顔の肌荒れ!原因と対処方法は?

LINEで送る
Pocket

肌のコンディションが悪くて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。肌荒れを起こす原因はさまざまあるので、何が肌トラブルを招いているのかチェックすることが大切です。肌が荒れていると顔のトーンが暗くなったりメイクのノリが悪くなったりといった悪影響も起こります。美しい素肌を取り戻し維持するためにも、肌荒れの原因や対処法について知識を深めましょう。ここでは、顔の肌荒れを招く原因や対処法だけでなく予防に役立つ情報も詳しく紹介していきます。

顔の肌荒れの原因は?

顔の肌荒れが起こる主な原因は、睡眠不足・間違ったスキンケア・不規則な食生活などです。とくに睡眠不足は肌へのダメージが大きく、目元にはクマができてしまうことも少なくありません。睡眠中は成長ホルモンの分泌が盛んになるため、ゴールデンタイムと呼ばれる22時から2時までに睡眠を取らないと肌のコンディションが悪くなりやすいと考えられています。また、スキンケアが間違っていると知らず知らずのうちに肌へダメージを与えてしまうので注意が必要です。年齢や肌質に合ったスキンケアを心がけることで、肌荒れを改善したりきめの細かい肌を保ったりすることができるでしょう。

食事が不規則になることやストレスの多い生活を続けることは、肌荒れを悪化させることにもなりかねません。睡眠やスキンケアに気を付けることはもちろん、ライフスタイルの見直しも美肌を目指すために欠かせません。肌は歳を重ねるごとにハリや潤いが失われていきます。年齢に合ったスキンケアを続けることで、年齢よりも若々しい肌を維持することもできるでしょう。

顔の肌荒れの対処方法は?

肌荒れが起こってしまったら、刺激の少ない洗顔フォームや化粧水などで優しくケアすることが大切です。赤みやかゆみがひどい場合は皮膚科を受診しますが、症状が軽ければメイクを控えて肌への刺激を最小限にしたスキンケアを心がけましょう。睡眠不足や不規則な生活が続くと、普段使っているスキンケア商品が肌に合わなくなることもあります。そんなときには、肌の状態が落ち着くまで低刺激の化粧水や乳液を使用すると良いでしょう。肌の状態に合わせてスキンケア商品を使い分けることで、肌ストレスを軽減することができます。

肌荒れを改善するために洗顔をしすぎたり美容成分が豊富に配合されたスキンケア商品を使用したりする人もいますが、敏感になっている肌にとってかえって刺激になってしまうこともあります。まずは肌荒れの原因を取り除き皮膚のバリア機能を正常に戻すことを意識しましょう。睡眠や栄養をしっかり取り、肌質に合ったスキンケア商品を使ってケアすることが求められます。乾燥が気になるときにはワセリンで保湿をして、ニキビができたときにはアクネ菌の増殖を抑えるためにも油分が少ないスキンケア商品を選びましょう。

加齢によるシミ・そばかす・シワ・たるみが気になるときには、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸が配合された化粧水や乳液が効果的です。エイジングケアに適したスキンケア商品を使えば、皮膚の深い部分まで有効成分を浸透させることができます。

顔の肌荒れを予防するために気を付けたいこと

体質が一人一人違うように肌質も人によって異なります。乾燥肌・敏感肌・脂性肌など、それぞれの肌トラブルに頭を悩ませている人は少なくありません。もちろん普通肌の人でも、生活習慣の乱れやストレスが原因で肌荒れを起こすこともあるでしょう。肌荒れを起こさないために大切なのは、自分自身の肌質を知っておくことです。

肌質がわかればどんなときに肌トラブルが起きやすいか予想することができます。乾燥肌であれば、空気が乾燥しやすい季節はとくにセラミド配合の美容液を使うなど保湿に気を配らなければいけません。敏感肌なら界面活性剤など肌への刺激になり得る添加物が配合されていないスキンケア商品を選ぶ必要があります。脂性肌の場合は、皮脂分泌が盛んなため洗顔で余分な皮脂をしっかり落として油分が含まれていないスキンケア商品でケアすることがポイントです。

肌は28日周期でターンオーバーを繰り返します。しかし、皮膚のバリア機能が弱っているとこの周期が早まり未熟な真皮が表面に露出することになります。すると、外部からの刺激に弱く肌荒れを起こしやすい肌になってしまうというわけです。どの肌質も、ターンオーバーが正常に行われるように気をつけなければいけません。

顔の肌荒れの原因と対処方法を知って美肌になろう!

肌荒れが気になるときには、まず思い当たる原因がないかライフスタイルを振り返ってみましょう。睡眠不足や不規則な食生活が続いていると、肌荒れが起こりやすくなります。肌のコンディションを立て直すためには、規則正しい生活を意識しつつ自分の肌質に合ったスキンケアをすることが大切です。万が一肌荒れが起こってしまったときでも、原因と対処方法がわかっていれば症状を悪化させずに肌のコンディションを整えることができます。自分でできる肌荒れを招かないための予防法と対処方法を身につけて、肌荒れに負けない美肌を目指しましょう。

ファンデーションでカバー!花粉症シーズンの肌荒れの原因と対策

2018.03.15

乳酸菌でニキビ予防!?知られざる美肌効果とは

2017.08.18

腸内環境がニキビの原因に?乳酸菌の摂取がニキビの撃退につながる!

2017.06.23
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!