汗の臭いがきつくなるのは理由は?汗が臭くなる生活習慣セルフチェック

LINEで送る
Pocket

暖かくなって汗ばむようになると、汗の臭いが気になるという人も多いのではないでしょうか。なかには季節に関係なく、体臭が気になってしまう人もいます。実は、汗そのものはほとんど無臭だということをご存じでしょうか?臭いは、汗に皮脂と雑菌が混ざることが原因です。

臭いがきつくなってしまう原因は、あなたの生活習慣かもしれません。生活習慣を変えると、皮脂や雑菌の繁殖の原因になるものを抑えることができるようになるからです。早速、生活習慣をチェックしてみましょう。

まずはセルフチェック!こんな生活習慣が汗の臭いの原因に

まず、汗には二種類あります。エクリン腺から分泌する体温調整のための汗と、アポクリン腺から分泌する緊張や興奮状態のときに出る汗です。夏場など、体温が高くなるときに出る汗は、エクリン腺から分泌される体温調整のための汗です。本来エクリン腺から分泌される汗は99%が水分なので、さらっとしていて蒸発しやすく、臭いの原因になることは少ないものです。

しかし、ベタベタした汗の場合は、汗が蒸発しにくくなり雑菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。ベタベタした汗になってしまう理由のひとつには、運動不足が挙げられます。慢性的に運動不足の人は、体から熱が発生しにくいので汗腺が衰えています。運動不足の人は新陳代謝が悪く、普段から筋肉を使うことに慣れていないので、たまに汗をかくような運動をすると、疲労物質の乳酸が大量に作られてしまうのです。

また、ストレスや疲れを感じたときの汗は、健康なときの汗とは異なる成分に変化します。ストレスや疲れがたまると、肝機能が弱まるので血液中のアンモニアが増えます。解毒されずに血液中にたまったアンモニア成分が、汗と一緒に排出されてしまうのです。運動不足の人が疲労やストレスがたまっている状態だと、運動をしても乳酸がアンモニアと結びついて臭いが強くなります。

乳酸が分解されるときにできる物質も、独特の臭いを強くするものです。さらに、ストレスは活性酸素を作り出す元になります。体内に活性酸素が増えると、コレステロールや中性脂肪が酸化した過酸化脂質に変化します。これも臭いを発生させる原因になるのです。

汗はアルカリ性に傾くと臭いがきつくなる


健康な人の皮膚表面は弱酸性です。健康なときの汗も弱酸性です。弱酸性をうたっている化粧水があるくらいなので、人の皮膚には弱酸性が良いということは分かるでしょう。しかし、激しい運動をしたときやストレスなどで緊張状態にあるとき、運動不足の人の汗はアルカリ性に傾いています。アルカリ性になってしまうのは、重炭酸イオンが混ざっているからです。

エクリン腺が対応できないくらい大量に汗をかくと、重炭酸イオンが増えてしまうのです。弱酸性の汗には雑菌の繁殖を抑える作用がありますが、アルカリ性だと雑菌が繁殖しやすい環境が整ってしまいます。尿やタバコはアンモニア臭がします。アンモニアはアルカリ性なので、アルカリ性のものには臭いの強いものが多いことが分かりますね。

アンモニアや乳酸、ミネラル物質が含まれた汗は悪い汗と呼ばれています。悪い汗をかく人は、大粒でダラダラ流れる汗をかきます。大量に汗をかくと、蒸発しにくいので臭いの元になるだけでなく、慢性疲労や熱中症の原因になります。汗が臭うと、運動をするのがはばかられて、さらに汗をかきづらく代謝の悪い体になるという、悪循環に陥っていくのです。

こうした悪循環を断ち切るにはどうしたら良いのでしょうか。それは、汗腺を鍛えることです。汗腺を鍛える方法のひとつには、熱めのお風呂(42℃くらい)に半身浴するものがあります。15分ほどお風呂に浸かって、じっと汗をかくのです。入浴後は、熱いからといって涼しい部屋に行ったり扇風機にあたったりせずに、自然に汗がひくのを待ちましょう。

適度に運動をして汗をサラサラにしよう


汗腺トレーニングに最も効果的な方法は、適度な運動です。筋肉に大きな負荷をかける筋肉トレーニングのような無酸素運動よりは、ウォーキングや軽いジョギング、水泳、縄跳び、サイクリングなどの有酸素運動がおすすめです。定期的に有酸素運動をすると、代謝が高まるので老廃物が体にたまりにくくなりますし、ストレス軽減にもなります。

汗の臭いが気になっているという人は、有酸素運動を生活のなかに取り入れるようにしてみると、体の中にたまっている老廃物が一度排出されます。次第に汗がサラサラになり、健康的な汗をかけるようになります。健康な汗はアルカリ性物質が少ないので、雑菌の繁殖も少なくなります。

やってはいけないことは、かいた汗をそのままにすることです。汗をそのままにしておくと酸化して、臭いの原因になってしまうからです。スポーツジムなどで、すぐに汗を流せる環境にあるときは、簡単に汗を流してから帰りましょう。汗を流せない場合も、タオルで拭くなどして放置することのないようにします。

運動を中心とした汗腺トレーニングに加えて、和食や野菜を多く摂り、皮脂の分泌を抑えましょう。肝機能を低下させるお酒やタバコ、刺激の強いものも控えるようにします。体を温める食べ物や飲み物も効果的です。生活習慣を見直すと、汗の臭いがなくなるだけでなく、生活習慣病の予防にもつながります。

デオドラント製品も上手に使いこなして、臭いフリーで快適な毎日を送りましょう。

汗の臭い対策できてる?今すぐできるニオイ対策!

2017.04.11

私ってクサイ?体臭を予防するために必要なこととは

2016.11.02

”汗ばむ運動”は美容に嬉しい効果?

2016.05.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!