突っ張って辛い顔の乾燥!即効性のあるケアと乾燥肌にNGな習慣

LINEで送る
Pocket

洗顔後、肌が突っ張ったような感じになってしまうことはありませんか。顔の突っ張りは、肌から急激に水分が蒸発しつつある証拠です。早く対処をしないと、乾燥肌や敏感肌の原因にもなってしまいます。

保湿ケアは美肌づくりの基本。シミやシワといった将来の肌トラブルの予防にもつながります。乾燥肌対策にぴったりのスキンケア化粧品を使った保湿、さらに日々の生活習慣を見直して、うるおったぷるぷる肌をゲットしましょう。

セラミドを補充してしっかり保湿!

肌にはうるおいをキープするための天然の保湿成分が含まれています。その1つがセラミドです。セラミドは肌の角質層に存在している細胞間脂質の一種で、肌の内部に水分を蓄える働きがあります。さらに細胞間脂質には細胞と細胞のすき間を埋め、外部の刺激から肌を守る役目もあります。

細胞間脂質は、他の保湿成分(皮脂や天然保湿因子)とともに、肌から水分が蒸発するのを防ぎつつ、さらに化学物質やウイルスなどによる攻撃から肌を守る「肌のバリア機能」を担っている物質です。

肌が乾燥しやすくなっているということは、肌からセラミドなどの保湿成分が失われ、肌のバリア機能が低下していることを意味します。したがって顔の突っ張りを効果的にケアするためには、減ってしまったセラミドを補充することが大切になります。

顔の突っ張りに悩んでいる人は、スキンケア化粧品をセラミド入りのものに変えてみましょう。特にセラミドのなかでも、保湿力が高く、かつ刺激の少ない、ヒト型セラミドが含まれているものがおすすめです。

セラミドは高価な物質なので、きちんと量が配合された化粧品はそれなりに値段が高くなります。セラミド化粧品を購入するときは、値段の高い製品を選ぶようにしましょう。

また、米やこんにゃくといったセラミドを多く含む食品を摂取し、体の中からセラミドを補給するのも乾燥肌対策には有効だといわれています。セラミドを含むサプリメントなどでたりない分を補完するという方法もおすすめです。

加湿器を正しく使ってぷるぷる肌に


肌の乾燥を招く原因の1つに、空気の乾燥があります。空気が乾燥していると、肌から水分が蒸発しやすくなります。湿度が低い冬場はもちろん、エアコンをよく使う夏場も要注意です。いくら化粧品でしっかり保湿をしていても、肌が乾燥しやすい環境にいたらその効果が半減してしまいます。

加湿器で部屋の湿度をコントロールし、肌のうるおいを守りましょう。室内で暖房器具やエアコンをつけるときは、同時に加湿器もオン。部屋の湿度を40%~60%の間に保つようにしましょう。

肌だけでなく、喉の健康も守ることができますよ。ただ肌にとてもよい働きをしてくれる加湿器ですが、使う際にはいくつか注意点があります。1つは置く場所です。カビの発生を防ぐために、エアコンの吹き出し口やカーテンのそばに置くのは避けましょう。

また換気扇や窓、ドアの近くに置いてしまうと、加湿した空気が部屋をうまく循環してくれません。加湿器を置くときはなるべく部屋の中央、さらに床に湿気がたまるのを防止するために机やローテーブルの上に設置するようにしましょう。

2つ目は、加湿器の水の管理です。加湿器の水は毎回新しいものに入れ替え、さらにタンクやキャップはまめに洗うようにしましょう。タンクの水を放置しておくと雑菌が繁殖してしまいます。雑菌の繁殖を防ぐためには、ミネラルウォーターや精製水ではなく、微量の塩素を含む水道水を使うことも大切です。

熱湯や摩擦…お風呂や洗顔は乾燥の大敵がたくさん!


入浴や洗顔のやり方にも注意が必要です。間違った入浴法や洗顔方法は、肌のバリア機能を破壊し、肌の乾燥をどんどん進めてしまいます。毎日行うものだけに、これらに注意するだけでもだいぶ肌へのダメージを減らすことができますよ。

まず注意しなければならないのは、洗顔や入浴に使うお湯の温度です。熱いお湯を好む人もいるかもしれませんが、肌の健康を考えたらNGです。お湯の温度が高くなると、肌内部のセラミドなどが流失しやすくなってしまいます。

洗顔をするときは30~34度程度のぬるま湯を使うようにしましょう。お風呂の温度も38~40度のぬるめに調整したうえ、10~15分で湯船から上がるようにするのがおすすめです。

また洗顔にともなう摩擦にも注意が必要です。洗顔やクレンジングのときにごしごしと指で肌をこすってしまうと、摩擦によって肌バリアが壊れてしまいます。洗顔をするときは、洗顔料をしっかり泡立て、その泡を優しくすべらせるようにして洗いましょう。

クレンジングをするときは、十分な量のクレンジング剤を使い、指が直接肌に触れないように、そっとクレンジング剤をなじませていきます。アイメイクなどの落ちにくいメイクを落とすときには、ポイントリムーバーを使うことも重要です。

さらに、洗顔料の洗浄成分や摩擦による刺激などを最小限に抑えるために、顔を洗いすぎないこともポイントです。洗顔の回数は1日2回程度に抑えるようにしましょう。

乾燥肌や敏感肌におすすめ!悩み肌を改善する「水洗顔」って?

2016.12.28

シミに勝つ本気のお手入れで美白美人をめざそう

2016.08.18

具体的にどういいの?乳酸菌のカラダとお肌の関係

2016.06.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!