喘息の原因は食べ物の可能性も?喘息予防のための食事対策

LINEで送る
Pocket

肺の中の気道が狭くなることで痰などの分泌物の過剰分泌、咳が止まらなくなる、息がしづらくなるなどの症状が起こる喘息。喘息が起きる原因は、ほこりやちり、ダニやカビなどのアレルゲンが原因のアレルギー反応、過労やストレス、運動、風邪や感染症などが原因として挙げられます。そして食べ物による食物アレルギーも原因のひとつとして考えられています。

ではなぜ食べ物が喘息の原因となるのか、食べ物と喘息の関係について紹介します。

アレルギー体質の方は要注意!喘息と食事の関係

喘息は、気道が炎症を起こしているのが原因です。慢性的に喘息の症状が出ている方は、症状が出ていない場合でも気道は炎症を起こしている状態です。ですから、気道が通常よりも敏感な状態となっているので、ちょっとした刺激が気道に影響を与え喘息を誘発させることになります。そして、普段摂取する食べ物がきっかけで、体にアレルギー反応が起きる食物アレルギーも、喘息の原因となります。

食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を摂取したことにより体が刺激を受け、皮膚、粘膜、消化器、呼吸器などが正常に機能しなくなってしまう症状が起こることを言います。喘息にかかりやすい方は外部からの刺激に弱いアレルギー体質の方が多いですが、食物アレルギーが喘息を起こすきっかけになることもあるのです。

食物アレルギーの症状は、主に皮膚にあらわれるアトピー性皮膚炎が代表的な症状で、主に乳児〜子供がかかりやすい症状と言われています。そして、アレルギーを引き起こす特定の食べ物は、炎症を起こして敏感になっている気道にとっても刺激物です。食べ物を摂取したことにより気道にも影響を与え、喘息の症状が出ることもあります。

また、アレルギー体質でない方も食べ物の影響で喘息が起こる場合もあります。食べ過ぎは横隔膜の機能がにぶくなり、それにより呼吸運動がにぶくなるという影響が出ます。そして、冷たい飲み物や食べ物、辛い食べ物も気道を刺激する原因になります。
このように食べ物も喘息を引き起こす原因になるのです。

喘息予防に効果ありの食べ物とは?

喘息の原因は気道に起こっている炎症ですが、その炎症を治療するための栄養素をとることが喘息予防の対策になります。炎症を治すための栄養素はビタミンC、Eです。ですから、その栄養素がたっぷりと含まれた食べ物をとることが重要です。

特におすすめのビタミンを多く含んでいる野菜が、根野菜である大根、れんこんです。大根はビタミンC、Eがたっぷりと含まれており、消化作用の促進、抗菌効果もあり炎症を和らげる力があります。れんこんはビタミンCが豊富で、アレルギー症状の原因である体内の抗体を抑える作用があります。大根とれんこんをおろした汁を混ぜたものは、炎症を和らげ喉にも優しいので咳や痰をおさえる効果があります。

そして緑黄色野菜のクレソンは抗菌作用のある食べ物です。イソチオシアン酸アリルなどクレソンに含まれている栄誉素は抗菌作用があり、炎症の抑制、または気管支の筋肉を軟らかくする作用により気道を広げ、喘息の症状である呼吸困難を妨げる効果があります。ミネラル、食物繊維も豊富で免疫細胞の過剰活動を防止しアレルギーを防ぐ働きをします。

しょうが、黒豆は喘息により咳が止まらなくなった場合、咳止めをする作用があると言われています。しょうがには摂取することによって体温を上げ発汗を促進させ、それにより咳を鎮める効果があります。黒豆はリノール酸やレシチン、ウレアーゼやサポニンなどの栄養素が血管を正常にして血行を良好にする、解毒作用、咳や痰を抑制するなどの働きをします。

喘息を促進させる恐れが!喘息に天敵の食べ物

喘息防止として摂取してはいけない食べ物は3種類あります。「食物アレルギーの症状が出る食べ物」「喘息を引き起こす食べ物」「気道を刺激する食べ物」の3種類です。食物アレルギーの症状が出るとそれがきっかけで喘息の症状を引き起こす可能性があります。

食物アレルギーを引き起こす原因となる食べ物はグレープフルーツ、キウイ、マンゴー、りんご、バナナ、パパイヤなどの果物です。体にもよく喉にも優しいと思われるこの果物類も、摂取する方によってはアレルギー反応を見せることがあります。ですから、これらの果物の摂取は控えるようにしましょう。また、卵、牛乳、甲殻類、そば、魚、小麦などもアレルギーを引き起こす代表的な食べ物です。これらの食べ物を摂取して少しでも体に異変があったら摂取することは止める必要があります。

アレルギー体質の方でなくても、摂取するのをやめておく必要のある食べ物があります。あくの強い野菜と言われるたけのこ、山芋、里芋、ナス、ほうれん草は、コリン、ヒスタミンといった栄養素が多く含まれています。これらの栄養素は気管支粘膜を刺激し、気道を収縮させる働きをして喘息を誘発させる恐れがあるのです。

また、気道を刺激する食べ物、飲み物も摂取するのを控えることが大事です。冷たいもの、辛いもの、コーラなどの炭酸類、熱いものは炎症によって敏感になっている気道を刺激させることになるので、摂取は止めるように気をつけましょう。
このように慢性的に喘息の症状が出る方は、普段の食事にも注意することが大切です。

喘息に良いといわれる飲み物は何?良くない飲み物は

2017.05.16

アトピーにハーブティーが効果的!ただし飲用に注意が必要なものも

2017.04.16

乳酸菌がアトピーに効果的?鍵は腸内にあり

2016.10.21
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!