汗の臭い対策できてる?今すぐできるニオイ対策!

LINEで送る
Pocket

汗は、人の体温を調整するうえで大切な役割を果たしています。夏の暑い時期に汗をかくと、身体の表面が冷やされ、体温が上がらないよう調整します。しかし汗をかくと、そのニオイが気になる方も多いでしょう。

汗をなくしてしまうということはできませんが、汗に関する正しい知識を持ってニオイ対策を行えば、身体にとって必要な汗と上手く付き合っていくことができます。
ここでは、今すぐにでもできる汗のニオイ対策についてご紹介します。

汗の臭いを防ぐ正しい拭き方をマスターしよう

汗の主な役割は、体温を調整することです。汗腺から出た水分を空気中に気化させ、熱を蒸発させます。汗は、エクリソン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺から出る、2種類の汗があります。どちらも出たときは無臭ですが、汗を放っておくと雑菌が繁殖します。

汗の臭いはこれが原因なので、臭いを防ぐためには汗をそのままにせず、すぐに拭き取ることです。
汗対策の基本は、こまめに汗を拭き取ることです。雑菌が繁殖して臭いが出るまでの時間の目安は1~2時間程度ですので、1~2時間ごとにタオルで汗を拭き取ると、臭いの防止になります。

拭き取りのポイントは、濡れたタオルを使うこと。乾いたタオルを使って皮膚の汗をすべて拭き取ってしまうと、肌がそれに対応して余計に汗が噴き出してしまいます。拭けば拭くほど汗が出るという、悪循環に陥ってしまうのです。タオルは一度濡らした後、固く絞って使用すると良いでしょう。濡れタオルだと、適度な水分が肌に残るのでベタベタ感も解消されます。

また、冷房が効いている部屋では、汗が引くのでそのままにしてしまいがちですが、雑菌などが残ったままになり、臭いの原因になります。たとえ涼しいところに入ったとしても、肌に残った汗は濡れタオルなどでしっかりとふきとりましょう。

さらに、夏に着用する衣服の素材については、最近は吸水性と速乾性の両方に優れたものが流通しているので、汗が気になる方はなるべくこのような服を選びましょう。そして、汗が蒸発しやすいように、ゆったりとした風通しの良い服がおすすめです。

従来からあるポリエステル素材は水分が留まりやすく、脇汗などが溜まってしまうことがあります。綿は、吸水性は高いが速乾性が劣るなど、メリット・デメリットがあります。

自分に合う制汗剤を選んで活用しよう


制汗剤の作用とは、薬剤が汗腺の出口を塞いだり、収れん作用により毛細血管を収縮させたりすることで汗を抑えるものです。また、除菌成分を配合しており、臭いの原因となる雑菌の除去、消臭効果が期待できます。止汗剤やデオドラント剤と呼ばれることもあります。
ドラックストアなどにはたくさんの種類の制汗剤がありますが、自分に合った制汗剤を選びましょう。

制汗剤を選ぶポイントは、自分の体臭の強さに合ったものを選ぶこと。
ワキガ体質の方なら、しっかりと薬剤を塗ることのできるロールオンやクリームタイプがおすすめです。ワキガの臭いはほかの香りと混じり合うと、余計に臭いが気になるので、無香料を選びましょう。

体臭が軽度から中程度の方ならば、スプレータイプが良いでしょう。使用する際には、よく汗を拭き取って、肌を乾燥させた状態で使うと効果的です。汗が残った状態で使うと、薬剤が流れてしまいます。

体臭があまり強くない方は、シートタイプで軽くふく程度で良いでしょう。それだけだと心もとないという方は、パウダータイプを少量使うのがおすすめです。だた、体臭がほとんどない方や少ない方が制汗剤を使いすぎると、逆に臭いの原因になることがあるので注意が必要です。
制汗剤全体にいえる注意点は、必要以上に塗らないこと。塗りすぎると減菌状態になり、本当は肌に必要な善玉菌まで死んでしまい、かえって臭いが強くなってしまうというケースがあります。

また、全身に制汗剤をつけることも止めておいた方がいいでしょう。制汗剤は汗腺を塞いで汗を抑えるので、身体に負担がかかってしまいます。特に臭いが気になる部分だけに使うようにしましょう。

汗腺を鍛えてサラサラの汗にすれば臭い対策に!


冷房の効いた部屋で過ごす生活スタイルの方は、汗腺の機能が低下し、汗が出にくい体質になっている可能性があります。弱った汗腺から出る汗は成分が濃く、ドロドロとしており、臭いやすくなっています。また、ストレスが溜まった状態での汗も、緊張によって成分が濃くなってしまいます。

汗腺を鍛えるためには、汗をかくことです。高負荷の激しい運動ではなく、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動、ヨガなどを生活に取り入れると汗腺が鍛えられ、ドロドロの汗からサラサラの汗へと体質を変えることができます。サラサラの汗は、すぐに体外に出ていく、すぐに蒸発する、臭いが少ない、汗をかくとすっきりするなど、さまざまなメリットがあります。これらの運動やヨガは、継続することが大切です。また、運動の習慣はストレスへの対策にもなり、体臭防止への効果が期待できます。

汗腺を鍛えるためにはほかにも、お風呂の時間を使って高温浴と微温浴を組み合わせたトレーニング、エアコンをできるだけ使わないようにするトレーニング、大豆食品など発汗調節機能がある食事などの方法もあります。

以上、汗の臭い対策についてまとめましたが、タオルを使って汗を拭く方法も制汗剤を使う方法も手軽にできて効果が期待できますが、自分に合った正しい方法で行うことが大切です。また、これらの方法以外にも、汗の臭いや体臭防止への効果が期待できる酵素サプリ、美容サプリもありますので、試してみるのも良いでしょう。

乾燥肌は治せる!?効果的な対策法をチェック

2016.11.21

私ってクサイ?体臭を予防するために必要なこととは

2016.11.02

”汗ばむ運動”は美容に嬉しい効果?

2016.05.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!