糖質制限ダイエットのメリットとデメリット

LINEで送る
Pocket

糖質の摂取量を少なくしてダイエット効果を得る糖質制限ダイエット。少しの食事制限をすれば行うことができるので、続けやすそうですよね。継続性はダイエットをするにおいて重要であり、その意味では効果的だといえるのではないでしょうか。
しかし糖質制限ダイエットはいい点だけでなく、悪い点が存在するのもまた事実です。そこで糖質制限ダイエットのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのか紹介していくことにしましょう。

糖質制限ダイエットとは?

糖質ダイエットとは糖質の摂取量を少なくすることによって行うダイエットです。糖質が含まれている食べ物はいろいろありますが、日常的に食べるご飯、パンなどの炭水化物もその中に糖質が含まれています。主食であるご飯やパンの食べる量を減らすだけで糖質ダイエットができてしまうのです。
糖質制限がダイエットにつながる理由に糖質の働きがあるようです。

糖質を摂取すると体内でエネルギーになって消費されます。摂取した糖質と消費カロリーの量が同じであれば、すべてエネルギーになるので、体内に糖質が蓄積されません。
しかし摂取した糖質が消費カロリーよりも多いとすべてエネルギーにならず、一部体内に蓄積されてしまうのです。また糖質を摂取するとそれが血液中に流れて血糖値が上昇します。すると、すい臓からインスリンが分泌されて血糖値を抑えようとします。たくさん糖質を摂取すれば、それだけインスリンの分泌量も多くなるのです。

インスリンは体内に蓄積された糖質を中性脂肪に変える働きを持っています。そのため分泌量が多くなればそれだけ中性脂肪がつきやすくなって太ってしまうようなのです。
つまり糖質制限をすれば、糖質が体内に蓄積する量も少なくなり、インスリンの分泌量を減らせることになります。それによって中性脂肪の生成を抑えられてダイエットにつながるというわけですね。

糖質制限ダイエットのメリット


糖質をたくさん摂取すると血液中に含まれる糖の量が多くなり、血糖値が上昇してしまいます。血糖値を抑えるためにたくさんのインスリンを分泌しなければならないので、その分すい臓が疲弊してしまう場合があります。
すい臓が疲弊するとインスリンを分泌する力が弱まり、糖尿病になってしまう可能性も出てきます。

しかし糖質制限をすれば、摂取する糖質が抑えられ、インスリンの分泌量も少なくなります。それによってすい臓も疲弊することなく、糖尿病の予防にもつながるでしょう。糖質制限ダイエットは極端な食事制限をしなくていいこともメリットのひとつです。
ダイエットをする場合、少しでも早くやせたい思いから、過度な食事制限をイメージする人が多いのではないでしょうか。しかしこのダイエットは糖質の摂取量を少なくすることによって行います。そのためタンパク質や脂質など糖質以外の成分は通常通り摂取して問題ありません。

つまり糖質が含まれるご飯、パン、デザートの食べる量を少なくするだけで、肉や魚などのおかずは普通に食べることができるのです。このような食事制限であれば、それほど苦を感じることなくできますね。糖質制限ダイエットをすると食事の後、眠くなりにくいというメリットがあります。

食事をして糖質を摂取すると一時的に血糖値が上昇するので、すい臓から分泌されたインスリンがそれを抑えようとします。その影響で一時的に低血糖の状態になり眠くなってしまうのです。しかし糖質制限をすれば、インスリンが血糖値を下げる働きも少なくなり、低血糖の状態にもなりません。そのため食事の後でも眠くなりにくいのです。

糖質制限ダイエットのデメリット


糖質制限をすると糖質を摂取することを控えようという意識が働いてしまうのではないでしょうか。
それによって糖質の摂取量が過剰に少なくなり、低血糖になってしまう恐れがあります。低血糖になると気力がなくなったり、倦怠感が出てきたりしてしまいます。
またひどくなると発汗や動機などの症状が出て、最終的には痙攣や昏睡状態になる危険が生じるのです。

低血糖は人の命にも関わる症状なので、気を付けなければなりません。少なくとも過剰な糖質制限ダイエットは控えたほうがいいでしょう。糖質制限ダイエットをする場合、ご飯やパンなど糖質が含まれる食べ物を少なくし、肉や魚などのおかずの量を増やします。

肉や魚にはタンパク質が含まれているので、通常よりもタンパク質を取る量が増えてしまうのです。しかし牛肉や豚肉に含まれる動物性のタンパク質は脂質が含まれており、たくさん摂取すると血管に脂質が溜まってしまいます。これにより動脈硬化などの血管疾患になったり、心筋梗塞や脳梗塞を発症したりする可能性もあるのです。

またタンパク質の過剰摂取は腎臓にも負担をかけてしまうようです。体内で吸収しきれないタンパク質はアミノ酸で分解され、一部有毒な成分となります。
有毒な成分は肝臓で解毒され、その後腎臓に送られ、尿として排出されるのです。そのため摂取するタンパク質が多いとそれだけ尿を出すため、腎臓は働き続けなければならないからです。

それから糖質制限ダイエットのため、摂取量を少なくするご飯やパンは炭水化物です。炭水化物には糖質の他に食物繊維が含まれています。そのため糖質だけではなく、食物繊維の摂取量も少なくなるのです。
食物繊維には腸内環境を整え、便の排出を促す働きがあるといわれています。そのため食物繊維が不足すると便秘や大腸がんになってしまう可能性が出てきてしまうのがデメリットですね。

肌づくりは食べ物が大切! 美白成分豊富な食生活へ

2016.08.10

どうすれば効果が?炭水化物抜きダイエット

2016.06.20

美肌作りに欠かせない!今すぐ摂りたい驚くほど美容に効果的な3つの栄養素

2016.04.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!