すぐ実践できる!乾燥肌に効くおすすめケア3つ

LINEで送る
Pocket

乾燥肌は、もともと肌にある「細胞間脂質」という脂質の量が減ることが原因です。乾燥により肌がごわついたり、小じわの原因になったりします。細胞間脂質は体内の水分が過剰に蒸発するのを防ぎ、外部刺激から守ってくれます。

しかし間違ったスキンケアや生活習慣は、細胞間脂質を減らし乾燥を進ませてしまうのです。そこで乾燥肌で悩む方におすすめの対策をまとめてみました。日々のお手入れできちんとケアし、健康でうるおいを保ったしっとり肌を目指しましょう。

押すだけ簡単!乾燥に効くツボを知ろう

乾燥肌の対策は、保湿剤や食生活だけではありません。実は乾燥肌に効くといわれるツボがあるのです。ツボを刺激するとリンパや気の流れがスムーズになり、血液や老廃物が円滑に流れやすくなることが期待できます。
その結果、皮膚の温度が上がり保湿機能がアップし、顔色も良くなるといわれています。いくつか紹介するので、寝る前やリラックスしているときに押してみてください。

・瞳子りょう(どうしりょう)

目じりの1cmほど外側にあるツボです。触ってみるとくぼみがあるので、わかりやすいのではないでしょうか。肌の乾燥のほか、肌荒れや目の周りのたるみ、目の疲れにも効果が期待できます。人差し指のはらで軽く刺激しましょう。

・地倉(ちそう)

口角のすぐ外側にあるツボです。気の巡りをよくして乾燥のほかに、くすみ対策やむくみ解消を期待できます。心地よいと感じる強さで、両方同時にゆっくりと押しましょう。

・尺沢(しゃくたく)

肘を曲げたときにできるシワの上の、真ん中よりすこし親指よりにあります。尺沢は体内の水分循環を良くして全身をしっとりさせる効果があります。咳が止まらないときにも良いといわれているので、覚えておくと便利です。親指のはらで押したり揉んだりしましょう。

・血海(けっかい)

ひざの皿の内側から、指3本分ほど上にいったところにあります。全身の血流を良くして、肌にうるおいを与えます。乾燥肌以外にも、肌の赤みやかゆみにも効果があります。親指のはらで軽く押し込むように、ゆっくり刺激しましょう。

マッサージで血行促進!ターンオーバーを正常にしよう


ターンオーバーとは、肌の新陳代謝のことをいいます。このターンオーバーが乱れると、肌が乾燥するだけでなく肌のトラブルがおきやすくなります。そこで、マッサージをして血行を促進して肌を温め、ターンオーバーの手助けをしてあげましょう。

正しいマッサージをすると乾燥肌だけでなく、むくみやくすみも解消できます。マッサージをするときは、必ずクリームをつけて滑りを良くしてください。何もつけずに行うと、刺激で肌のバリア機能を壊してしまうだけでなくシワの原因にもなります。

さらに入浴後など毛穴が開いているときにするのがおすすめです。マッサージの前にわきの下を揉み、リンパ節を刺激してリンパの流れがスムーズになるようにします。さらに鎖骨の上下を軽くこすると効果がアップします。

顔は額からはじめます、額はらせんを描くようにマッサージします。次に目の周りを目頭の上からやさしくなでましょう。力を入れずに行うのがポイントです。

鼻は上下にこすります。頬は下側から上側に向かってマッサージします。まずはあごから耳の下までやさしくなでます。次に口から耳の真ん中あたりまで、そして小鼻からこめかみへ向かってこすります。

最後に首を下から上に向かってマッサージします。これらをトータル3分ほどで行うようにしましょう。長くやりすぎると、肌へ負担がかかってしまうからです。マッサージを続けることにより、ターンオーバーが促されて乾燥肌が改善されるので継続的に行うことが必要です。

化粧水のミルフィーユ保湿が乾燥肌に効く


乾燥肌の方におすすめな保湿方法が化粧水と乳液の「ミルフィーユ塗り」です。手持ちの化粧水で簡単にできるので試してみてください。洗顔が終わったら最初に乳液を塗ります。

次に「化粧水・乳液・粧水・乳液」という順番で塗っていくのです。スイーツでも人気の高いミルフィーユのように、重ねていくということです。化粧水の前に乳液でいいの?と驚く方もいるかもしれません。実は油分のある乳液を先に塗ることにより、乳液がブースターの役目をしてくれるのです。

最初に油分を与えると肌が柔らかくなり、化粧水が浸透しやすくなります。このとき一気に塗っていくのではなく、乳液を塗ったら手のひらで浸透させてから化粧水を重ねます。同じく手のひらで化粧水を浸透させたら、また乳液を塗るという作業を繰り返します。

すこし時間はかかりますが、高級な化粧水でなくても効果を実感できるので気軽に試せます。朝は忙しくて時間がないという場合は、夜のスキンケアだけでも実行してみましょう。

それから化粧水をつけるときに、叩き込むようにしてつける方がいますが、強い刺激は肌のバリア機能を壊す恐れがあるので気をつけましょう。

また、洗顔後はできるだけ早く保湿をはじめることも必要です。なぜなら肌の上に残っている水分が蒸発するのと一緒に、皮膚の中にある水分まで蒸発していってしまうからです。

ツボ押しやマッサージ、ミルフィーユ塗りは覚えておくと、簡単にできる乾燥肌対策です。毎日続けて乾燥肌の改善を目指しましょう。

気になる美肌治療!その種類と効果を徹底調査!

2017.01.05

乾燥肌に悩んでいる方へ!入浴剤で悩みとサヨナラしよう

2016.12.28

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!