初めての断食ファスティング!成功する秘訣を教えて!

LINEで送る
Pocket

ファスティングダイエットとは、数日間断食することで胃腸を休めたり摂取カロリーを控えたりして、デトックスするダイエット方法です。
すぐ効果が現れるダイエットとして人気ですが、断食をしたことがない人にとっては不安もあるのではないでしょうか。

ファスティングでは、準備期間と断食期間、回復期間があり、それぞれに気をつけるべきポイントがあります。ファスティングにチャレンジする前に知っておきたい、成功の秘訣や注意すべきポイントをご紹介します。

陥りがちなファスティングの落とし穴!

ファスティングダイエットを実行するには、1週間前後かかります。実際に断食するのは短くて1日、長くて3日ほどですが、断食期間と同じ日数、準備期間と回復期間が必要です。そのため、1日断食する場合はそれぞれ1日、3日断食する場合はそれぞれ3日、準備期間と回復期間を設けます。

このように、比較的長期戦となることがあるファスティングダイエットでは、途中で誘惑が襲いかかり、うっかりリバウンドしてしまうことがあります。準備期間は、身体に優しく消化に良い食事を摂りながら、断食に向けて身体のコンディションを整えていきます。

このときはダイエットに向けて高いモチベーションがあるため、食事の調整もさほど負担にはならないでしょう。しかし問題は、断食中と回復期間です。断食期間は固形物だけでなく、コーヒーやアルコール類などの刺激物も避ける必要があります。

特に3日間のファスティングを行う場合、途中でこれらのものを飲食したい誘惑にかられ、断食を中断してしまうといったことがあります。また、断食期間を乗り越えても、その後の解放感から暴飲暴食をしてリバウンドしてしまうというリスクも。

実はファスティングダイエットでは、断食中だけでなく回復期間が重要です。回復期間は準備期間と同じような食事を摂りながら、ゆっくり胃腸の活動を戻していく必要がありますが、つい好きなものばかりたくさん食べてしまうと、胃腸に負担がかかるだけでなく、せっかくのダイエット効果が消えてしまうリスクがあるのです。

ツライ断食中はどうやって乗り越える?


断食期間は、短くて1日、長くても3日です。ファスティングに慣れていない初心者の場合は、1日のプチ断食から始めてみると良いでしょう。断食中のルールは、固形物を摂らないこと、コーヒーやアルコール類などの刺激物を摂らないことです。その代わりに、水分補給は重要となります。

人間は1日2リットルの水分を必要とするため、水分補給まで我慢してしまうと、脱水症状になり身体に危険が及びます。必要な水分を摂取するため、空腹感を紛らわすためにも、こまめな水分補給を心がけましょう。

空腹感に耐えられなくなったら、水だけでなく野菜ジュースや果物ジュースを飲むこともおすすめです。また、温かい紅茶やハーブティーも、リフレッシュになるでしょう。動物性脂肪の入っている牛乳や、カフェインの多い緑茶は避けたほうが無難です。

このように、断食中に空腹感や食欲を覚えたら、飲み物で代用しながら乗り越えていくことになりますが、家族や友人からの食事の誘いなど、外から思わぬ誘惑がやってくることもあります。こんな事態を避けるためには、事前に周囲の人々にファスティングを行うことを伝え、協力を得るようにすることがおすすめです。

どうしても空腹に耐えられない場合、早めに就寝することもひとつの手段です。ファスティングは単に摂取カロリーを減らすだけでなく、新陳代謝を促進する目的もあります。長めの睡眠によって新陳代謝が促進されるため、ゆっくり眠ることはファスティング効果をしっかり実現させるためにも大切なことなのです。

最後が肝心!リバウンドしないために…


断食期間を終えて、解放感や反動で好きなだけ飲み食いしてしまうと、あっという間にリバウンドしてしまいます。ファスティングで最も重要なのは、断食後の回復期間です。断食中にゆっくり休めた胃腸に負担をかけないよう、回復期間には消化しやすい食べ物から少しずつ食べ始めます。

断食直後の最初の食事は、重湯がおすすめです。もし物足りなければ、具が入っていない味噌汁をゆっくり飲むようにしましょう。2回目の食事では、お粥やおじや、野菜を食べます。野菜は準備期間と同じく、消化しやすいように柔らかく煮込み、味付けは薄めにし、刺激のある調味料は避けましょう。

油を使った料理や肉、魚はまだ我慢してください。肉、魚に含まれる動物性脂肪は消化しにくい成分のため、胃腸に刺激や負担を加えてしまいます。また、もし甘いものが食べたくなったら、果物やヨーグルト、ゼリーなどがおすすめです。

このように、回復期間中は胃腸に負担をかけないよう気を配りながら、食事のリズムを整えていきましょう。1日の断食なら回復期間は1日、3日の断食なら回復期間は3日です。回復期間が終われば好きなものを食べて問題ありませんが、リバウンドしないよう、過食や高カロリーには引き続き気をつけましょう。

ファスティングは手軽にデトックス効果やダイエット効果が得られますが、リバウンドの危険性も潜んでいるため、ポイントをしっかりおさえて取り組むことが大切です。過剰にストレスを溜めすぎると反動で過食してしまうため、身体に良い飲み物を用意して、楽しみながらファスティングしてみましょう。

酵素玄米でダイエット!正しいやり方は?

2017.01.20

酵素ドリンクで断食!効果を期待するなら正しいやり方で

2017.01.06

美容力の相乗効果!酵素と乳酸菌の同時摂取でつくる美しい体

2016.05.05
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!