なぜ必要?断食がアトピー改善に効果がある理由とは

LINEで送る
Pocket

免疫力の低下を主な原因とするアトピーは、なかなか改善しづらく、毎日の生活の中で悩んでいるという人が少なくありません。皮膚が炎症を起こし、湿疹などが出るとかゆくなったり、酷いと夜眠れなかったりする人もいるようです。特に薄着の季節は、暑くても湿疹を隠すために長袖を着用せざるを得なかったりします。

そんなアトピーを改善させるために、断食が効果的なことを知っていますか。今回は、断食がアトピー改善に効果がある理由をご紹介します。辛い症状を緩和させるためにも、ぜひチェックしてみてください。

もしかして食べ過ぎ?毒素がたまるとアトピーの原因になりやすい

毎日、食物を摂取する人間ですが、栄養素を採り入れると同時に、老廃物が体内にたまりがちになります。老廃物とは、体にとって必要のない不純物で、垢や皮脂、腸内ガスなどとともに、消化できない食べ物も含まれます。その老廃物の大きな原因になりやすいのが食べ物なのですが、なぜ消化できなくなるのでしょうか。

その理由に、疲れやストレス、病気などで胃腸の働きが弱ってしまったことがあげられます。しかし、もっとも陥りやすいのが食べ過ぎです。体が必要とする分だけ食べているのであれば、そこまで極端に老廃物がたまりやすいことはありません。ところが、ついつい食べ過ぎてしまうと消化しきれなくなってしまい、老廃物もたまりやすくなります。この老廃物は毒素とも呼ばれています。

では、アトピーの症状との関係性はどういうものなのでしょうか。実は、アトピーとは体の中にたまっている毒素を、皮膚を使って体外に出そうとすることから起こります。つまり、アトピーの肌の炎症は健康を保つために体が起こす症状なのです。このため、毒素を体外に出すことと、毒素をためない食生活を心がけることで、アトピー症状を改善することができるといわれています。

断食は、老廃物である宿便の排泄を促してくれます。加えて、断食を行うことで自分の体を治そうする自然治癒力が高められるので、自律神経が整えられます。その結果、アトピーをはじめとしたアレルギー反応も少なくなるのです。

どんな方法なら辛くない?実践しやすい断食の方法

断食がアトピー改善に効果的ということですが、実際に取り組むとなると難しそうですね。具体的にアトピー改善のために取り組みやすい断食とは、どんな方法なのでしょうか。

おすすめの断食は、1つ目が「丸1日断食する短期断食を1週間に1回行う」、2つ目が「3日間断食する中期断食を2〜3ヶ月に1回行う」になります。短期断食と中期断食であれば、週末休みなどを利用して取り組めることが、実践しやすい大きな理由です。最初の内は短期断食を挑戦してみて、慣れてきたら中期断食をしてみるといいでしょう。もちろん、自分の体調を確認しながら、不調を感じたらすぐに中止するようにしてください。

実際の断食期間は、「水しか飲まない」「水以外に1日1回ヨーグルトを食べる」「ジュースクレンズなどデトックスジュースを飲む」など、基本的に食事は一切とりません。水しか飲まない方法は初心者には辛すぎるし、体調を崩してしまう可能性も高いので、ヨーグルトやデトックスジュースなどを摂取する方法で挑戦してみましょう。

また、実施する際には、準備期間を設定することもたいせつです。目安として、断食日数と同日数を準備期間にするといいでしょう。準備期間中は正しい生活習慣を送り、和食をベースにした食事を食べ過ぎないように腹7分目を心がけるようにしてください。夜遅い食事は、自律神経を乱し、胃腸の調子が悪くなるので、夜8時以降に食事しないようにすることもポイントです。

断食後は、復食期間を断食日数と同日数設け、白米のお粥やうどんなど、消化がよい食事を摂るようにしてください。

腸を休めることが大事!体内トラブルとサヨナラしよう

アトピーは免疫力の低下が主な原因といわれています。実はこの免疫細胞は、約6〜8割が腸に宿るのです。人間の体は、口から胃と腸へと続くトンネルのような構造が大きな特徴です。口から入るのは、食べ物はもちろん、細菌やウイルスなど病原体も含まれます。食べ物であれば、必要な栄養素を取り込み、いらないものは消化を促し、体外への排出作業を行います。

病原体が侵入しようとした場合は、腸にいる免疫細胞がそれ以上の侵入を食い止める働きを担当します。つまり、免疫細胞全体の約6〜8割が腸内に常に待機し、侵入しようとする外敵と戦っているので、腸の免疫細胞を活性化することが免疫力を高めることにつながるのです。

ところが、暴食をしてしまうと胃や腸が傷つき弱っていきます。その結果、免疫力も弱まり、アトピーが発生してしまいます。また、アトピーだけでなく、風邪をひきやすくなるなど、あらゆる症状が出やすくなるのです。

こうした状態を防ぐためには暴食を避けることはもちろんですが、程よい断食が効果的です。傷ついた腸が休まることで修復されると、自然と免疫力が回復します。その結果、アトピーの症状が改善したり、風邪をひきにくくなったり、代謝がアップしたり、肌がキレイになったりなど、あらゆる効果が期待できるのです。

無茶な断食を行ってしまうと、むしろ体を壊してしまいかねません。くれぐれも無理をせず、丸1日の短期断食からトライしてみてください。体が慣れてきたら、徐々に中期断食を取り入れるというように、段階を踏むことを心がけることがもっとも大切です。体内トラブルの改善が期待できる断食で、健康的な体を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ファスティング中は飲み物選びも大切!豆乳を飲んだ経験は?

2017.02.02

失敗しないファスティング!成功のカギはプロテイン

2017.01.19

アトピーで悩む人を助ける乳酸菌の働きを紹介

2016.11.09

すっきりと美しい体になるためのダイエットに必要な7つのステップ!

2016.08.10
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!