石鹸一つでOK!シンプルケアで美肌を手に入れよう

LINEで送る
Pocket

顔の汚れを落とすには、洗顔フォームやクレンジングなどさまざまな方法があります。しかし、美しい肌を目指すのであれば、石鹸による洗顔がおすすめです。

世の中には、多種多様の洗顔料が発売されているのに、なぜ石鹸なのかと疑問に思う方もいるでしょう。そこで、その理由と石鹸を用いた正しい洗顔方法について、ご紹介します。

なぜ石鹸?美肌を作るスキンケアに向いてる理由とは

洗顔の目的は、顔についた汚れや皮脂を洗い落とすことにあります。しかし、皮脂をすべて落としてしまったのでは、肌トラブルの元です。一般的に、皮脂はニキビなどの原因として嫌われていますが、その一方で、外界の刺激から肌を守るバリアの役割を果たしているのです。

もし、皮脂がなければ、肌は無防備になり異物や細菌が皮膚のなかに侵入しやすくなるうえに、角質からは急速に水分が失われていきます。したがって、一定量の皮脂は肌の健康と美容を守るために、なくてはならない存在なのです。

ところが、洗顔フォームには合成界面活性剤が含まれており、それを用いて顔を洗うと、高い洗浄力によって皮脂を軒並みはぎ取ってしまいます。皮脂の多いオイリー肌なら、洗浄力が高い方が良いのでは?と思うかもしれませんが、その場合でも、皮脂を根こそぎ奪ってしまっては肌には良い影響を与えません。

しかも、合成界面活性剤は水で洗ってもなかなか落ちず、しばらく付着して肌に刺激を与え続けるのです。一方、洗顔石鹸は洗浄力がそれほど強くないので、ほどよく脂質を残してくれますし、界面活性剤が肌に付着してもすぐに力を失ってしまいます。

また、洗顔フォームには着色料や香料、防腐剤などが含まれており、美容に必要のない成分まで肌の奥に入り込んでしまいます。しかし、洗顔石鹸は余計な化学物質を用いず、天然成分で作られているので安心です。

実は多種多様!石鹸の種類いくつ知ってる?


石鹸とは、添加物を用いずに動植物から洗浄成分を抽出したものを指します。しかし、同じ石鹸でも成分や製法によって多くの種類があります。例えば、純石鹸です。純石鹸は不純物がほとんどなく、油脂と水酸化ナトリウムだけで作られたものです。添加物が含まれてないので、安心して使用することができます。

それに対して、化粧石鹸という種類があります。これは、純石鹸に数%のグリセリンやビタミンEなどの天然成分、あるいは香料や酸化防止剤などの、合成化学物質を配合したものです。香りが良くて長持ちするのがメリットですが、添加物が含まれているため洗顔用には使用しない方が良いでしょう。

さらに、純石鹸に天然美容成分を加えたものもあります。天然美容成分とは、米ぬかなどの美容効果のある天然成分のことで、これを配合したものを一般的に洗顔石鹸と呼びます。また、同じ洗顔石鹸でも成分の違いがあり、牛脂やパーム油などを配合したものは洗顔力が高いことが特徴です。

一方、米ぬか油やオリーブオイルを配合したものは洗浄力が弱い反面、肌にうるおいを与える性質があるため、乾燥肌の人に向いています。ほかにも、固形石鹸と液体石鹸という形状の違いもあります。固形石鹸の原料が脂肪酸ナトリウムなのに対して、液体石鹸は脂肪酸カリウムが原料です。液体石鹸は水に混ぜて溶かす必要がないので扱いやすい反面、やや刺激が強くて洗浄力が弱いという欠点があります。

最後に、弱アルカリ性石鹸と弱酸性石鹸の違いです。一般的によく使用されるのが弱アルカリ性石鹸ですが、それに対して弱酸性石鹸は低刺激で、アレルギーや敏感肌の人でも安心して使えるという特徴があります。しかし、洗浄力が弱すぎて古い角質などを落とせないという欠点があります。

このように、石鹸にもいろいろな種類がありますが、大切なのはひとつひとつ試し、自分の肌にあったものを選ぶということです。

石鹸を使って正しい洗顔法をマスターしよう


石鹸で洗うのが肌に良いといっても、洗い方によってその効果は大きく異なります。美肌を目指そうと思えば、正しい洗い方を実践する必要があります。まず、石鹸を使う前に、お湯だけで数回しっかりと顔を洗ってください。そうすれば、大きな汚れが落ち、石鹸で洗った時に摩擦で肌が傷つくのを防げます。

ちなみに、冷水で洗うと毛穴が引き締まって良いといいますが、毛穴の汚れをしっかり洗う前に冷水を使うと、汚れも一緒に閉じ込めてしまうので意味がありません。冷水で毛穴を引き締めたい場合には、最後の仕上げに行うようにしましょう。

また、逆に熱い湯で洗うと肌に必要な油分まで落としてしまいます。洗顔のお湯は38度程度のぬるま湯で行うのがベストです。それから、石鹸をよく泡立てることも大切です。泡立っていない石鹸で肌をこすっても、汚れは落とせません。そこで、濡らした石鹸を手にのせて軽く泡立てます。そして、少し水を加え、さらに指の腹で混ぜていくとうまく泡が立っていくでしょう。

泡がテニスボールくらいになれば、それを鼻筋、額、頬、顎と顔全体にのせていき、指の腹を使ってやさしく洗ってください。すすぎは洗い残しがないように、ぬるま湯で念入りに行います。特に、小鼻の横などに泡が残らないようにしてください。洗い終わったら、タオルで軽く押さえながら拭いていきます。肌が傷んでしまうので、決してゴシゴシと強くこすってはいけません。

そして、きれいに拭き終わった後はすぐに化粧水や美溶液でケアする必要があります、洗顔後の水分は、約20分で蒸発してしまいます。せっかく保水状態にあるのですから、素早くケアをすることが大切です。石鹸を使った正しい洗顔の仕方をマスターし、理想の肌をつくり上げていきましょう。

角栓を撃退して鼻の黒ずみを改善しよう!

2016.09.27

洗顔だって美白タイム! 効果を高めるアイテム&方法

2016.08.04

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!