喘息を引き起こす意外な誘因!?見落としがちな鼻水との関係とは

LINEで送る
Pocket

ふとした拍子に突然せき込むなど、つらい症状が出てしまう喘息。症状を自覚しながらも原因や対処法がわからず、日常生活に不便さを感じている人も多いでしょう。喘息を引き起こす誘因はさまざまですが、そのなかでも意外と知られていないのが「鼻水との関係」です。

ここでは喘息の特徴や症状を引き起こす誘因、その予防法について紹介します。「鼻水とどんな関係が?」と首をかしげる人も多いかもしれませんが、まずは喘息の症状や特徴を確認していきましょう。

喘息はどんな症状が起きる?

喘息の表現としてよく使われる「ヒューヒュー」や「ゼーゼー」といった音は、ぜん鳴と呼ばれています。このぜん鳴は気管支の気道が狭くなることで引き起こされる症状で、その根本的な原因は気管支粘膜の炎症によるものだといわれています。

喘息の人は気管支に慢性的な炎症を起こしている状態で、刺激を感じると「激しくせき込む」、「呼吸困難になる」といった症状が出てしまうのです。炎症による発作が起きると、タンが絡みやすくなります。タンが絡むと余計に軌道が狭くなり、冒頭の「ヒューヒュー」、「ゼーゼー」といったぜん鳴が聞こえたり、タンを排出しようと余計に激しくせき込んだりする原因になります。

喘息は老若男女問わず起こり得る症状ですが、特に男児の発症率が高いといわれています。その原因のほとんどはアレルギーによるものです。大人は男女比が変わらず、子どもに比べると原因の特定がむずかしいといわれています。大人の場合、原因となるアレルゲンが特定できる場合が約5割、特定できない場合が約5割といわれています。約半分近くの方が喘息を引き起こす原因がわからず、苦しんでいるのが現状です。

また、自分では喘息だとは気がつかずに生活をしている人もいます。喘息の症状はせきや呼吸が苦しくなる他にも、胸の痛みや動悸、息切れを感じるケースがあります。まずは自分が喘息なのか、また発作を引き起こす原因は何かしっかりと突き止めることが、つらい症状から抜け出すために重要なポイントとなるでしょう。

発作はなぜ起きてしまうのか?誘因となる意外なポイント

喘息の主な原因はアレルゲンによるものだといわれています。その代表例として挙げられるのが「ダニ」や「ハウスダスト」です。私たちが暮らす家のなかには、目に見えない多くのダニやハウスダストが存在します。こうしたアレルゲンを吸引することにより、過敏になった気管支が反応して発作が引き起こされるのです。特に室内アレルゲンの代表ともいえるヤケヒョウダニ・コナヒョウダニという2種類のダニが、喘息の大きな原因になるといわれています。

こうしたダニやハウスダストの他には「たばこの喫煙」も誘因のひとつとして挙げられます。たばこには複数の化合物質が含まれており、吸引すると強く気管支を刺激してしまいます。それに加えて心の状態も喘息に関与するといわれており、「ストレスを溜めること」も誘因のひとつといえるでしょう。

「激しい運動」や「アクの強い食べもの」も、発作を引き起こす誘因になるので注意が必要です。これらの他に意外と知られていない誘因となるのが、冒頭で触れた「鼻水」です。実は喘息と鼻水は深い関係があります。鼻と喉は気管で繋がっており、同じアレルギー反応による炎症が根底的な原因として根付いている可能性があるのです。そのため2つの症状が併発している場合は、喘息と鼻炎の治療を同時に行うことが大切です。鼻炎治療をすることで、喘息の症状が和らぐケースも存在します。鼻炎の症状がある場合は、かかりつけ医にしっかりと症状を伝えましょう。

つらい喘息の発作を予防するために!知っておきたい対策法

激しくせき込んだり、息苦しさを感じたりする発作はできる限り抑えたいものです。つらい発作を抑制するには、アレルゲンの除去を心がけることが重要です。特にアレルゲンとして問題視されている「ダニ」は、増殖を防ぐ環境作りが大切になります。

ダニは「高温多湿・エサ・産卵できる場所」の3つの条件が揃うと増殖します。そのため産卵場所となる布団やソファは、いつも清潔な状態を維持することが大切です。布団は定期的に日干しする、ソファは布製を避けるなどの対策が有効です。ぬいぐるみはできる限り部屋に置かないようにする、カーテンは洗濯できるものを選ぶといった対策法もあります。清潔な部屋をキープできるよう、掃除がしやすい環境を目指すこともポイントになるでしょう。

また、喘息の原因となる気管の炎症を抑える、ビタミン類を摂取することも良い方法です。炎症を抑える「ビタミンC」や「ビタミンE」を積極的に摂ると良いでしょう。ビタミンCは果物や大根、じゃがいもなどの根菜類に多く含まれます。ビタミンEは西洋カボチャやアボガドなどの緑黄色野菜、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。これらの食材をバランスよく取り入れることで、発作の予防に繋がるでしょう。

これらの食材を日頃から摂取することが難しい場合は、サプリメントを活用することもひとつの方法です。酵素サプリや美容サプリにはビタミン類がバランスよく配合されているものがあるので、時間がないときや食欲がないときに重宝します。補助的な役割としてサプリメントを取り入れつつ、無理なくバランスの良い食生活を目指すことが大切です。こうした予防法をライフスタイルに取り入れ、喘息とうまく付き合う術を身につけましょう。

鼻水を放っておくと、喘息が悪化する可能性も!?

2017.05.11

つらい喘息…症状の悪化・改善には食事が関係していた!

2017.05.02

牛乳が喘息に悪影響と言われるのは何故?

2017.04.18
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!