乳酸菌にはいろいろある!動物性乳酸菌とは?

LINEで送る
Pocket

腸内環境を整えることができる成分として有名な乳酸菌。納豆やチーズ、ヨーグルトといった身近な食品に含まれていることから、摂取しやすいというメリットがあります。

乳酸菌と聞くと、ビフィズス菌やガゼリ菌などたくさんの種類を思い浮かべることでしょう。しかし、乳酸菌を大きく分類すると、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2つに分けられます。では、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。ここでは、動物性乳酸菌について解説していきます。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌について

動物性乳酸菌は、動物性食品の中に含まれている乳酸菌になります。代表的なのが、ヨーグルトやチーズなどの乳製品です。その他にも、生ハムやサラミといった肉類、ニシンの塩漬けやアンチョビなどの魚類にも含まれます。日本の伝統的な食品にも動物性乳酸菌は見られます。たとえば、鰹節や鮒寿司、塩辛がそうです。動物性乳酸菌は、身近な食品に多く含まれていることから、摂取しやすい成分です。

一方、植物性乳酸菌は植物性の食品に多く含まれます。日本の食品では、納豆や漬物などです。海外の食品でありながら、日本人でも多く食べられている食品にも植物性乳酸菌は見られます。代表的なのが、中国のザーサイや韓国のキムチといった食品です。

動物性乳酸菌の特徴および効果とは?

動物性乳酸菌の特徴として挙げられるのが、栄養の豊富な場所でしか生きられない弱い乳酸菌であることです。動物の乳を原料にした食品には、多くの乳糖が含まれます。動物性乳酸菌は、それを餌にして成長していきます。また、動物の肉は非常に栄養価が高いです。そのため、動物性乳酸菌にとっては、生きやすい場所でもあるのです。また、動物性乳酸菌はその他の菌と共存することができないため、単独で生きる乳酸菌になります。そのうえ、胃酸に非常に弱く、生きたまま腸まで行くことができずに途中で死んでしまいます。動物性乳酸菌は非常にデリケートな菌なのです。

そんな、動物性乳酸菌には特別な効果があります。それは、腸内にある善玉菌の餌になってくれるというものです。どんなに優れた善玉菌でも、元気に活動するためには栄養を摂り入れなくてはいけません。動物性乳酸菌は死んでしまうものの、そのまま他の善玉菌の餌となって腸内に残り続けます。そして、善玉菌が全力で働けるようにサポートしてくれるのです。

動物性乳酸菌は植物性乳酸菌より劣る?

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌とは違って非常に強い乳酸菌です。その理由は、他の細菌と共存できる力があるので、栄養が少ない過酷な環境でも生き続けることができるためです。したがって、胃酸のような強い刺激にも耐えることができるタフな乳酸菌になります。

植物性乳酸菌は体内に入ると胃酸の影響を受けずにそのまま腸内に行き、そのまま強い善玉菌となって腸内環境を整えるために働きます。こう見ると、動物性乳酸菌は摂取せず、植物性乳酸菌だけを摂取すれば良いのではと思うことでしょう。実際、腸内ですぐに死んでしまう動物性乳酸菌は必要ないと考える人も少なくありません。そのため、動物性乳酸菌は植物性乳酸菌よりも劣っていると思われがちです。

しかし、植物性乳酸菌は良い善玉菌になる力があっても、善玉菌の餌になることができません。そのため、植物性乳酸菌を大量に摂取したとしても、正常に働いてくれるわけではないのです。善玉菌は、餌となる動物性乳酸菌も同時に摂取することで初めて役割を果たすことができます。つまり、動物性乳酸菌は腸内環境を整えるためには欠かせない成分といえるでしょう。植物性乳酸菌を摂取したら、動物性乳酸菌も一緒に摂取する習慣を身につけることが大切です。

自分に合った乳酸菌を選ぶことが大切!


動物性乳酸菌と植物性乳酸菌は、同じ乳酸菌でありながらそれぞれ特徴と役割が全く違います。そのため、腸内環境をしっかりと整えたいと考えるのであれば、どちらもバランス良く摂取しなくてはならないといえるでしょう。

もし、お腹の調子が良くないのであれば、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌のどちらかが不足している可能性があります。毎日の食事をチェックして、どちらの乳酸菌を多く摂取しているかを調べてみると良いかもしれません。たとえば、乳酸菌が多い食品に絞ってチェックをしてみると、毎日ヨーグルトは食べているが、その他の乳酸菌が含まれる食品を摂取していなかったとします。この場合、動物性乳酸菌は摂取していますが、植物性乳酸菌は摂取されていないという状況です。このときの腸内は、善玉菌は少ないがその餌は非常に多いという状況になっている可能性があります。そのため、納豆やキムチなどの植物性乳酸菌が含まれている食品を摂取すれば、腸内環境が変わるかもしれません。また、植物性乳酸菌は摂取していても、動物性乳酸菌を摂取していないという逆のパターンも考えられます。これも同じように、動物性乳酸菌を摂取すれば、腸内に良い影響を与えてくれることでしょう。

乳酸菌はバランスが大切です。自分に必要な乳酸菌を選んで摂取することが、腸内の環境を整えるために必要だといえそうです。

健康と美容のために摂取したい!ec12乳酸菌のパワーとは?

2018.08.10

これってホント?アレルギーは乳酸菌で抑えられるのか?

2018.06.22

乳酸菌が癌を予防?腸内環境が健康を左右する

2018.04.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!