美肌にはセラミド!ビオセラミドで肌のバリア機能・保湿力をサポート

LINEで送る
Pocket

乾燥は、さまざまな肌トラブルの原因になります。乾燥肌に悩む女性の中には「スキンケアをする時は、できるだけ保湿力が高い化粧品を選んでいる」という人もいるのではないでしょうか。セラミドは保湿力が高い成分であり、乾燥肌に悩む女性の心強い味方といえます。それではビオセラミドとはどのような役割を持つ成分なのでしょうか。今回は、セラミドの中でも高い保湿力を持つとして注目されているビオセラミドの特徴や秘密についてご紹介します。

セラミドにはどんな種類がある?

肌の乾燥を予防するために必要不可欠なセラミドですが、その種類は1つではありません。「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」「ビオセラミド」の4つに分けることができます。まず、ヒト型セラミドは酵母を活用して生成するセラミドです。「バイオセラミド」とも呼ばれており、肌に優しいのが特徴です。「植物性セラミド」は小麦や米などから摘出した植物由来のセラミドを指します。「合成セラミド」は「疑似セラミド」と呼ばれ、石油を原料に化学合成して生成します。大量生産がしやすく安価であるため、多くの化粧品に使用されていますが、ヒト型や植物性セラミドよりも効果は劣ります。

ビオセラミドの主な原料は?

ビオセラミドとは、別名「天然セラミド」と呼ばれ、セラミドの中でも保湿力が優れていることが特徴となります。ビオセラミドの主な原料は馬を始めとする動物です。脳や骨髄からセラミドを抽出し、ビオセラミドとして生成します。ビオセラミドの保湿力が優れているのは、動物由来の成分であるためです。人間の肌にある細胞間脂質と似ている構造をしているため、保湿力が高くスムーズに肌に馴染みます。
また、セラミドは本来、親油性の成分です。そのため、ビオセラミドが安定しやすいのは乳液やクリームなど、油分が多いスキンケア用品といわれています。

乾燥する季節にはビオセラミド

セラミドとは、角質と角質の間を埋める細胞間脂質に多く含まれる成分です。肌の表面は、角質と角質が折り重なるようにしてできています。角質と角質の間を埋めるために細胞間脂質はあり、肌内部から水分が蒸発してしまうことを防いだり、外部からの刺激(埃や紫外線)などから肌を守ったりする働きを持っています。細胞間脂質のほとんどは、セラミドからできているため、セラミドが不足すると肌は乾燥しやすく、ダメージを受けやすい状態になってしまうのです。セラミドが不足すると、肌内部の乾燥は進みやすくなり、外部からの刺激による肌トラブルが発生しやすくなります。

セラミドは肌のバリア機能と密接な関係を持っていますが、中でもビオセラミドは保湿力が高く、ひどい乾燥に悩む人に適した成分でもあります。春夏は乾燥が気にならないという人も、空気が乾燥しやすい秋冬にはビオセラミドが配合されたスキンケアアイテムを使用してみるのも良いでしょう。

年齢を重ねた肌にもビオセラミドは効果がある?

「年齢を重ねるにつれ、肌トラブルに悩む頻度が多くなった」という人も多いのではないでしょうか。人の肌は年齢を重ねると、水分保有率が低下し、皮脂量が少なくなることが分かっています。肌が乾燥すると、バリア機能が低下するためかゆみやかぶれなどの症状が起こりやすくなります。また、乾燥することで肌の弾力が失われシワが目立ちやすくなるケースもあるため注意が必要です。他にも、乾燥によって肌が刺激に敏感になると、肌の内部でメラニンが生成されやすくなります。増えたメラニンが肌の内部に残ってしまうとシミができてしまうため、乾燥はシミの原因にもなり得るのです。

ビオセラミドは、肌の乾燥を防ぐ働きがあるため、これらの肌のトラブルを未然に予防することが期待できます。毎日のスキンケアにビオセラミドが配合されたスキンケアを取り入れて、年齢からくる肌トラブルに負けない健やかな肌を目指しましょう。

ビオセラミドのメリットとデメリット

ビオセラミドが配合された化粧品やサプリメントを活用するメリットとしては「高い保湿効果を得やすいこと」「天然成分であるため体に悪影響がないこと」が挙げられます。「肌に付けたり、口に入れたりするものだからこそ、安全性にはこだわりたい」という人でも安心して使用できるのがメリットといえるでしょう。「安全性が気になる」という人はビオセラミドの他の成分にも着目して商品を選ぶようにしましょう。

一方でデメリットもあります。それは「ビオセラミドを使った化粧品は高価になりやすい」という点です。ビオセラミドは天然由来の成分であり、合成セラミドやヒト型セラミドのように人工的な技術で大量に生み出せるわけではありません。そのため、ビオセラミドが配合された化粧品は高価である場合が多いのです。また、ビオセラミドが配合されているのにも関わらず商品が安価である場合、配合量が少ないことも考えられます。セラミド配合化粧品を使用する時は、価格と効果のバランスを考えながら選ぶのがポイントといえそうです。毎日使い続けるものだからこそ、自分の肌に最適でリーズナブルな化粧品を選びたいですね。

こんにゃくで美肌?こんにゃくセラミドで肌のうるおいアップ!

2019.02.13

どんな食べ物に含まれている?美肌成分のセラミドを徹底解明

2019.01.23

口元がおばさん!口元のシワを対策して10歳若返る方法

2019.01.18
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!