初めての一週間ファスティング!スケジュールを教えて!

LINEで送る
Pocket

ダイエットで大切なのは、カロリーを控えるだけでなく、新陳代謝の活性化やデトックスを通して身体を内側から作り変えていくことです。効果的なダイエットとして注目を集めているのが、数日間絶食するファスティングダイエットです。

しかし、ファスティングには不安や疑問がつきもの。ルールを間違えると、身体へ負担をかけてしまう恐れもあります。安全に効果的なファスティングダイエットを行うために、知っておきたいポイントをご紹介します。

2日かけて減食していく!

絶食によって、身体をデトックスしながらダイエットするのがファスティングですが、突然絶食してしまうと、かえって身体に悪影響を及ぼしてしまいます。徐々に減食したのち絶食し、また徐々に食べる量を増やしていくのが正しい方法です。

そのため、1週間から10日程度の期間が必要であることを理解しておきましょう。徐々に減食していく準備期間は、2日ほどが目安です。準備期間に心がけたいのは、バランスの良い健康的な食事を摂ることです。

高タンパクや高脂質の食事は避け、野菜や穀物を素朴な調味料で味付けした食事を摂るようにしましょう。理想なのは和食で、薄味、柔らかく煮る、温かい食事にする、小分けで食べる、といったポイントを心がけましょう。

また、少しでも消化を助けるために食べ方にも気を配りましょう。なるべく野菜類から食べ始め、よく噛みながらゆっくり食事をすることがポイントです。準備期間のはじめは、食べ過ぎに気をつける程度で問題ありませんが、2日目に入ったら徐々に量を減らし、夕食はお粥などの柔らかいものを食べるようにします。

また、ファスティングに向けて胃腸の調子を安定させるために、20時頃までには夕食を終えるようにし、早めに就寝しましょう。食べた後すぐ寝ると、消化不良を起こしてしまって胃腸に負担がかかってしまいます。

準備期間の2日目、つまりファスティングの前日はこのように食事、就寝に気を配るほか、身体をリラックスさせるために、軽いストレッチやぬるいお湯をはった浴槽につかるなどもおすすめです。

ゆったり過ごそう!3日間の絶食期!


ファスティング期間は、固形物を口にしてはいけない期間です。水分補給は重要ですが、コーヒーやアルコールなどの刺激物は避けるようにしましょう。タバコもご法度のため、もし喫煙者である場合は、準備期間中に本数を減らしていくようにします。

ファスティング期間中に飲むのは、水や野菜ジュース、果物ジュースなどです。人間が1日に飲む必要のある水は2リットルであるため、この量を目安にして脱水症状を起こさないように気をつけましょう。

水を飲むときは胃腸を守るため、一気に大量を飲むのではなくこまめに少しずつ飲むようにします。また、冷えた水は胃腸に刺激を与えてしまうため、ぬるめのお湯を飲むことがおすすめです。

3日間のファスティング期間中には、空腹や美味しいものを食べたいという誘惑にかられるタイミングがあるでしょう。そんなとき、無理に我慢するとストレスにつながり、ファスティング後の過食によりリバウンドしてしまう可能性があります。

野菜ジュースや果物ジュースなどを楽しみながら、ファスティング期間を乗り切りましょう。ファスティング期間はデトックス期間でもあるため、ぬるめのお湯でゆったり全身浴や半身浴をしたり、軽くストレッチしたりなどして汗をかくこともおすすめです。

しかし、急激な運動をすると絶食中の身体に負担がかかってしまうため、体調をよくみながら無理のない範囲で身体を動かすようにしましょう。もし体調不良になった場合は、すみやかに医師に相談することが大切です。

残りの2日で徐々に復食!


準備期間やファスティング期間と同様に大切なのが、復食の期間です。復食に気を配らなければ、せっかく頑張ったファスティングの効果が半減してしまったり、身体の不調を引き起こしてしまったりします。ファスティング明けの1日目は、胃腸に負担の少ない重湯や柔らかめのお粥がおすすめです。満足感が少なければ、具のないお味噌汁をゆっくりと飲むようにしましょう。

続いて2日目は、固めのお粥や野菜中心のおかずを食べます。おかずは準備期間と同じく、柔らかく煮ること、薄めの味付けにすること、なるべく温かい食事を摂るようにすることがポイントです。野菜のほかに、豆腐やきのこなどもおすすめですが、肉や魚などの動物性タンパク質はまだ避けるようにします。

復食期間は油も避けるようにし、サラダを食べる場合もドレッシングはオイルフリーのものを選びましょう。復食期間は、このようにメニューに気を使う必要がありますが、さらに重要なのは量です。特にファスティング明けの1日目は、突然大量に食べてしまうと胃腸へ大きな負担がかかってしまいます。

なるべく少量ですませ、お腹が空いたら食事の合間に野菜ジュースや果物ジュースを飲むようにしましょう。ファスティング後、2日間の復食期間を経れば、通常の食事に戻すことができます。

しかし、いきなり油ものを食べるのではなく、復食期間の延長で消化しやすい食事を心がけながら、徐々に食事のリズムやメニューを元に戻していくようにしましょう。

ファスティングのポイントをしっかり押さえたうえで、身体に負担をかけない絶食・復食を行っていくことが大切です。

酵素玄米でダイエット!正しいやり方は?

2017.01.20

話題の置き換えダイエット!あなたならどの食品を選ぶ?

2017.01.04

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!