【重要】ビタミンCパーフェクトガイド

LINEで送る
Pocket

ビタミンCは生体内の総たんぱく質の3割を占めるコラーゲンの合成を担い、丈夫な血管や骨、軟骨組織、皮膚などをつくるために不可欠なビタミンです。シミのもとである黒色メラニンの合成を抑える働きがあるほか、体内でのコラーゲン生成に欠かせない栄養素であることから、美容面でも重要な役割を担っています。コラーゲンには細胞と細胞を結ぶ接着剤的な働きがあるため、風邪予防にも役立ちます。また、抗酸化作用により活性酸素を除去し老化を防いでくれます。

しかし私たち人間の体の中でビタミンを作ることができないため、食事などから摂取しなければなりません。そのためビタミンCを摂取するための補助食品を利用しているという方も多いでしょう。今回は、ビタミンCを飲むタイミングや適切な摂取量、ビタミンCを多く含む食材、ビタミンC誘導体の美容効果など、ビタミンCに関する記事をまとめました。

ビタミンCの知識を深めよう

ビタミンCとは?なぜ毎日ビタミン補給が必要なの?

ビタミンとは生物の生存・生育に微量に必要な栄養素のうち、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物の総称です。ビタミンCは水溶性ビタミンの1種で、化学名はアスコルビン酸といいます。生体内の総たんぱく質の3割を占めるコラーゲンの合成を担い、丈夫な血管や骨、軟骨組織、皮膚などをつくるために不可欠なビタミンであり、メラニンの生成を抑えて皮膚の色素沈着の防止、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用もあるため美容の面でも非常に重要な栄養素です。しかし私たち人間の体の中でビタミンを作ることができないため、食事などから摂取しなければなりません。ビタミンCを多く含む食材には野菜や果物などがありますが、毎食きちんと摂取することがむずかしい場合はサプリメントを利用するとよいでしょう。

果物は一日に200g摂ろう!健康を維持するために推奨される果物の目標摂取量

2018.10.08

ビタミンの種類とビタミンCの効果

ビタミンにはさまざまな種類があり、それぞれのビタミンには体に良い成分がたくさん詰まっています。脂溶性ビタミンにはA、D、E、F、K、Uなどがあり水溶性ビタミンにはB、C、ニコチン酸、パントテン酸などがあります。女性が憧れる美しい肌を作るビタミンの代表はCで、ビタミンCを摂ればシミを作る原因となるメラニンを還元することができます。また、ビタミンCには抗酸化作用もありアンチエイジングにも効果を発揮するので、肌を若々しく健康的に保ちたい人は摂っておきたい栄養素です。

シミ予防&ケアに効果大のビタミンC

2016.08.10

知れば絶対摂りたくなる! ビタミンCの美容・健康効果

2016.08.03

ビタミンが多く含まれる食材とは

美容で注目されるビタミンC!どんな食べ物から摂るといい!?

ではビタミンCをどのように摂取すれば、美容に効果的なのでしょうか。活性酸素から身体を守ってくれるのは「ビタミンA(β-カロテン)」「ビタミンC」「ビタミンE」などの栄養素で、抗酸化物質とも呼ばれています。ビタミンAはニンジンやカボチャに多く含まれ、粘膜を保護する役割があり肌の乾燥を防いでくれる働きが見込めます。ビタミンCはイチゴやキウイ、トマト、ブロッコリーに多く含まれていて、コラーゲンの生成を促す作用があり、つややかな肌を目指すのに役立ちます。

ただ、これらの食品が肌に良いとはいえ毎日継続して摂取するのは難しいという人もいるかもしれません。そのような場合は、サプリメントなどを活用し、不足しがちな栄養素を補うのも1つの方法です。サプリなら持ち運びしやすく、出先でも手軽に栄養を補給することが出来ます。

ニキビの味方! ビタミンCの効果と摂取法

2016.08.10

美肌に効果あり! ビタミンC豊富な食べ物・飲み物ベスト3

2016.08.05

天然のビタミンサプリ「ローズヒップティー」で美と健康を作ろう!

2016.07.12

アセロラはビタミンC豊富で美容効果も高いって本当?アセロラの気になる美容効果

2016.07.09

美容で注目されるビタミンC!どんな食べ物から摂るといい!?

2016.05.17

いつ飲めばいいの?ビタミンサプリの効果的な飲み方

ビタミンサプリは種類によって飲み方が変わります。例えばビタミンCのサプリメントは水溶性なので、一度にたくさん飲んでも尿となって排出されてしまいます。すでにビタミンサプリを飲んでいる方も、今一度ご自身の飲み方を確認してみてくださいね。もしかしたらせっかくのビタミンサプリを、もったいない飲み方で飲んでいるかもしれません。より効果を引き出すためにも、飲むタイミングを知っておきましょう。また、胃の弱い方や薬を飲んでいる方、病気で療養中の場合は飲み合わせの問題もありますので、かかりつけの医師に相談してください。

いつ飲めばいいの?ビタミンサプリの効果的な飲み方

2016.09.23

摂りすぎNG! ビタミンCの有効な摂取量とは?

「健康」が目的であれば1日800mgが適切です。レモン1個あたり100mgのビタミンCが含まれているといわれていますから、レモン8個分ということになります。そう考えると多い気もしますが、ほかの食材にも含まれていますし、ビタミンCを凝縮したドリンクやサプリメントも販売されているので、意識すれば難しい量ではありません。自然の食材からビタミンをとりいれることが理想ではありますが、どうしても難しい場合はサプリメントで摂取する方法でもよいでしょう。

次に「美容」が目的の場合ですが、この場合は1000mg~2000mgまでが適切と考えられています。ただし1000mgを超えて摂取すると、個人差もありますが悪影響を及ぼすことも考えられるので注意が必要です。

とりすぎNG! ビタミンCの有効な摂取量とは?

2016.08.24

アトピーや花粉症にもビタミンCがいい?!

アトピー性皮膚炎の方にとってビタミンCは有効といわれています。その理由として、ビタミンCには「活性酸素」による酸化を防いで肌環境を改善する働きがあるからです。そもそも活性酸素とは、日々の生活をはじめさまざまな原因によって人間の体内で作られています。例えば、ストレスも大きな原因のひとつ。あくまで通院治療を続けた上で、インナーケアとしてビタミンCを摂取することが大切です。

アトピー性皮膚炎に有効なビタミンCの効果や食べ物とは?

2017.09.26

美しい肌を目指すなら禁煙を!

煙草に含まれているニコチンが、血管を収縮させる働きをもつことは有名です。ニコチンは末梢神経の興奮作用があるので血管の収縮を引き起こすのです。血管が収縮すると当然血行が悪くなってしまいますよね。さらに煙草にはビタミンCを奪う作用もあり、ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成に支障が出ます。コラーゲンが足りないと肌が角質化してしまいます。つやつや肌を取り戻すためにも、禁煙してみてはいかがでしょうか。

煙草は美容に悪い?禁煙で得られる3大美容効果を紹介!

2016.05.08

ビタミンC配合化粧品で外側からもケア

ビタミンC誘導体のパワーで美しい肌を手に入れよう

ビタミンCは熱に弱く空気に触れると酸化してしまう、水に溶けやすいといった不安定な物質であることに加え、肌に吸収されにくいといった欠点があるため、化粧品に配合できない、ビタミンCそのものを肌に塗っても効果が期待できないといった課題を抱えていました。そこで誕生したのがビタミンC誘導体です。誘導体にすることで成分が安定し化粧品に配合されやすくなりました。さらに皮膚に浸透しやすいといった成果も得られたため、ビタミンCの効果をしっかりと肌にもたらすことが可能となり、シミやシワ、ニキビ、テカリ、毛穴、赤みなど多くの肌トラブルの改善に効果を発揮する成分として注目を浴びるようになったのです。内側(食事)と外側(スキンケア)からのダブルケアで美肌を目指しましょう。

美肌になるには?30代から行いたいスキンケア!

2018.08.09

ビタミンC誘導体のパワーで美しい肌を手に入れよう

2016.08.31

美と健康に欠かせないビタミンCについて紹介してきましたが、いかがでしたか。ビタミンは毎日摂取することが重要なので、さっそく今日から意識して摂るよう心がけましょう。

【重要】黒酢パーフェクトガイド

2018.10.11

【重要】便秘対策パーフェクトガイド

2018.09.25

【重要】花粉症対策パーフェクトガイド

2018.09.13
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!