大人女子必見!今から間に合う効果的な美肌作りのコツ

LINEで送る
Pocket

年齢を重ねるにつれ、肌の悩みが増える女性は多いようです。10代・20代の頃は、多少ケアを怠っても健康だった肌。年齢肌のサインが出てきたら、昔の肌に戻ることはできないと諦めてはいませんか?

しかし、美肌はいくつになってもつくれる、といわれています。健康で美しい肌を取り戻すのは、今からでも十分間に合います。そこで、日々の生活で気をつけることや、美肌作りのコツをご紹介しますので、参考にしてみてください。ちょっとしたコツで、美肌はつくれますよ。

年々気になってくる肌サイン…美肌は作れるの?

年齢が上がるにつれて気になる肌サインには「シミやシワ」「乾燥がひどくなる」「ハリがなくなる」「透明感がなくなる」などがあります。これらは、歳を重ねた肌だから仕方がない、と諦めてしまう女性が多いようです。一般的に、20代前半をピークに肌は衰えていくといわれています。

しかし、実年齢と肌年齢は必ずしも一緒とは限りません。どれも、日々のケアで改善することができるのです。肌を老化させる原因にはいくつかあります。例えば、20代を過ぎると皮脂腺の分泌が減少するため、乾燥しやすくなります。乾燥がひどくなるのはそのためで、きちんとケアすれば改善できるといわれています。

さらに、紫外線を浴びると活性酸素が増えてコラーゲンが破壊されるため、シワができやすくなります。メラニンの生成も活発になるので、シミもできやすくなります。そして、活性酸素が原因で皮膚が酸化し、肌細胞がダメージを受けます。活性酸素ができる原因は、紫外線のほか、喫煙・乱れた食生活・ストレスなどがあげられます。

ほかにも、年齢を重ねると女性ホルモンの分泌が少なくなり、コラーゲンが減少したり新陳代謝が低下したりします。その結果、皮膚が薄くなってしまい、トラブルを引き起こすのです。

また、体内の糖が脂質やタンパク質と結びつき、老化を早める成分をつくるといわれています。肌を老化させる原因を理解して、きちんとケアすれば肌の老化を防ぐことができるでしょう。

アラフォー肌には潤いが不可欠!ケア方法を見直そう


肌の老化の原因に「乾燥」をあげましたが、乾燥を放っておくと肌の老化を進めます。さらに、慢性的な乾燥肌になり肌トラブルが増えるので、潤いを守り高めましょう。

まずは、ぬるま湯での洗顔です。顔の皮脂は30℃位で溶け出すので、高温のお湯だと皮脂が過剰に流れ出てしまします。洗顔料を使いすぎないことも必要です。洗顔料を使いすぎると、皮脂や皮膚の水分の蒸発を防ぐ、細胞間脂質を過剰に洗い流してしまいます。肌には自浄作用があり、ほこりや汗はぬるま湯でも十分落ちるので、朝は洗顔料を使わなくても大丈夫です。

それから、洗顔後はすぐに保湿することを心がけましょう。洗顔後に肌から水分が蒸発するのと一緒に、角質層の水分まで奪われてしまいます。そこで、3分以内の保湿が理想といわれています。潤いを高めるケアは、まずクレンジングを良いものにすることが必要です。アルコールや鉱物油は肌への刺激になりやすいので、できればこれらが入っていないものを選びましょう。

ファンデーションをしない日を作ることも大切です。ファンデーションは肌に刺激を与え、クレンジングも必要なので、特に乾燥しやすくなります。肌に刺激を与えない日も、時には必要なのです。

そして、週に数回程度、シートパックをする日を作りましょう。スペシャルケアとして、美容液がたっぷり入ったパックで潤いを補給してあげてください。ただし、長時間のパックは角質層がふやけて皮膚がもろくなるうえ、パックが乾燥し肌の水分を奪うので気をつけましょう。

また、毎日行うと、肌はその状況に慣れてしまうといわれます。そのため、本来持っているバリア機能や保湿機能を低下させる恐れがあるので、週に2〜3回で十分です。

生活習慣が与えるダメージから肌を守ろう


生活習慣に気をつけることも、美肌作りには欠かせません。ちょっとした心がけが美肌をつくります。例えば、シャワーだけでなく湯船に浸かりましょう。忙しさのあまり、お風呂はシャワーだけで済ませる方が多いようですが、きちんと湯船に浸かることで自律神経のバランスを整えられます。

さらに、血行が促進され新陳代謝が活発になり、古い角質が落ちやすくなります。また、たっぷりの睡眠も、美肌づくりには欠かせません。睡眠中には、肌の生成を促進する「成長ホルモン」が分泌されます。睡眠をしっかりとることで肌のターンオーバーがきちんと行われ、健康な肌をつくれるといわれています。

季節を問わず、紫外線を浴びないように気をつけることも必要です。紫外線は、肌の活性酸素を増やし、酸化させて肌の老化を進めます。冬でも紫外線は降り注いでいるので、外に出る時は季節を問わずにしっかり日焼け止めを塗りましょう。

さらに、食生活にも気を配りたいものです。美白効果を期待できるビタミンC、肌の代謝を高めるビタミンA、活性酸素を除去する抗酸化作用が強いビタミンEなどを、積極的に摂取すると良いでしょう。ビタミンCはパプリカやいちご、ブロッコリーなどに多く含まれます。ビタミンAが多いのはうなぎ、かぼちゃ、にんじんなどです。ビタミンEはアボカドやアーモンドに多く、女性ホルモンの分泌を高める効果もあります。

気になる肌サインの対策は、肌へのケアはもちろん、日々の生活や体のなかからのケアも大切です。毎日のバランスの良い食事が難しい場合は、サプリメントを上手にとり入れてみるのもおすすめです。

ヨーグルトパックで美肌を目指す!気になるその効果とは

2016.11.10

美容効果てきめん!手作りパックで美肌になろう

2016.06.27

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!