指すのでしょうか。誰もが憧れる、赤ちゃんのようなつるつるすべすべのお肌には4つの条件があります。

まずひとつ目の条件は、色素沈着がないことです。紫外線や加齢によって色素沈着すると、シミやくすみができます。シミやくすみがあると、肌に透明感がなく暗い印象を与えてしまいます。そのため、徹底した紫外線対策が必要といえるでしょう。

2つ目の条件は、きめが細かいことです。赤ちゃんの肌がつるつるしているように、もともとは全員がきめの細かい肌をしています。しかし、肌の新陳代謝が落ちると肌の生まれ変わりがうまくいかず、カサカサとしたきめの粗い肌になってしまうのです。肌のターンオーバーが正常に機能するよう、肌本来の力を引き出すことが重要です。

3つ目の条件は、保水力のある肌です。皮膚内の水分と油分のバランスがとれていて保水力があると、肌には弾力があります。プルンとした肌は健康的で、つや感を感じさせてくれるでしょう。しかし、水分や油分のバランスが崩れると乾燥しやすく、しわやたるみを引き起こす要因になります。

4つ目の条件は、毛穴が汚れていないことです。毛穴の汚れは慢性化すると、毛穴たるみにもつながるので注意しましょう。しかし、汚れを取るために力を入れてこするのはNG。肌トラブルを引き起こすもとになるので、ターンオーバーを整え、潤いを持たせることを意識する必要があります。

その洗顔、まちがってない?潤いを保つ洗い方をチェック


美肌づくりに欠かせないのが、正しい洗顔です。洗顔方法が間違っていると、肌に潤いがなくなり、ひどい時には肌トラブルにつながることもあります。正しい洗顔とは、洗顔料をきちんと泡立てるために、手をきれいに洗うことからスタートします。

その後、洗顔料に水と空気をふくませながらよく泡立てていきます。泡立てが苦手な人は、ネットなどを使うと、簡単にきめの細かい泡を立てられます。十分に泡が立ったら、それを皮脂の多いTゾーンやあごにおき、泡を転がすイメージで優しく洗います。指で直接皮膚を洗うのではなく、あくまで泡を転がし洗っていくことが大切です。

皮膚の薄い目の周りや口の周りは、泡を乗せるだけでも十分に汚れは落ちます。ここで、ゴシゴシと強く皮膚をこすってしまうと摩擦が生じ、肌に負担がかかってしまうので気を付けましょう。一通り洗い終えたら、人肌程度のぬるま湯できれいに泡を洗い流します。

洗顔料が顔に残らないように念入りに洗い流し、タオルで顔をおさえるように拭きます。ポイントは、洗顔後のタオルオフが終わったら、すぐに保湿のお手入れをすることです。どんなに肌に負担をかけないような洗顔を心がけても、洗顔後にお手入れせずに時間がたつと、肌の水分はどんどん奪われていき乾燥してしまうので注意が必要です。

乾燥肌が気になる人は、夜の洗顔のときだけ洗顔料を使うのもよいでしょう。肌に必要な皮脂や潤いまで奪ってしまわないよう、朝はぬるま湯で洗い流すだけでも十分ですよ。

美肌の敵!くすみとしわの予防ケアを始めよう


肌がくすみ、目尻のしわやほうれい線などができると、ぐっと老けた印象を与えてしまいます。そのため、くすみやしわは早いうちから効果的な予防ケアを取り入れたいものです。

くすみは、メラニンや乾燥が原因で起こるものが多いとされています。メラニンくすみは、紫外線により大量に作られたメラニンが排出されず、沈着することで起こります。この場合、ビタミンC誘導体やエラグ酸など、美白成分が含まれた化粧品を使うことがおすすめです。メラニンの生成を抑制し、できてしまったしみやくすみに対しても効果が期待できるとされています。

乾燥くすみは、とにかく保湿のお手入れが重要になります。角質細胞が潤った状態をつくるために、コラーゲンやセラミドなどの保湿効果の高い成分を含んだ化粧品でケアするようにします。美容液やクリームなど合わせて使用することで、より高い保湿効果が得られるでしょう。しわの場合は、肌の土台になるコラーゲン線維やエラスチンが崩れることで引き起こされます。

コラーゲン線維やエラスチンは、真皮の線維芽細胞によって作られますが、紫外線によって傷つけられやすい部分です。そのため、予防ケアには、紫外線対策が必須になります。紫外線A波は、天候に関係なく降りそそぐので、日中は常に日焼け止めを塗るようにします。2~3回は薄く重ね塗りすることで、紫外線ダメージから肌を守ってくれるでしょう。

このように、美肌の大敵ともいえるくすみやしわの予防には、美白効果や保湿効果のある化粧品でのお手入れと、紫外線から肌を守ることが重要といえます。

洗顔だって美白タイム! 効果を高めるアイテム&方法

2016.08.04

洗顔の美容効果は水次第!?水とお肌の関係はとても複雑!

2016.07.19

人気の酵素洗顔!その気になる効果とは?

2016.06.11
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!