乾燥肌と思ったらアトピーだった?乾燥肌とアトピーの違いが知りたい!

LINEで送る
Pocket

乾燥肌になると皮膚の表面がカサカサしてきてかゆみを伴います。これが悪化してくると炎症を起こしたり、赤みを伴ったりします。これとよく似た症状にアトピー性皮膚炎という疾患がありますが、乾燥肌とアトピーってどこが違うのでしょうか。

乾燥肌の症状が重症化したものがアトピーだと思っている方も多いようですが、このふたつには大きな違いがあります。

アトピーはどんな状態?

アトピー性皮膚炎とは、乾燥とともに激しいかゆみや炎症を伴う病状のことをいいます。ある特定の部位だけではなく、体中に症状が現れるのが特徴で、関節の内側や首回りなどがひどくなりやすい場所です。外観的としては赤身のあるジュクジュクとした湿疹が特徴的で、その部分をかきむしってしまうと浸出液などが出てきて皮膚が盛り上がったり、硬化してしまったりすることがあります。

アトピーのなかには一時的なものと慢性的なものがあり、6カ月以上アトピーの症状が続く場合には慢性と判断されます。慢性の場合であっても、一定の症状が続くわけではなく、良くなったり悪くなったりを繰り返すのもアトピーの特徴です。皮膚は外からの異物の侵入や乾燥を守るために、皮膚膜やその下にある角質細胞、角質細胞間脂質などがバリア機能を発揮しています。

このバリア機能が何らかの原因で弱まり、異物が中に侵入してしまうと皮膚表面では炎症が起こります。炎症自体は体の異変を知らせたり、異物を外に出そうとしたりする正常な反応ですが、アトピーの場合にはこの炎症反応が過剰になってしまい本来攻撃しなくてもいい正常な細胞までを攻撃してしまうのです。アトピー性皮膚炎が起こる原因については解明されていない部分も多いですが、遺伝などの先天的なものと食生活などの後天的な要因があると考えられています。

乾燥肌とはどう違うの?


乾燥肌の場合もアトピー性皮膚炎同様に皮膚膜や角質細胞、角質細胞間脂質などのバリア機能が低下してしまうことが主な原因です。特に角質細胞間脂質などは天然の保湿効果を持っており、これらが破壊されることで皮膚は正常な水分量を保てなくってしまいます。この点においてはアトピー性皮膚炎と違いはありませんが、もっとも大きく違うのがアレルギー素因を持っているかどうかというところです。

皮膚にアトピー特有の症状が確認され、アレルギー検査などでアトピーのアレルギー素因を持っている場合にアトピー性皮膚炎と診断されます。つまり、乾燥肌がずっと続き、皮膚の表面がカサカサで炎症を起こしていたとしても、アレルギー素因がない場合にはアトピーではないということですね。実際に乾燥肌が慢性化して見た目ではアトピーとほとんど変わらないような症状になっている場合でも、病院でアレルギーの検査をするとアレルギー素因は何も検出されなかったという事例も多くあります。

このように乾燥肌が慢性化して重症化してしまっている場合には自己判断をするのは難しいですが、アトピーよりも乾燥肌の方が症状としては軽く、体中に広がりにくいのが一般的です。そのため、体の特定の場所だけ乾燥したりかゆみがあったりする場合にはアトピーではない可能性が高いといえます。ただし、自己判断による思い込みは症状を悪化させる場合があります。数カ月症状が治まらない場合や重症化しているケースの場合には早めに皮膚科に相談することも視野に入れましょう。

正しいケアの方法とは


乾燥肌を今以上に悪化するのを防ぎ、改善に向かわせるためには正しいスキンケアの方法を知ることが大切です。まず、乾燥肌の原因が今までの自分の間違ったスキンケアになかったか確認していきましょう。体や顔を洗うときにごしごしと力を入れて洗っていたり、熱いお湯などで洗っていたりする場合には要注意です。力を入れて洗ってしまうと皮膚表面の細胞が壊れてしまい、乾燥肌を招く原因に。

顔を洗うときには泡で包み込むように、体を洗うときにはボディタオルなどでこすりすぎないようにするのが大切です。また、シャワーの温度が高すぎる場合には、その熱で皮膚の表面にある必要な皮脂までもが破壊されてしまいます。破壊されると皮膚表面にある水分を保つことが難しくなるため、入浴時のシャワーの温度は38度~40度の範囲にしておきましょう。

次に乾燥肌を改善させるための正しいスキンケア方法です。入浴後や洗顔後、顔や体が濡れている状態で長い間放置するのは避け、なるべく早い段階でスキンケアを行うようにします。このときに使用する化粧水などは自分の肌に合ったもので構いませんが、大切なのは肌の上で水分の蒸発をさせないことです。手に化粧水を付け、それを顔や体に塗っただけではすぐに化粧水は蒸発していってしまいます。

このような蒸発を防ぐためにはコットンなどに化粧水をしみこませ、それを肌の上に置いた後、上からラップなどで包み込むと効果的です。コットンを使わなくても顔の保湿であればシートマスクなどを活用して、その上からラップをまいても同様の効果が得られます。乾燥肌を放置しておくと肌荒れや炎症の原因になります。気付いた段階でなるべく早い対処をしたいですね。

乾燥肌はアトピーの大敵!正しい保湿成分の選び方と食事療法について

2016.12.04

アトピーを治療したい!効果が期待できる方法とは

2016.11.15

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!