運動が汗の臭い対策になるのは何故?運動不足で汗が臭くなる理由とは

LINEで送る
Pocket

汗をかくと、臭いが気になりますよね。臭いが気になるため、汗をかかないように、なるべく運動をしないという人もいます。しかし実際には、運動をしないと余計に汗が臭くなってしまうことがあるのです。

汗は運動をしなくてもかきます。ですから、運動をすることによって、臭わない汗にすることこそが大切なのです。

そこで今回は、運動不足で汗が臭くなる理由と、汗の臭い対策に有効な有酸素運動や入浴などについて、わかりやすく解説します。

運動不足で汗が臭くなるのはどうして?

運動することによってかく汗は、主に、エクリン腺と呼ばれる汗腺から出ます。エクリン腺から出る汗はほとんどが水分のため、臭いも少なくさらさらな状態です。この汗は肌に優しい弱酸性であり、臭いの元となる雑菌も発生しにくいという特性があるのです。

エクリン腺から出る汗には、水分以外にミネラルなども含まれていますが、汗腺にはこれらの成分を再吸収するという働きがあります。ところが、暑い時期にはエアコンの効いた室内にいて、運動もほとんどせず汗をかく習慣がないという人は、この汗腺の機能が衰えてしまうのです。ミネラル分などの成分が再吸収されないため、汗は粘つくようになり、またアルカリ性の性質を持ちます。

アルカリ性の粘つく汗は、臭いの元となる雑菌を活発に働かせる要因となってしまいます。運動不足のうえに、エアコンの効いた室内にじっとしているような状態が続くと、汗腺は徐々に機能を弱め、本来はさらさらの汗を出すはずのエクリル腺から、雑菌を繁殖させる粘つく汗が出やすくなってしまうというわけなのです。

もうひとつ、汗が臭くなる原因として、アポクリン腺からの汗の臭いが考えられます。アポクリン腺とは、ワキガの原因ともなる粘つく汗を出す汗腺です。運動不足によりエクリン腺からの汗が出にくくなると、アポクリン腺からの汗の量が増える傾向にあるとされています。運動不足によりアポクリン腺からの汗が増え、結果としてワキガなどの臭いがきつくなるおそれもあるのです。

汗の臭い対策には有酸素運動が効果的!


有酸素運動とは、負荷の軽い運動のことです。一般的には、会話を交わしながらできる程度の運動といわれます。ウォーキングやジョギング、水泳などが有酸素運動の代表格でしょう。サイクリングなどもまた、効果的です。有酸素運動を行うことにより、汗腺は活発になり、汗をかきやすくなります。エクリン腺は本来の働きを取り戻して、さらさらな良い汗をかけるようになるでしょう。

また、有酸素運動を一定の時間続けることで、血液中の脂肪酸を減らせるというメリットもあるとされています。脂肪酸は、いわゆるオヤジ臭や臭い汗などの原因のひとつとされる物質。この脂肪酸が減ることで、汗が臭うことを防ぐ効果が期待できるのです。脂肪酸を減らすには、有酸素運動を一定時間継続することが必要です。したがって、少なくとも30分程度は続けるようにしましょう。

以上のように、有酸素運動は汗の臭い対策に有効ですが、やりすぎには注意が必要です。特にジョギングや水泳などの場合、強度を上げ過ぎると有酸素運動を超えて無酸素運動になってしまいます。無酸素運動とは、酸素を使わない強度の強い運動のことです。無酸素運度を行うと乳酸が増加して、汗の中のアンモニアが増え、臭いの原因となってしまうおそれがあるのです。

そのため、ジョギングや水泳をやるときには、張り切りすぎず、軽く汗を流す程度の運動にとどめるようにしましょう。息が上がるような運度は、一定時間継続することが難しいですし、臭い対策としても効果が期待できません。

入浴で汗腺を鍛えるのもおすすめ


良い汗をかくには、汗腺を鍛えることが大切です。そのためには、有酸素運動などで汗をかくことも有効ですが、入浴によって汗をかく方法もおすすめです。入浴は、全身にまんべんなく汗をかかせてくれるので、全身の汗腺を活発化するのに効果的なのです。全身を均一に温めるためには、入浴をシャワーだけで済ませるのではなく、しっかりと湯船につかるようにしてください。10分から15分程度はお湯に浸かるようにしましょう。その程度の時間お湯に浸かっていると、じんわりと汗をかき、汗腺が活発化します。

入浴は汗腺を鍛えるとともに、皮膚表面の温度も上げてくれます。すると、脂肪を分解してくれる酵素であるリパーゼも活性化されるため、さらなる効果も期待できるのです。また入浴後、汗をかいたからといってエアコンで身体を冷やすのはやめましょう。せっかく開いた汗腺が閉じてしまいます。汗はタオルで拭き取る程度にして、自然に引くのを待つようにします。

入浴以外に、サウナなどを利用するのも良い方法です。サウナを利用する際は、スチームサウナではなく乾燥サウナを利用するようにしてください。より効果的に汗をかくことができます。サウナに入ったあとは水風呂につかるのではなく、自然に汗を引かせるようにしてください。

汗は誰でもかくものです。ですから、汗を止めることによって臭いを防ごうとするのではなく、運動や入浴などにより汗腺を活発化させて、さらさらの臭いのない汗をかけるようになりましょう。

汗の臭いがきつくなるのは理由は?汗が臭くなる生活習慣セルフチェック

2017.04.15

同じ汗でも臭いが違う!?汗の種類と特徴について

2017.04.13

有酸素運動に無酸素運動!運動習慣の素晴らしき美容効果とは

2016.07.05

”汗ばむ運動”は美容に嬉しい効果?

2016.05.09
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!