肌トラブルを改善したい!肌をきれいにする方法とは?

LINEで送る
Pocket

どんなに気をつけているつもりでも、ふとしたきっかけで起きてしまう肌トラブル。美しくつややかな肌は多くの女性にとって憧れであり、肌トラブルが生じると、気分が落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。肌トラブルの悩みを解消するには、きちんと原因を見極めて、適切なケアを行うのが肝心です。ここでは、肌トラブルの症状が起きてしまう原因や発生のメカニズムを踏まえ、日頃の生活における注意点や対処法などを紹介します。

肌トラブルの原因を知ろう!

ニキビや吹き出物ができたり肌がカサカサしたりと、肌トラブルの症状は人によりさまざまです。肌トラブルはいくつかの要因が複雑に絡み合って引き起こされているケースもあるため、原因を特定するのは難しいのが現状です。ただ、肌トラブルを引き起こす原因のなかでも、特に関係が深いと考えられているものがあります。それは、「ホルモンバランス」「ターンオーバーの乱れ」「バリア機能の低下」の3つです。

1つ目の「ホルモンバランス」は生理周期と密接な関係にあり、女性の肌はホルモンバランスの影響を受けやすいという説があります。ホルモンバランスが乱れると肌が敏感な状態になりやすく、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすリスクが高まる可能性があるのです。

2つ目の「ターンオーバーの乱れ」も、肌トラブルの原因につながる大きな要因です。ターンオーバーとは、皮膚細胞が生まれ変わる代謝のサイクルを指します。このサイクルが乱れると、古い角質がうまくはがれ落ちず、さまざまな肌トラブルを招いてしまうのです。

3つ目に挙げた「バリア機能の低下」は、肌の水分と油分のバランスが崩れたり、乾燥した外気にさらされたりすることで引き起こされます。バリア機能は外部刺激から肌を守ったり水分の蒸発を防いだりする重要な役割を持ちます。このバリア機能が低下すると皮膚が刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起きるリスクが高まってしまうのです。

肌トラブル予防のために注意すべきことは?

肌トラブルを遠ざけるには、日頃からコツコツと予防に取り組むのが肝心です。予防のポイントをしっかり押さえると、すこやかで美しい肌を取り戻す近道になることが期待できます。予防法として重要になるのは「バリア機能を高める」という点です。日頃から保湿ケアを徹底し、肌を乾燥から守ることを心がけましょう。

また、バリア機能の低下を防ぐには、洗顔の仕方にもポイントがあります。肌を過度に洗いすぎたり、ゴシゴシとこすったりすると、バリア機能が損なわれる原因につながるため注意が必要です。さらに、熱いお湯で洗顔をするのも避けたほうが良いでしょう。熱いお湯は肌の保湿成分を奪い、乾燥を招くリスクが高まります。洗顔の際はできる限り肌に刺激を与えないよう、細心の注意を払うのが大切です。

体の中から肌をきれいにする方法もある!

美しい肌を目指すには生活習慣を見直し、体の内側からアプローチを行うのも良い手です。たとえば、「適度な運動」を日常に取り入れるのも美肌を目指すうえで大いに役立ちます。ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動は、血行や発汗を促して、ターンオーバーのサイクルを整える作用が期待できます。また、すこやかな肌のためには「睡眠をしっかりとる」のもポイントです。充分な睡眠時間を確保すると、ターンオーバーを助ける成長ホルモンの分泌を促す作用が見込めます。

さらに、肌の大敵ともいわれている「ストレス」にも注目すると良いでしょう。過度なストレスは体内に活性酸素を増やし、肌トラブルを引き起こす原因につながると考えられています。そのため、日頃からストレスを抱え込まないように、自分なりの工夫を行うのが大切なのです。たとえば、休日は趣味に没頭したり好きな音楽を聴いたりするのも良い方法です。自分に合うストレス発散方法を身に付けておくことで、肌トラブルを遠ざけやすくなるでしょう。

肌をきれいにするための食べ物とは?

肌トラブルは体からのSOSサインであり、美肌を目指すには「食生活」を見直すのもポイントです。栄養バランスのとれた食生活を心がけると、ターンオーバーの正常化につながることを期待できます。なかでも、重要になるのは「ビタミン類」の摂取です。ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンAなどは、美肌を目指すうえで欠かせない栄養素です。

「ビタミンB2」は皮脂の分泌バランスを調整し、皮膚をすこやかに保つサポートをしてくれることが見込めます。ビタミンB2はうなぎやレバー、アーモンドなどに豊富に含まれます。また、ターンオーバーのサイクルを正常化させるのに役立つとされる「ビタミンB6」も、積極的に摂取したい栄養素です。ビタミンB6は豚肉やたまご、大豆などに多く含まれています。

「ビタミンC」はコラーゲンの生成を促す作用があるとされ、つややかな肌を目指すのに役立ちます。ビタミンCはイチゴやキウイ、ブロッコリーなどの食物に多く含まれるため、意識的に取り入れると良いでしょう。それから、「ビタミンA」は肌の乾燥を防いでくれる働きが見込めます。ビタミンAはニンジンやカボチャ、ほうれん草などに豊富に含まれます。

ただ、これらの食品が肌に良いとはいえ、毎日継続して摂取するのは難しいという人もいるかもしれません。そのような場合は、酵素サプリや美容サプリなどを活用し、不足しがちな栄養素を補うのも1つの方法です。サプリメントなら持ち運びしやすく、出先でも手軽に栄養補給を行えます。

自分に合うセルフケアで美肌を目指そう!

美しい肌を目指すには、体の外側と内側の両方からアプローチを行い、セルフケアを徹底するのが重要です。自分に合ったケア方法を実践することで、トラブル知らずの素肌に近づきやすくなるはずです。セルフケアのポイントをきちんと押さえて、自信の持てるつややかな肌を目指しましょう。

参考サイト(外部)
アレルギー症状のメカニズムや対処法:アレルギージャーナル

乳酸菌でニキビ予防!?知られざる美肌効果とは

2017.08.18

腸内環境がニキビの原因に?乳酸菌の摂取がニキビの撃退につながる!

2017.06.23

乳酸菌はニキビ対策にも役立つ?ニキビの原因と乳酸菌で見込める効果とは?

2017.05.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!