乳酸菌の冷凍は大丈夫?冷凍ヨーグルトに迫る!

LINEで送る
Pocket

大型冷蔵庫の登場にともない、冷凍室のスペースも広くなりました。そのため、料理をまとめてつくって保存するなど、冷凍室の効率的な利用が可能です。食品が安いときにまとめ買いできるメリットも注目されています。その一方、冷凍室を過信しないことも大切。冷凍保存する前には、冷凍に適した食品かどうかを確かめることも必要ですよね。

ここでは、乳酸菌を含む食品の一つ「ヨーグルト」の冷凍保存や活用方法について、その注意点なども含めてまとめました。

乳酸菌は冷凍してもだいじょうぶ

美肌づくりや整腸作用などで注目される乳酸菌。ヨーグルトは乳酸菌を含む食品の代表的な存在です。乳酸菌にはいろいろな種類があり、体によい働きがあることはテレビCMなどを通じて知っている人も多いでしょう。そのため、乳酸菌をヨーグルトで摂取するときは、自分の好みや目的に応じた商品選びをおすすめします。

ヨーグルトは冷蔵保存した上で、消費期限内に食べることが大切。また、開封後は、消費期限内でも早めに食べ切る必要があります。もし、未開封のヨーグルトが残りそうなときは、消費期限内に冷凍保存に踏み切ることをおすすめします。

そこで気になるのは、ヨーグルトの冷凍保存が可能かどうかです。また、ヨーグルトの冷凍保存によって、乳酸菌がどうなるかが心配ではないでしょうか。結論から言うと「乳酸菌は冷凍してもだいじょうぶ」ということです。実際、メーカーや研究所などで乳酸菌の長期保存が必要なときは冷凍保存しているようです。

乳酸菌は0度以下の環境では休眠状態になります。つまり、ふだん行っている活動を停止しているものの、乳酸菌自体は生きているのです。動物の冬眠にたとえるとイメージしやすいのではないでしょうか。乳酸菌は活動可能な温度に戻ると活動を再開します。すべての乳酸菌が生きているわけではありませんが、乳酸菌が持つ腸内環境改善などの働きには支障がないといわれています。

このように、ヨーグルトは冷凍保存をしても問題ありません。ただし、消費期限内に冷凍するほか、冷凍保存期間は未開封の状態で1カ月が限度だと考えましょう。小分けしたり、手を加えたりして冷凍する場合などは、2~3日以内に食べることが大切です。

冷凍保存したヨーグルトでオリジナルスイーツを楽しもう!

ヨーグルトを冷凍することで、ふだんは味わえないヨーグルトの食べ方が楽しめます。いわゆる「フローズンヨーグルト」ですが、低カロリーでヘルシーなことから、専門店の存在も注目されています。自宅でヨーグルトを冷凍保存すると、フローズンヨーグルトのオリジナルスイーツを楽しむことができるのです。

大容量のヨーグルトは小分けしてから冷凍することがポイントです。食べやすくするためには、製氷皿や小さい容器(いずれもフタ付きで清潔なもの)を使うとよいでしょう。アイスキャンディーの型を使うと、キャンディーバーとして楽しめます。フリーザーバッグに入れて凍らせた後、手でもみほぐすとシャーベット状になります。それをグラスに入れると「フローズンドリンク」がつくれます。

冷凍したヨーグルトをスイーツに使うためには、糖分を加えてから冷凍することがおすすめ。そうすることで、水分だけが先に凍るのを防げるため、食感がよくなるほか、甘みを感じられるメリットも。特に、無糖タイプのヨーグルトを冷凍保存するときは参考にするとよいでしょう。甘味料には、砂糖やハチミツなどの天然甘味料が適しています。冷凍すると甘みを感じにくくなるため、糖分を多めにすると美味しくなるでしょう。

ヨーグルトを冷凍するときは、缶詰のフルーツのほか、薄い砂糖水などで煮たフルーツを加える方法もあり、食感だけでなく彩りを楽しむことができます。また、ヨーグルトを食べるときは、器に入れてからフルーツソースをかけたり、フルーツや生クリームをトッピングしたりしてもよいでしょう。

解凍するときや食べるときは衛生面にも十分注意を!

ヨーグルトを冷凍保存すると、本来の食感を再現することはできなくなります。その理由として、ヨーグルトに含まれる「カゼイン」という乳タンパク質の働きが関係しています。カゼインの存在によって、ヨーグルトがドロッとして固まるのです。

ただし、ヨーグルトを冷凍保存すると、カゼインの隙間にある水分の体積が大きくなります。また、解凍することで水分が抜けていきます。その結果、ボロボロした食感になることを知っておきましょう。もちろん、品質的には問題ないので、食感が気にならない人は、そのまま食べてもよいですね。料理に入れる場合も差し支えないでしょう。ただし、解凍後は速やかに食べ切ることが大切だといえます。

ヨーグルトを解凍するときは、冷凍室から冷蔵室に移してゆっくり行うことがポイント。半解凍の状態で混ぜるとシャーベットのような食感を楽しめます。解凍を急ぐときは電子レンジを使う方法もあります。しかし、加熱しすぎないように注意しましょう。解凍には適さないとの声もあるため、できれば電子レンジは使わないほうが賢明。ヨーグルトを解凍するために冷蔵室に移したことを忘れないことも大事です。もし、少しでも不安に感じたときは、思い切って廃棄することをおすすめします。

美容と健康づくりに役立つヨーグルトは、乳酸菌の摂取ができる食品としても注目されています。ヨーグルトを「フローズンヨーグルト」として楽しむためにも、衛生面には十分注意しましょう。

夜にヨーグルトを食べるだけ!ストレスフリーなヨーグルトダイエット方法!

2017.04.14

ヨーグルト選びのポイントとは!?やっぱり乳酸菌?

2016.11.21

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19

とりすぎはNG! 乳酸菌の効果を高める方法とは?

2016.08.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!