ぷるぷる美肌が手に入る!とっておきのメニュー

LINEで送る
Pocket

ツルッと美しい肌のために、毎日念入りにスキンケアを行っている女性は多いのではないでしょうか。新しい化粧品を試したりエステに通ったり、人によってその方法はさまざま。

しかし、肌を良いコンディションに保つには、外からのメンテナンスだけでなく身体の中からのアプローチも重要です。私たちの身体は口から摂取したものでできており、肌もまた例外ではありません。

そこで今回は、美肌のために食べたい、とっておきのメニューをご紹介します。

腸の中からキレイに!フルーツと野菜のジュース

「肌に良い食材」というと、色とりどりのフルーツや野菜を思い浮かべる人は少なくないでしょう。フルーツなどには、美肌に効果があると考えられるビタミンやミネラルが豊富に含まれることが多いからかもしれません。

例えば、緑黄色野菜には「美容のビタミン」とも呼ばれる、ビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2は、身体の中の脂質を適切に代謝する作用があるといわれており、足りなくなると肌が脂っぽくなってしまうことがあります。

すると、ニキビができたり小鼻周りが目立つようになったり、どんどん美肌から遠のいてしまいます。ビタミンB2は身体の中でも作られますが、水に溶けやすい性質があるため、体内に貯めておくことができません。

そのため、食材から積極的に摂取する必要があるといえます。また、同じく肌の健康をサポートしてくれる効果のあるビタミンCと一緒に摂取すると、プラスアルファの効果が期待できるかもしれません。

ビタミンCには、肌のハリや弾力に欠かせないといわれるコラーゲンの合成を促進する働きがあり、肌に良いといわれています。ビタミンB2は、レタスなどの緑の葉野菜、ビタミンCはレモンなどの柑橘類やアセロラなどに多く含まれますが、これらを同時にたくさん摂取するにはジュースにするのがおすすめです。

<小松菜とオレンジのジュース>
・小松菜(1束)
・オレンジ(1個)
・バナナ(1本)
・りんご(2分1個)
・豆乳、水(お好みで)

フルーツと野菜はよく洗い、ミキサーにかけやすいように一口大に切ります。ミキサーにかけるときには固いものから順にいれていき、豆乳や水は最後に加えます。なめらかになるまで1分~2分、ミキサーで攪拌して完成です。

ヘルシー!ビタミンたっぷりサラダ


ジュースにするのではなくサラダにして生のまま食べるのもおすすめです。野菜やフルーツに多く含まれるビタミンには水溶性と脂溶性があり、水溶性の場合には調理の過程で栄養が損失してしまうことがあるといわれています。

特に、美肌に効果があるといわれるビタミンCとビタミンB群は水溶性ビタミンなので、生のまま食べることが推奨されます。

<キャベツのチョップドサラダ>
チョップドサラダとは、食材を食べやすいように一口大(=チョップド)にしたサラダのことで、海外で流行して日本でも話題になるようになりました。いろいろな野菜をミックスすれば、一度でいろいろな栄養を摂ることができるでしょう。

今回は、ビタミンCを豊富に含むキャベツをメインにしたレシピをご紹介します。
・キャベツ(大きい葉2枚)
・ミニトマト(2個)
・きゅうり(2分の1本)
・レタス(1枚)
・カッテージチーズ(25g)
・塩、粗引き黒コショウ(少々)
・オリーブオイル(大さじ2分の1)
・レモン汁(小さじ1)

食材は洗い、よく水気を切っておきます。すべて一口大に切っていきますが、大きさをそろえると見た目もきれいに仕上がるでしょう。ボウルに野菜をすべて入れてカッテージチーズ、調味料を加えよく混ぜます。全体に味が馴染んだら完成です。

パクチーなどの香菜を入れたり、バジルで香り付けしたり、お好みでテイストを変えることもできます。「チョップドサラダ」は、使う食材に決まりはないので、自分の食べたい野菜をどんどん加えましょう。

自家製ドレッシングを作ればカロリーコントロールもしやすく、ヘルシーなサラダが食べられるのではないでしょうか。

良質なたんぱく質!豆腐を使ったメニュー


また、三大栄養素のひとつであるたんぱく質も、美肌作りに欠かせない栄養素のひとつです。たんぱく質というと、筋肉を作るのに必要な栄養素とイメージする人は多いでしょうが、たんぱく質の働きはそれだけではありません。

エネルギー源となったり疲労回復に役立ったり、人間が生命活動を維持するうえで非常に重要な役割を果たしています。そして何より、身体を構成する成分のうち、水分に次いで多いのがたんぱく質なのです。

当然、肌を作るのもたんぱく質の働きによります。そのため、たんぱく質が足りないと肌の再生がうまくいかなくなり、ダメージが蓄積したり老化が進んだりしてしまうことがあります。

加えて、たんぱく質の中にはコラーゲンも含まれますので、たんぱく質が不足すると肌に悪い影響が出てしまうのは、必然といえるのではないでしょうか。

たんぱく質を豊富に含む食材は肉や魚、卵などが有名ですが、なかでも女性におすすめなのは豆腐です。豆腐には、女性ホルモンとよく似た働きをするといわれているイソフラボンも多く含まれるので、美容や健康に大いに役立ってくれるでしょう。

<豆腐チーズ>
・豆腐(1丁)
・とろけるチーズ(1枚)

まず、クッキングペーパーやふきんなどを使って、豆腐の水気を十分に切ります。電子レンジ対応の皿の上にクッキンペーパーを敷いてその上に豆腐を置き、とろけるチーズを重ねます。そのまま電子レンジに入れて30秒~1分(600Wの場合)温めれば完成です。

このように、普段の食事の中でも美肌へのアプローチは可能です。スキンケアに精を出すと共に、肌に優しい食材を積極的にメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

しかし、毎日忙しく過ごすイマドキ女子の場合、なかなか食事のことまで頭が回らないこともあるかもしれません。現代ではビタミンサプリや美容サプリも豊富ですから、そういったアイテムの力を借りるのもひとつの手段といえるかもしれません。

不味いのは嫌!自宅で作れる美味しい酵素ドリンクレシピ3選

2017.02.24

ファスティングに最適!おすすめ野菜ジュースの作り方

2017.01.31

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!