汗はアトピーに大切?意外と知らない汗との関係

LINEで送る
Pocket

アトピー性皮膚炎は、体温が高くなったり汗でぬれたりするとかゆみが発生する人もいます。また、汗によってせっかく塗った薬や保湿剤が流れてしまうので、意識的に汗をかかないよう心がけている人も少なくありません。

しかし、汗に含まれる成分にはアトピーや皮膚に良い作用を働く成分も含まれています。汗の機能を把握することで、汗がアトピー性皮膚炎にも必要なものだとわかるはずです。それでは、汗にはどのような機能を持っているのでしょうか。

正常に汗がかけない!?アトピー性皮膚炎の特長とは

正常な皮膚の表面には油分や保湿成分によって十分な水分を保湿しており、肌を守っています。そのバリア機能によって、外部からの細菌やさまざまな物質の侵入を防ぐ効果があります。気温や環境によって汗を分泌させ、肌を保水して健康を保っているのです。

アトピー性皮膚炎は食べ物や環境の影響により、皮膚炎が発生します。皮膚の異常により、皮膚が乾燥しやすい状態になります。これをドライスキンといいます。皮膚が乾いた状態では、外部からの刺激に弱くなります。アレルギーの原因となる物質にも反応しやすくなり、少しの刺激でかゆみが発生してしまうのです。

かゆみを生じれば、さらに炎症部をかいてしまい悪化してしまいます。刺激を受けやすい肌状態になっているので、汗にも反応しやすくなります。そのため、肌に汗が付くとかゆみが発生してしまうアトピーの方もいるのです。

汗によりかゆくなる原因として、汗にふくまれる老廃物やそれをエサとして繁殖する細菌による影響が考えられています。また、汗をかくときは体温が上がっていることが多く、体の熱の影響によってかゆみが増幅されているのも作用しています。

いろいろな因子が考えられるため、アトピー性皮膚炎の人の中には汗を敬遠する人も少なくありません。また、汗をかいてもすぐにお風呂で洗うことや拭き取ることに注意を払っている方も多くいるでしょう。しかし、アトピー性皮膚炎の方の炎症部分は正常な皮膚機能を持っていないので汗をかきにくい状態になっています。原因として、自律神経系の異常なども考えられています。

汗が肌を健康に保つ機能とアトピーでかゆみを誘発する理由とは

実際にアトピーになっている人からすると、全ての人が汗をかくことに良いイメージを持っているわけではありません。汗の機能を把握できれば、汗がアトピーにも悪いものではないことがわかるはずです。

正常な肌での汗の機能は、肌の表面のph(ペーハー)値を弱酸性に保ってくれる効果や皮膚の保水・保湿の機能があります。肌の表面の環境が整うことで、常在菌も良い菌が繁殖し、皮膚が健康な状態を保てるようになるのです。また、汗が蒸発することで体温が高くなることを防ぎ、体温調整を行ってくれます。汗は皮膚にとって重要な機能をもっており、汗をかくことは健康な肌を保つのに必須なことであることがわかるでしょう。

アトピーの方の場合、正常な肌で分泌される成分と違った汗をかきます。例えば、お風呂や運動後にかく汗は99%が水分です。しかし、アトピーの方がかきやすい汗はベタベタした汗をかき、肌への刺激の原因と考えられているミネラル分を多く含んだり、肌状態をアルカリ性にしたりと肌にとって悪い環境を作り出します。

肌の表面がアルカリ性になると、表皮にいる常在菌が悪さをしてかゆみを誘発することがあるのです。これがかゆみを引き起こす原因です。もし汗をかく場合は、スポーツなどでかくさらさらの汗をかくのが理想的です。健康な肌環境を保つためには、薬やクリームも悪くありせんが、汗をいっぱいかくことも大切であることを覚えておきましょう。同時に汗の対策をしっかりと行えばかゆみ対策を立てることもできます。

汗によって引き起こるかゆみを軽減する方法

実は、いつでも健康的な汗をかけるわけではありません。環境によっては、肌に良くない汗をかくことも多々あります。また、健康的な汗をかいているときも体温が高くかゆみを誘発する場合や、汗の管理をおこなっていないせいで後々かゆくなるケースもあります。

汗をかくことは良いことですが、同時に汗の対処方法を覚えておく必要があります。汗の対処方法として、理想的なのは水で洗い流すことです。お湯ではなく、水である理由として、お湯では肌の油分を必要以上に流してしまう可能性があるからです。

肌の油分を必要以上に流してしまうと、保湿成分がなくなってしまい乾燥肌の状態が続いてしまいます。また、ベタベタ汗やさらさらした汗をかいたときはぬれたタオルで拭くことで発汗を抑制することができます。乾いたタオルで拭いてしまうと、表皮上に水分がなくなってしまい身体が肌を潤わせるために発汗するのです。ぬれたタオルで拭き取ることで、余計なミネラル分を拭き取ることもできるので、かゆみを軽減することが期待できます。クリームや処方されている塗り薬を使い保湿するときは、汗をかきにくい環境を整えてからで良いでしょう。塗るときは、肌をキレイな状態に保ってから塗るようにしましょう。

汗はアトピーにとって決して悪いわけではありません。汗の対処法や役割を理解し、上手に付き合っていくことで健全な皮膚に近づけることが期待できるのです。あまり汗を敬遠せず、率先して汗をかいていきましょう。

アトピーにハーブティーが効果的!ただし飲用に注意が必要なものも

2017.04.16

アトピーで悩む人を助ける乳酸菌の働きを紹介

2016.11.09

乳酸菌がアトピーに効果的?鍵は腸内にあり

2016.10.21
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!