すっきりと美しい体になるためのダイエットに必要な7つのステップ!

LINEで送る
Pocket

雑誌やテレビで毎回紹介されているダイエット情報。美人女優や人気モデルもハマっている、なんて記事を見ると効果を期待してついつい真似したくなってしまいますよね。しかし、実際には色々な情報があふれすぎていて、どんなダイエット法が効果的なのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
正しいダイエットとはただやせるだけではなく、美しく、かつ健康的にやせるということが大切です。そこで今回は、美しく確実にダイエット効果を出すための取り組み方法をステップ別にご紹介します。

明日から…じゃダメ!具体的なダイエットの計画と準備をはじめましょう!

ダイエットをはじめよう、と決意したものの外食の誘いを断れなかった、飲み会に誘われてしまったとずるずる先延ばしになってしまう人はいませんか?
ただ何となくやせたいと思っていても、食事制限なく、ライフスタイルを変えない限り自然にやせることはありません。まずはダイエットの具体的計画を立て、準備しましょう。計画を立てる際は具体的なダイエット期間と目標体重、ダイエットの目的を明確にしておくことが大切です。

例えば夏までに洋服のサイズをワンサイズ落としたい、ウエストをマイナス5cm減らしたいなどダイエットに対してモチベーションの上がるような目標を設定しておくことが大切です。
ただし、1か月で10kg体重を減らすや、ダイエット期間中リンゴしか食べないといった厳しすぎる食事制限、間違った食事制限は栄養バランスの乱れや体の飢餓状態を引き起こし、一旦やせても激しいリバウンドを起こし、栄養不足により肌や体の老化が極端に進んでしまう恐れもあります。

大切なのはやせやすい体作りであり、無理のないダイエット計画を立てることが大切です。まずは内臓を温め、消化器官を活性化させる白湯ダイエットでやせやすい体作りを始めましょう。朝起きたら白湯を一杯飲み、その後も喉が渇いたら白湯を少しずつ飲むようにします。一度沸騰したお湯を50度まで冷まして飲むことで直接内臓を温め、代謝を促進します。冷え性改善、むくみ、便秘にも効果的です。

続けることが大切!日常生活に運動習慣を取り入れよう!

日常生活に運動を効率よく取り入れるためには無理のない範囲の運動を心掛けることが大切です。まずはウォーキングを中心とした運動習慣を作りましょう。ウォーキングなどの有酸素運動をすることによって体脂肪を燃やし、体についた脂肪を減らすと共に、体のゆがみや血行不良の原因となる体の筋肉を包んでいる筋膜をゆるめ、正しい位置に導くことができます。
肩こりや体のだるさなどもとれ、適度な運動を行うことで体が心地よく疲労し、睡眠の改善にも期待できます。できれば毎日一定の時間行うことが理想的ですが、忙しい場合は週に2~3日などくらいのペースで続けるようにしましょう。
ただし、長時間のウォーキングやマラソンは膝に負担を掛けるので無理のないペースで行うことが大切です。また、ウォーキングだけでなく、お風呂上がりや就寝前、起床後にも軽いストレッチを心掛けましょう。日頃使わない体の筋肉を動かすことで体の血行を促進し、新陳代謝をアップします。

なかなか普段運動する時間が取れないという人でも、例えば一駅分歩いてみるとか、エレベーターは使わず階段を利用するなど日常のちょっとした場面でも身体を動かす機会は数多く存在します。
なるべく体を動かし、筋肉をほぐす習慣を身に付けましょう。外で運動を行うとリラックス効果も高く、ストレス軽減にも役立ちます。

睡眠不足にご用心!日常生活をダイエットにつなげるポイントとは?


ダイエットというと甘いものが食べられない、外食ができないなど我慢を強いることばかりクローズアップされてしまいがちですが、実は毎日のちょっとした心がけでも十分にダイエットに役立てることができます。例えば、肥満の最も大きな原因の1つに睡眠不足があることをご存じでしょうか。人間は睡眠不足を感じると脳が飢餓状態であると判断してしまうため、お腹が空き、ついつい間食をしてしまいます。夜更かししていると妙にお腹が空いてお菓子を食べたり夜食を食べてしまったりするのは、脳が栄養を取るように命令を出しているからなのです。

また、就寝前に間食や食事をしたまま眠ってしまうと、胃腸の働きが悪くなるため消化不良や胃腸が弱る原因となってしまいます。夜の間食や夜食はエネルギーとして使われることも少ないのでそのまま脂肪として蓄えられてしまうことがほとんどです。
ダイエットのためにも、健康的な身体を維持するためにも、少なくとも就寝前2時間は胃の中に食べ物を入れない様に努力しましょう。また、夜寝る前にスマホやパソコン、読書などで目を酷使すると睡眠の質が下がることが知られています。寝る前はスマホやパソコンを控え、お風呂でゆっくりリラックスする、香りを楽しむ、お肌のお手入れやストレッチをするなどして快適な睡眠を誘う習慣を身に付けましょう。

ダイエットに食事制限は必要?

ダイエットには食事制限が欠かせません。ただし、好きなものを全く食べてはいけない、極端に量を少なくするといった極端な食事制限は必要ありません。食事は体に必要な栄養素を補うとともに一日に必要な水分の大半も食事から得ています。
そのため栄養バランスの取れた食生活は美容と健康には欠かせません。冷凍食品や外食などは味が濃く、塩分や糖分、油分の過剰摂取になることもあります。なるべくカロリー計算をして自分が1日に必要とする量だけ摂取するように心掛けましょう。夜9時以降の食事や夜間の間食は控え、暴飲暴食を防ぐことが大切です。

ダイエットに効果的な食物としては食物繊維の豊富な野菜がおススメです。野菜には便通や新陳代謝を活性化し、腸内環境を整える食物繊維だけでなく、肌や体の生まれ変わりを助ける各種ビタミン類なども豊富に含まれています。毎日食事の前にサラダやスープを食べるように心掛けると、1回に食べる量を苦労なく減らし、脂肪の吸収を穏やかなにすることができます。
量が少ないと物足りないと感じる人も多いかもしれませんが、時間をかけて良く噛み、ゆっくり味わって食べることで満腹感も得やすくなります。唾液の分泌も促進され胃もたれなどのトラブルも起こりにくくなるので食事をもっと楽しむことが可能です。

生理中のダイエットと注意点とは?

排卵後から生理中にかけて、女性の体は機能全体が低下するといわれています。卵胞ホルモンが低下し、不眠や抗うつ気分を引き起こし、気分がしずんでしまったり、不眠を引き起こしたりすることもあります。人によってはつらい生理痛や腰痛に悩ませることもあり、体がつらい状態です。
このような状態のときに無理をするのは禁物です。特に生理後期には骨盤を中心に血液の流れが悪くなるため、血行不良、栄養不足、冷えなどの症状が現れ、この時期にダイエットをしても思うような効果を実感できません。

生理中に必要なことはまずは体を温め血液の流れを改善し、体の冷えを取ることです。温かいお風呂にゆっくり浸かる、腰のストレッチやマッサージを行い、血行を促進するなどとともに体の代謝を高めましょう。冷たいものを避け、なるべく温かいスープや飲み物を飲むようにして、体を温めることが大切です。

ただしこの時期体を温めるためにアルコールを摂取してしまうと、新陳代謝の低下により普段よりアルコール分解能力が衰えているため悪酔いし、急性アルコール中毒に陥ってしまう危険もあります。生理中はアルコールの摂取は控え、胃腸に優しい食事を心掛けましょう。
生理中にもおススメの運動は腰痛や肩こりにも効果的なヨガですが、中でも体を温めながら行うホットヨガは生理痛の改善、冷え性の改善、ダイエット効果ともに高くおススメです。
生理1日目や2日目の痛みのひどいとき、貧血を起こしているときは無理をせず体を温めてしっかり休み、体のだるさ、むくみ、冷えを感じてくる生理後期から徐々に体を慣らしていきましょう。

ダイエット宣言で自分を追い込む!ダイエット仲間を作ろう!


ダイエットをこっそり始めようとしても周囲の理解がないとなかなか進まないことがあります。そういうときは思い切ってダイエット宣言をし、周囲の協力を仰ぎましょう。
毎日の食事を野菜中心のヘルシーなものに変えたり、外食を控えたりと家族全員の食生活を改善するきっかけにもつながります。どうしても外食が必要なときでも、ダイエットを応援してくれる周囲の人の目があれば自制心も働きやすくなります。
できればダイエット仲間を作り、どれだけやせたか報告しあったり、ダイエット法を一緒に試してみたりするとゲーム感覚で楽しくダイエット生活を続けられます。

また、思うようにダイエット効果が得られないときや、すぐにリバウンドしてしまうときは、ダイエット方法に何か問題がある可能性もあります。結果の出ないまま間違ったダイエット方法を続けていくとストレスがたまり、体に負担を掛けている場合もあります。病院やジムのコーチ、ダイエット仲間など客観的な目で判断してくれる人の協力が大切です。
正しいダイエットは正しい健康習慣から生まれます。健康的な食生活と運動習慣、睡眠習慣で生活を改善することでやせやすい体作りを目指し、目標体重、目標体型まであきらめずに努力することが大切です。

これだけは守りたい!危険なダイエットと安全なダイエットの見分け方とは?

様々なダイエット方法が存在する中で最も危険なのは短期間でやせることだけを目指した極端なダイエット方法です。例えば1か月間リンゴだけしか食べない、炭水化物を一切排除する、などの極端な食事制限のあるダイエット方法などは、体の生体維持に必要な栄養素が取れず、ときには生命の危険にさらされてしまうこともあります。

一時的に体重は減るかもしれませんが、すぐにリバウンドしたり、極端な栄養失調によって老化が加速したり、しわやしみの原因になってしまうこともあります。
ただ体重を落とすだけでなく美しく健康的にやせることがダイエットの目的です。そのためには体の免疫力と代謝力を引き上げ、やせやすい体作りをすることが一番大切です。

運動なしでも痩せられる!?簡単ダイエットベスト3

2016.07.28

ダイエットの成功確率をあげるには?おすすめサプリメントを使って効率的なダイエットを

2016.06.22

意外すぎる真実!アイスはダイエット中に最適なデザートって知ってた?

2016.03.30

低カロリーのコンビニデザートを利用して、ダイエットをストレスフリーに

2016.03.30
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!