つらい喘息、飲み物である程度予防できる?

LINEで送る
Pocket

喘息は子どもだけでなく、大人になってから突然発症してしまうことがあります。さらに、一度喘息になってしまうと季節の変わり目や、喘息の原因となっている環境にいるだけで繰り返し発症しやすくなる傾向にあります。喘息には様々な原因があり、その原因を特定することが大切。また、辛い発作をできるだけ起こさないようにするためには、自分なりの予防方法を見つけることが大切です。毎日の生活の中で身近な飲み物に気をつけることである程度予防ができるようです。

喘息の原因をつきとめよう

喘息の原因は家の中にたくさんあります。例えば室内のダニやほこり、カビ、ペットを飼っている場合は犬や猫などが原因で喘息を発症します。室外であれば、スギやヒノキ、ブタクサなどに代表される花粉などが喘息の原因になることがあります。また、特定の食べ物に対してアレルギー反応を起こしてしまい、その結果喘息になることもあります。小児喘息に多いといわれる食べ物アレルギーはエビ、卵、牛乳、そばなどが原因です。

これらは全てアレルゲンと呼ばれており、喘息の原因物質といわれています。しかし、全ての方が同じアレルゲンに反応するわけではなく、人によってアレルゲンは異なります。さらに、何かにアレルギーがなくても喘息になってしまうことがあります。そのため、喘息を発症していても原因物質を完全に特定することができないために治療や予防に支障をきたしてしまう可能性があるのです。

考えられる原因としては、タバコの煙や排気ガス、インフルエンザ、ストレスや気温の変化に対応できないことで喘息が起きてしまうことがあるようです。しかし、毎回発作が起こったと思えば、体調によって発作が起こらないということがあるのはアレルギー以外が原因で引き起こされる喘息の特徴です。

このように喘息は完全には解明されていない部分もあり、また、アレルギーが原因のものとそうでないものがあります。そのため治療や予防方法は人により異なるといえそうです。原因がある程度分かってきたら、身近な飲み物などで症状を和らげてみましょう。

飲み物で喘息を緩和しよう


一旦、喘息の発作がでてしまうと、呼吸が苦しかったり、つらい咳に悩まされるために体力を奪われてしまいます。また、何もやる気が起きないので仕事や家事がはかどらなくて困るということもあるでしょう。日常生活に支障をきたしかねない喘息は、適切な医師の治療を受けることが大切です。

しかし、自分でできることもあるので、少しでも予防できる方法があれば試してみたくなりませんか。手軽にできる方法のひとつに、普段飲んでいる飲み物を工夫してみることです。喘息の症状を和らげる効果が期待できる食材を使って、飲み物に入れてみてはいかがでしょうか。

例えば大根、ショウガなどは馴染みがある食材といえます。ショウガや大根はすりおろして日本茶に入れて飲むなどの方法があります。甘い飲み物が苦手な方にとっては試しやすいでしょう。一方で、甘い飲み物が好きという方は、ハチミツとショウガをお茶などに入れてみるとよいのではないでしょうか。

大根やショウガには咳を鎮める作用があるといわれていますし、ショウガは体を温めてくれるのでアレルギーの炎症を鎮めてくれる作用も期待できるでしょう。その他にもコーヒーが喘息によい飲み物といわれています。意外に思うかもしれませんが、コーヒーに含まれているカフェインの成分は気管支を拡張してくれますので、呼吸がしやすくなるようです。

コーヒーを日頃からよく飲むという方は喘息予防にもうれしい効果が期待できます。飲み物で少しでも予防するという意識をもち、継続することで日常生活が楽になる可能性があります。

喘息を悪化させる可能性がある飲み物は?

喘息の発作を緩和させる可能性がある飲み物もありますが、一方で、気道を刺激してしまうことにより喘息を誘発してしまう可能性のある飲み物もあります。アレルゲンが原因である場合と、それ以外が原因の喘息の場合とでは、飲み物との相性もかわってくることがありますので、心配な方は医師と相談してみることも大切です。

一般的に喘息の方にとって、できれば避けたほうがよい飲み物は亜硫酸塩など保存料によく使われる食品添加物を含んだ飲み物です。ワイン、ビールにこのような保存料が使われていると、アルコールがアレルゲンとなっている方にとっては特に喘息を悪化させてしまう可能性が考えられます。

また、炭酸飲料や清涼飲料水、一部の栄養ドリンクなどにも着色料など多くの食品添加物が含まれていますので少し注意が必要です。さらに、飲み物は温かいよりも冷たいほうが喘息を悪化させる可能性があるといわれていますので、冷たい牛乳を飲むなら温めてから飲んだほうが安心といえるでしょう。

さらに、イチゴ、オレンジ、パイナップル、メロン、グレープフルーツなどお馴染みのフルーツも喘息の原因によっては気をつける必要があります。そのため、これらのフルーツが含まれた冷たいジュースは人によっては喘息の発作がでやすいようです。喘息はアレルゲンが特定できれば治療や予防策を講じやすいのですが、アレルギー性でない喘息もあり、原因を完全に特定することが難しいこともあります。日頃の生活で飲み物に気をつけながら適切に医師の治療を継続しましょう。

成人喘息のメカニズムとコーヒーとの意外な関係

2017.05.21

つらい喘息…症状の悪化・改善には食事が関係していた!

2017.05.02

牛乳が喘息に悪影響と言われるのは何故?

2017.04.18
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!