ダイエットの強い味方!腹持ちの良い食品の選び方

LINEで送る
Pocket

ダイエットで急激な食事制限をすると、ダイエットをやめた後、すぐにリバウンドしてしまう可能性があります。また、食べる量が極端に少ない場合は空腹と戦わなければなりません。

ダイエットは、無理のない方法が長く続けられますし、できれば健康的に痩せたいものです。さらにダイエットの敵である、空腹の悩みの解決には腹持ちの良い食品を選ぶことが大切です。ダイエットの味方といえる食品にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

腹持ちの良い食品を食べて空腹感を押さえよう

ダイエットの味方ともいえる腹持ちの良い食品を選ぶことで、空腹の辛さを乗り越えることができます。腹持ちが良いとダイエット中にありがちな空腹時のイライラ感を抑えることができます。空腹感を感じると動くのも億劫になり、仕事や家事、勉強になかなか集中できないといった悩みがある方にもおすすめです。

腹持ちの良い食品を食べることで、ダイエットにもよい影響を与えることがあります。なぜなら、腹持ちの良い食品の特徴のひとつとして、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあるからです。一方、血糖値がすぐに上昇する食品は、すぐにお腹がいっぱいになるのですが、短時間で血糖値が下がってしまうのですぐにお腹が空いてしまうという特徴があります。

この血糖値の上昇のスピードとダイエットにはどのような関係があるのでしょうか。実は、血糖値がゆるやかに上昇していく腹持ちが良い食品は、急激に上昇していく食品よりも体に脂肪がつきにくいという傾向があります。そのため、腹持ちが良い食品は、ダイエット中の空腹感を抑えつつ、同時に脂肪の蓄積も防いでくれるのでダイエットに適しているといえます。

このような血糖値の上昇がゆるやかな食品を低GI食品といいます。聞いたことがある方も多いでしょう。ダイエットでは摂取カロリーを気にすることもありますが、同じカロリーでも低GI食品を選んだほうが脂肪はつきにくいので毎日の生活に意識的に取り入れると空腹感も感じにくく一石二鳥です。

低GI食品を選ぶのがおすすめ

腹持ちが良く、血糖値の上昇がゆるやかといわれる低GI食品は、脂肪がつきにくい体をつくります。高GI食品は血糖値の上昇が激しく、脂肪を蓄積しやすい体になりやすいです。

9 (3)

高GI食品は主に炭水化物に代表されるような、毎日食べているお馴染みの食品です。主食の米、パン、麺類などは高GI食品に分類されます。炭水化物だけでなく、肉や魚、卵などに代表されるたんぱく質の食品や、油の多い食品なども含まれます。

しかし、高GI食品だからといって敬遠していると食べられるものが極端に少なくなってしまいますし、偏食になる可能性もあります。そうなると健康な体を維持しながらダイエットをすることが難しくなってしまうでしょう。そのため、ダイエット中でも炭水化物やたんぱく質は食生活に取り入れなければなりません。

では、具体的に何を食べたらよいのかと考えてしまいますが、心配しなくても大丈夫です。毎日の食生活の中で、低GI食品を選ぶようにするとよいでしょう。実は同じ炭水化物でも高GI食品と低GI食品があるのです。

炭水化物はすべてダイエットの大敵と敬遠するのではなく、低GIの炭水化物を含む食品を食べるようにすることで腹持ちがよくなりますし、ダイエットの味方になります。腹持ちがよいだけでなく、低GI食品は血糖値の上昇をゆるやかにして脂肪をためない体づくりができます。ダイエットをするうえで意識しておきたいのが、このGI値といえるでしょう。

低GI食品にはどのようなものがある?

ダイエットの強い味方、低GI食品ですが、どうやって高GI食品との見分けをすればよいのでしょうか。参考にしたいのが主食である炭水化物です。同じお米でも精米している白米は高GI食品で、玄米は低GI食品です。確かに玄米は白米よりも硬いのでよく噛まなければいけないですし、腹持ちが良いと思いませんか。さらに玄米は食物繊維も豊富です。

同様に小麦粉を含む食品であれば、パンやうどん、ラーメンなどをよく食べる方も多いでしょう。これらは高GI食品に分類されるのですが、白いパンではなく、全粒粉パンやライ麦パンは低GI食品になります。こちらも玄米と同じで全粒粉パンやライ麦パンは食べ応えがあります。うどんやラーメンなど麺類が好きな方は、そばに変えてみることがおすすめです。

このように同じ炭水化物であっても、低GI食品があります。たんぱく質で低GI食品の代表格といえるのは大豆製品です。また、どうしても甘いものが我慢できないという方もいるでしょう。

フルーツで低GI食品といえば、バナナ、オレンジやりんごです。低GI食品は案外身近にありますので、日常の食生活に比較的簡単に取り入れられるのではないでしょうか。

主食に取り入れるだけでなく、空腹感を感じたときの間食にも低GI食品を取り入れてみましょう。低GI食品は腹持ちがよいので、ダイエット中の空腹感を抑えてくれますし、体に脂肪をつきにくくしますので太りにくい体をつくってくれます。

ダイエット中におすすめ!おからクッキーの作り方と効果

2017.04.12

おいしくしっかり痩せる!酵素ゼリーの効果と食べるタイミングについて

2017.03.06

酵素玄米でダイエット!正しいやり方は?

2017.01.20

美容効果が抜群の優秀な間食とは!?

2016.04.06
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!