大人でも油断禁物!喘息は大人でもめずらしくない病気

LINEで送る
Pocket

喘息は子どもの病気というイメージがありますが、大人になってから発病することも決して特別なことではありません。しかし、喘息が原因の咳だということに気が付かずに、風邪薬などで抑えようとして、かえって悪化させてしまうこともあります。

喘息は発作を繰り返すほど悪くなるので、対処せずに放っておくのは良いことではありません。喘息とはどんな病気なのか、大人の喘息はどのような理由で起こるかなどを知って、予防や改善に役立てましょう。

喘息は子どもだけの病気じゃない?

喘息とは、気管支が炎症を起こしてトラブルが発生する病気です。気管支が炎症を起こすと、気道がむくんで狭まったり痰が増えたりして、息をするたびにゼイゼイいう、息苦しくせき込んでしまうといった症状が表れるのです。

そして喘息の人の気管支は、そのような症状がない場合にも慢性的に炎症が起きています。そのため、ほこりっぽいところに行く、体調が良くないなどのささいな変化がすぐ影響を及ぼして、呼吸器関係の症状を引き起こします。気管支の炎症は、ウイルスや気温の変化などでも起こります。しかし、そのような状態は長続きせず、すぐに治まるのが健康な気管支です。喘息の場合は、目に見える症状がなくても、慢性的に炎症が起きてずっと治らないというところに問題があるのです。

喘息は、大人も子どもも、発生する症状の内容はよく似ています。そして原因は子どもの場合、アレルギーであることが多いです。ですが大人ではそうとは限りません。アレルギー性の炎症は原因物質が特定できますが、大人は理由がこれだとはっきりさせられないことがよくあるのです。

炎症には、ウイルスなどによって引き起こされるものと、自分の体が防御反応として起こすものがあります。アレルギーは、体の免疫細胞が異物でないものまで異物として反応してしまい炎症が起きる防御反応です。しかし反応する刺激は、異物ばかりではありません。ストレスや加齢、季節の変化なども原因になるのです。そのため、疲れが抜けないところに季節の変わり目で風邪を引き、それらが引き金になって気管支の炎症が慢性化するなど、大人の喘息が起きる理由はわかりづらいことがあります。

大人の喘息は予防できる?

大人の喘息には、アレルギー性のものもあります。花粉やハウスダストといったアレルゲンに反応して、炎症が起きるのです。子どもの頃に小児喘息を患っていた場合にも、再発することがあります。

そのような理由を特定できるアレルギー性の喘息は、アレルゲンを取り除いて気管支に炎症が起こらないようにするのが基本となります。アレルギー検査を受けて原因物質を知り、掃除の徹底などで、自分の体にとって異物だと感じられるものを遠ざけるのです。また、喘息のアレルギーを起こしやすい薬の成分というものもあります。そのような薬が処方されているなら、別のものに変えてもらうという方法もあるのです。

理由がわからない喘息でも、アレルギー性喘息の対処方法は参考になります。アレルギーがなくても、ほこりやダニ、タバコの煙は気管支に刺激を与えます。気管支に悪影響を与えそうな要素は、除いておくに越したことはないのです。また疲れやストレスをためるのも、喘息の原因になります。免疫細胞はストレスでも反応しやすくなるからです。

たとえ仕事が忙しくても、体のことを考えて休養はしっかり取るのが大切。それから喘息の予防として、咳を続かせるといった気管支関係の症状を起こさないようにするのは重要です。症状を繰り返すと、気管支が過敏な状態になって、今まで反応しなかったかすかな刺激でも症状を起こすようになるという悪循環を生むからです。風邪の予防は、同時に喘息の予防にもなり得るということです。

生活習慣を見直してコントロールしよう

子どもの喘息は、まだ気管支などが成長途中であることなどもあって、大人になると自然に治ることがあります。しかし大人ではそのようなことはなく、症状が気になっていても無理をして悪化させてしまうことがあります。喘息では気管の空気の通り道が狭くなるので、ゼイゼイヒューヒューという音がし、息苦しくなります。それが重症になると、気管がふさがれて呼吸困難になることもあるのです。

逆に適切な治療を受け、日頃から健康に気を付けていると、完治しなかったとしても問題になるほどの症状は起こりにくく、生活にトラブルを起こすほどではなくなります。喘息の予防や、発作を起こさせないためには、自分自身の生活習慣を正すことも大事なのです。

アレルゲンの除去や、ストレス、疲れをためないといった体への気遣いを心掛けましょう。食事の栄養配分や、酵素サプリなどを取り入れることで、体の免疫力を高めていくのも良い方法です。そしてそのような行動は、メモを取るとよりやりやすくなります。咳き込んだ時の日付や状況、時間帯などを記しておくのです。

喘息は、明け方や温度差など、発生しがちな状況というのがあります。メモしておくことで、自分の体がどのような状況に弱いかがわかれば、それに対処できるようになるからです。またメモの記入で、外食や睡眠不足が続いていれば、意識して気を付けるようにもなるでしょう。

こうして生活習慣を無理のない範囲でコントロールしていけば、気管支に無用な刺激が与えられることが少なくなり、炎症を悪くさせることもなくなっていきます。喘息は大人でも、気管支が炎症を起こし続けられるような環境が整えば発病してしまいます。予防し、万一なってしまってもひどくさせないように、原因と生活の両面から対処していきましょう。

成人喘息のメカニズムとコーヒーとの意外な関係

2017.05.21

牛乳が喘息に悪影響と言われるのは何故?

2017.04.18

サプリメントや健康食品、あなたは頼る?頼らない?

2016.07.08
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!