ダイエット中におすすめ!おからクッキーの作り方と効果

LINEで送る
Pocket

グルメ番組などにつられて美味しいものをたくさん食べる毎日、気がつくとお腹回りに脂肪が……。急にダイエットを始めても、空腹感や味気無さに挫折してしまう人も多いでしょう。
そのようなときにおすすめなのが、おからクッキー。おからは豆腐を搾ったときに出るもので、低カロリーの食品です。脳の機能を高めるレシチンやタンパク質が含まれていて栄養的に優れています。クッキーの噛みごたえも、ダイエット中に感じる物足りなさを解消してくれます。

おからクッキーを上手に取り入れてダイエットを無理なく続けましょう!

ダイエット中でもお菓子が食べたい!

お腹回りのサイズは成人病などのリスクの目安にもなるので、ダイエットを意識する人は多くなっています。また女性は好きなファッションを着こなすためや、スタイル維持のためにダイエットをする人が少なくありません。

ダイエット中に食事制限をする場合でも水分は必要になるので、比較的飲み物は多く摂るようになります。ところが固形物の摂取が減って物足りなさが残るため、次の食事で食べ過ぎてしまうなどのリバウンドが起こることがあります。また極端な食事制限をしていると必要な栄養素が摂れないために、本能的に身体が栄養を要求し甘味が欲しくなることもあります。そのようなときにクッキーが食べられたら、ダイエットを無理なく続けることができるのではないでしょうか。高カロリーの甘いクッキーでは意味がないので、ダイエット中におすすめなのはおからを使ったクッキーです。

炭水化物は糖質と食物繊維からできています。おからは糖質の量が少なく、普通のクッキーの3分の1くらいになります。またGI値が高いと肥満の一因になりますが、おからはGI値が低いので血糖値の上昇が緩やかで腹持ちも良いといえます。おからクッキーは噛みごたえもあり、よく噛んで食べることで満腹感も得られやすくなります。

おからクッキーを選ぶときには、食品添加物が入っていないものや個包装のものを選ぶといいでしょう。自分で作れば経済的で甘味の調節などもできるうえに好みの材料を使って作ることができるので、ダイエットを続けるためには手作りするのも良い方法です。

おからクッキーにはこんな効果がある


おからは豆腐から豆乳を絞ったときに出るものですが、昔から安価に出回っています。油揚げや椎茸、人参などと一緒にダシと調味料で味付けして炒ると、卯の花という料理になります。食物繊維やリノール酸を多く含み、脳の記憶力を高めるとされるレシチンも含まれている栄養価の高い食品です。

おからクッキーにも低カロリーだけではない効果があります。ゴボウの2倍ともいわれる食物繊維には、便秘解消の効果が期待できます。またオリゴ糖が含まれているので野菜不足による便秘の人にもおすすめです。おからには大豆イソフラボンやミネラルなども含まれているので、女性に嬉しい美肌効果も期待できます。

おからの大豆ペプチドは基礎代謝を上げて脂肪を燃焼する成分で、ダイエットに効果的です。カルシウムも含まれていてダイエット中のイライラ感を軽減してくれる効果もあり、低カロリーのうえに栄養満点であるおからクッキーはダイエット中でも安心して食べることができます。

ただ、美味しいからといって食べ過ぎは禁物です。置き換えダイエットなどで夕食の代わりに、おからクッキーをたくさん食べてはダイエットになりません。反対に固くて不味かったのでやめてしまったという人は、手作りで自分好みのクッキーにすればいいでしょう。材料を工夫したり、何種類か味を変えて作ったりすることで飽きずに続けることができます。
ダイエットは続けることが大切なので無理はしないようにしましょう。

おからクッキーの作り方


ダイエット中には手作りのおからクッキーを上手に取り入れるなどして、無理のないダイエットをしたいものです。

基本的なおからクッキーの作り方は、生のおから50g、無調整の豆乳または牛乳大さじ1、はちみつ大さじ2分の1をよく混ぜてから、一口大にちぎって丸め180度のオーブンで約18~20分焼きます。ハチミツときな粉のおからクッキーは、おから100g、小麦粉70g、きな粉20g、煎りゴマ10g、ベーキングパウダー小さじ2分の1、はちみつ30gを良く混ぜ合わせて形成し180度のオーブンで約20~22分焼きます。どちらも砂糖をオフしたい人向けのクッキーで、砂糖を入れていなくても優しい甘味があり満足感を得られます。

シンプルなおからクッキーのレシピとしては、生おから250g、砂糖70gをこねて丸め薄く伸ばして160度のオーブンで30分、カリッとなるように焼きます。また、おから100gにバナナ1本を加えて混ぜ、小さく丸めて薄くつぶし180度のオーブンで好みの硬さになるように焼くという超シンプルなレシピもあります。

このように小麦粉の代わりにおからを使い、バターなどの油脂類を使わないことで低カロリーのクッキーになります。ココアや抹茶、グラノーラを使うなどすれば味に変化がつき、ダイエットも長続きするかもしれません。栄養価の高い自分好みのおからクッキーを上手にダイエットに取り入れて、無理なく楽しいダイエットライフを送りましょう。

参考サイト(外部)
参考URL
参考サイト(外部)
参考URL

女性におすすめ!美しく綺麗に痩せれる豆腐ダイエット!

2017.04.10

コスパ最強!?米ぬかでキレイを手に入れる!

2016.05.10

ストレスを溜めずに長続き!美しく痩せることができる置き換えダイエット

2016.03.24
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!