コーヒーは花粉症に効く!でも飲み方によっては悪化の懸念も

LINEで送る
Pocket

コーヒーが花粉症の症状を抑えることに効果があるのを知っていますか。コーヒーにはカフェインやポリフェノールがたくさん含まれています。こうした成分には、抗酸化作用や抗炎症作用など、花粉症の症状を抑える作用があります。

そのため、コーヒーを飲むと花粉症に良いといわれるのですが、間違ったコーヒーの飲み方をしてしまうと、むしろ花粉症の症状を悪化させてしまうこともあります。ここでは、花粉症の症状を抑えるための、正しいコーヒーの飲み方をご紹介します。

コーヒーのカフェインはアレルギー抑制効果あり!

コーヒーが花粉症に良いとされる理由としては、コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールなどの豊富な成分にあるといえます。たとえば、コーヒーを眠気覚ましに利用する人がいます。これは、コーヒーに含まれるカフェインに自律神経を刺激する作用があるためです。

刺激物であるカフェインを摂取することで、身体を起こすことができるということです。刺激物と聞くとあまり良くないイメージを抱くかもしれませんが、実はカフェインには刺激物としての作用だけでなく、過剰になった免疫システムを抑制したり、炎症を鎮静させたりする働きなどもあるといわれているのです。

このようなカフェインの働きには、アレルギーを抑える役割をも期待することができます。花粉症というのは一種のアレルギー反応ですから、この反応を緩和できれば花粉症の症状を抑えることもできるかもしれないということです。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールにも抗酸化作用など花粉症に効く作用があると考えられています。コーヒーの香り成分にもリラックス効果があるとされ、アロマとして利用されることも珍しくありませんが、花粉症の抑制にアロマが利用されているのは良く知られていることです。

このように、コーヒーには花粉症に効くさまざまな効果があるとされ、正しく摂取することで花粉症の症状を抑える役割も期待することができるのです。

花粉症悪化の原因はフレッシュのトランス脂肪酸


コーヒーに加えて味を調えるフレッシュには、トランス脂肪酸がたくさん含まれているといわれています。脂肪酸というのは、人間にとって不可欠な栄養素です。細胞の膜の原料となる脂肪酸は、人体の機能を正常に保つためにはなくてはならない存在です。

しかし、脂肪酸には自然に生成されるものと、人工的に生まれてしまうものという種類の違いがあります。前者をシス型といい、後者をトランス型といいます。自然に生成されるシス型脂肪酸は確かに人間にとって不可欠です。

しかし、人工的に生まれたトランス型脂肪酸は、人体に悪影響を及ぼす恐れがあるとされています。シス型とトランス型の脂肪酸が同時に取り込まれることで、細胞の膜にすき間ができてしまうことがあります。このすき間から有害な物質が入り込むと、免疫力の低下などを招いてしまいかねません。

アレルギーに対する抵抗力も衰え、花粉症などのアレルギー症状が悪化してしまうことがあるのです。フレッシュは生クリームなどと思われがちですが、実は人工的に作られたトランス脂肪酸の塊です。そのため、フレッシュを加えたコーヒーは、花粉症に効くどころかむしろ花粉症を悪化させてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

砂糖も免疫力を低下させる心配が

コーヒーに砂糖を入れて飲む人も多いのではないでしょうか。確かに、砂糖を入れることで味は整いますが、花粉症にとって砂糖は良い物質ではありません。実は砂糖は花粉症を悪化させてしまう食品のひとつだとされています。

砂糖をたくさん摂取すると、まず腸内環境が乱れがちになります。腸内には砂糖を好物にしている微生物がたくさんおり、この微生物が砂糖を食べて繁殖することで、腸内環境のバランスが乱れてしまいます。

そのため、腸壁が傷つけられ、腸のバリア機能が衰えます。こうした腸内環境の乱れは免疫力の低下を招き、結果として花粉症のアレルギーにも弱くなってしまうのです。

さらに、砂糖を過剰に食べることは血糖値を上昇させることにもなります。血糖値が上がると、すい臓でインシュリンという物質が分泌され、血糖値を正常な数値に戻そうとします。

しかし、過剰に糖分を摂取してしまうと、インシュリンが分泌され過ぎて、低血糖の状態に陥ってしまいます。そうすると、今度は腎臓で血糖値を上げるホルモンが分泌され、こうしたやり取りが続くとすい臓や腎臓を疲れさせてしまい、身体の免疫力を落としてしまうことがあるのです。

コーヒーを飲むときは、砂糖を多く入れがちですが、花粉症の人はなるべく砂糖を入れすぎないように気をつけてください。

コーヒーを飲むならブラックがおすすめ


フレッシュや砂糖など、コーヒーに加える食品には花粉症を悪化させる作用があります。こうした食品を加えてコーヒーを飲んでしまうと、せっかく花粉症に効果が期待できるにもかかわらず、むしろ症状を悪化させてしまうこともあるので気をつけたいところです。

コーヒーはやはりブラックで飲むのがおすすめです。ブラックで飲むことで、余計な物質を身体に入れなくて済むため、コーヒーが持っている花粉症の抑制効果を最大限に引き出すこともできるようになるはずです。ブラックのコーヒーを飲むなら、できればホットにして飲んでみるのも良いでしょう。

アイスコーヒーなど冷えた飲料は身体を冷やしてしまいます。身体の冷えは免疫力の低下を呼び、花粉症にとっては良くない傾向を招きます。ですから、花粉症対策のためにコーヒーを飲むなら、ホットのブラックコーヒーがおすすめです。

しかし、ホットのブラックコーヒーも飲み過ぎは良くないので、毎日適量を飲み続けるということを心がけてください。コーヒーは正しく飲めば身体に良い効果をもたらしてくれる飲み物です。コーヒーを飲んで、ぜひ花粉症を撃退しましょう。

花粉症を治すにはどうしたらよい?食べ物で症状を和らげる

2016.11.01

コーヒーに隠された美容効果まとめ

2016.09.29

チョコレートに美容効果アリ!適量をおいしく食べてキレイをつくる!

2016.06.13
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!