ワインと喘息との深い関係、喘息持ちにおすすめのお酒との付き合い方教えます

LINEで送る
Pocket

赤ワインはポリフェノールを含んでいて美容に良いと言われブームになっていましたが、ブームは関係なくワインが好きだという人はたくさんいます。香りや色を楽しんだり深い味わいに舌鼓を打ったりして楽しめるワインですが、喘息を持っている人はワインに注意をしたほうが良いということをご存じでしょうか。けれど、むやみに怖がらなくても正しい知識があれば対処できることがあります。

ワインが喘息に良くないと言われる理由や気を付けるべきこと、上手な付き合い方をお伝えします。

お酒が喘息に良くないと言われる理由とは

お酒を飲んだ後に喘息が出てしまった、具合が悪くなってしまったという経験をしたことがある人もいるかもしれません。いったいなぜ、喘息の人はお酒を飲むと喘息が出やすくなったり、症状が悪化したりしやすくなるのでしょうか。お酒には、当然ながらアルコールが含まれています。アルコールは私たちの身体の中に入るとアセトアルデヒドという成分に変化します。

このアセトアルデヒドは、白血球からヒスタミンを誘発する働きをします。ヒスタミンというのは、身体の中に有害な物質が入ってきたとき、有害な物質を退治して身体を守ろうとする成分です。ところが、ヒスタミンが活動を始めると身体の中で炎症が起き、それがアレルギーや湿疹の原因となります。

このときに気管支も炎症を起こしやすくなり神経が普段よりも敏感になるため、喘息の人は喘息の発作が起きる可能性が高くなってしまうのです。ワインを飲んだ後も当然ながらワインに含まれるアルコールが体内で分解されるときにアセトアルデヒドができるため、喘息持ちの人は喘息が起きるリスクを抱えてしまうこととなります。

しかし、すべての人が喘息が起きやすくなるかというとそうではありません。アセトアルデヒドを分解する酵素をたくさん持っている人と、あまり持っていない人がいるという個人差があるためです。日本人はこの酵素を持っている人が少ないため、喘息持ちの日本人はお酒を飲んだ後に症状が出やすいのです。お酒を飲むと必ず発作が起きるわけではないけれど、発作が起きやすくなってしまうということを覚えておきましょう。

ワインに含まれる防腐剤も喘息に関係してくる

ワインのボトルに貼られたラベルをよく見てみましょう。原材料のところに、ぶどう、亜硫酸塩と書かれていることに気づきます。亜硫酸塩とは酸化防止剤のことで、輸入ワインのほとんどにこの亜硫酸塩が添加されています。亜硫酸塩はワインが悪くならないようにという意味で添加されているのですが、体内に入ると副作用を起こす物質でもあります。亜硫酸塩は肝臓の機能に障害を与える可能性があると言われているのです。

ワインをたくさん飲んだ後、頭がズキズキしたり下痢をしたりという症状を経験したことはないでしょうか。この症状は亜硫酸塩をたくさん摂取したときに起きる症状です。半日程度で治まる頭痛や下痢で済めばいいのですが、肝臓に影響すると脂肪肝や肝硬変になる可能性があります。

この亜硫酸塩がどう喘息に関係してくるかというと、亜硫酸塩アレルギーの症状が喘息として出てくるのです。亜硫酸アレルギーは珍しいことではなく、オーストラリアにあるラ・トローブ大学のハッサン・バリー教授によると10人に1人は亜硫酸に敏感、またはアレルギーがあると語っています。自分が亜硫酸に敏感な体質でアレルギーがあった場合、ワインを飲むことで喘息が起きてしまう可能性が高くなります。

海外のワインは亜硫酸塩が含まれているのが普通ですが、国内ワインでは防腐剤無添加をうたい、亜硫酸塩を使っていない商品もあります。また、海外のワインでも有機栽培されたぶどうを使っている場合は亜硫酸塩が使われていないものもあります。ワインを購入する際は、原材料名をよく確認しましょう。

参考サイト(外部)
引用元

喘息でもお酒を楽しく飲むために、家族と周囲の理解を得よう

お酒やワインが喘息の発作を引き起こすリスクがあることがわかりましたが、だからと言ってお酒を我慢しなくてはいけないのでしょうか。社会人なら歓送迎会やパーティーなどでお酒を断りにくい席もありますし、なにより自分も皆と一緒に楽しみたいと考える人が多いでしょう。喘息があるからといって、必ずしも発作がでるというわけではありません。

体調が良いときなら飲みすぎない程度にいただく、ソフトドリンクをはさみながらお酒を楽しむという方法で飲んでも良いでしょう。しかし、喘息が出てしまうリスクがあることを頭に入れ、家族や周囲の人に、喘息があることと、もしかしたら発作が起きてしまう可能性があることを話し、その場合どう接して欲しいかをあらかじめ伝えて理解をしてもらうと安心です。

また、自宅でワインを飲むときは亜硫酸塩が含まれていない国産のワインを選ぶなどの工夫をすると、喘息が起きるリスクを減らすことができます。外で飲むときも、添加物に気を使っているオーガニック系のお店を選ぶ、ワインの品ぞろえが豊富そうなワインバーで店員さんに確認してみるなどすると、安心してお酒を楽しむことができます。

いずれにせよ、周囲の人の理解は不可欠です。喘息であることを隠さず、喘息だけれどお酒を楽しみたいこと、無理せずに楽しむけれど発作が起きる可能性もあることを伝えておけば、自分も安心ですし周囲にもいざというときに余計な心配をかけずにすみます。工夫をしながらお酒の席を楽しみましょう。

喘息に悩む人必見!アロマは喘息の症状緩和に役立つかも?

2017.06.21

成人喘息のメカニズムとコーヒーとの意外な関係

2017.05.21

喘息に良いといわれる飲み物は何?良くない飲み物は

2017.05.16

酵素サプリと薬、飲み合わせが悪いと効果が激減する危険が・・・

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!