乳酸菌を食べ過ぎても大丈夫?副作用はある?覚えておきたい注意点

LINEで送る
Pocket

便秘や下痢の症状を改善する整腸作用や、腸内環境を改善して免疫を活性化する作用があるともいわれる乳酸菌ですが、食べ過ぎたとしても副作用はないのでしょうか。また、ヨーグルトやチーズなどの乳製品や漬け物、味噌など食品の中に発生している乳酸菌は自然由来であり身体にもやさしそうですが、はたしてサプリメントは安心できるのでしょうか?

今回は、そんな乳酸菌の副作用などについての安全性や注意すべき点を、わかりやすく解説します。

乳酸菌は大丈夫でも、乳製品はダメ?まずはアレルギーをチェックしよう!

乳酸菌が身体に害を及ぼすことは、ほぼありません。ただし乳酸菌を含む食品の代表格としてあげられるヨーグルトやチーズなどの乳製品は、人によっては注意する必要があります。乳酸菌自体に問題があるというよりも、乳製品そのものが問題になる場合があるからです。乳製品にアレルギーのある人の身体は、体内に入った乳製品をアレルギーの原因物質であるアレルゲンとみなして、ヒスタミンなど炎症物質を放出します。

この炎症物質によって、じんましんが発生したり、くちびるが腫れたり、ひどいときには喘息や呼吸困難などを引き起こすこともあります。場合によってはアナフィラキシーショックといって、命にかかわる重篤なアレルギー反応を起こしてしまうことさえあるのです。

乳製品に含まれる乳糖で下痢の症状を起こす人もいます。この症状は乳糖を分解するラクターゼという酵素が少ないことが原因で起こります。ラクターゼは生まれつき持っているものなのですが、加齢などが要因となり、徐々に減っていってしまうのです。

以上のように、乳酸菌は大丈夫でも乳製品がダメな場合もあるので、乳酸菌を乳製品で摂りたい場合、まずは乳製品にアレルギーがないかをチェックしておきましょう。またアレルギーがなくても下痢症状になる人もおり、その状況は加齢などによっても変わります。

したがって乳製品を摂ることにより、お腹の調子が悪くならないかということも確認してみる必要があります。乳製品のヨーグルトがダメだった場合は、豆乳ヨーグルトを利用するという方法もありますので、検討してみましょう。

乳酸菌サプリや乳酸菌飲料の過剰摂取は副作用につながる?

乳酸菌サプリは薬ではありません。したがって体内に取り込んだからといって副作用は発生しませんし、過剰に摂取したからといって不具合を起こすということもないでしょう。また乳酸菌は、ほとんどの場合、腸にたどり着く前に死滅してしまうともいわれています。したがって過剰に摂ったとしても、腸内で増えすぎてしまうという心配もないのです。

逆に死滅してしまうのなら健康になる効果もないのでは?と思われがちですが、死んでしまった乳酸菌自体も腸内細菌のエサになり整腸する作用もあるので、無駄になることはありません。生きている乳酸菌も死んでいる乳酸菌も効果は変わらないという研究結果もあります。また乳酸菌によっては、生きたまま腸内に到達するものもあります。

以上のことから乳酸菌サプリを過剰に摂取しても副作用につながることはほとんどないと考えてよいでしょう。しかし乳酸菌を摂る上では、同じ種類のものをたくさん摂取するよりも、さまざまな種類のものを摂ってみることをおすすめします。なぜなら、人によって効果のある乳酸菌が違うといわれているからです。

特に乳酸菌を摂り始めたうちは、いろいろな乳酸菌の入ったサプリメントや乳酸菌飲料などを試してみましょう。その上で、乳酸菌ごとの効果の違いを実感してみるのです。そうすれば、自分に合った乳酸菌が見つかる可能性が高くなります。

また乳酸菌には、整腸作用に強みがあるもの、インフルエンザへの効果が期待されているもの、花粉症を緩和する効能があるとされているものなど、さまざまな種類のものがあるので、自分の求めている機能を持つ乳酸菌に絞って試してみるのもよいのではないでしょうか。

乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌以外の成分にも気をつけて

乳酸菌に副作用はありませんが、サプリメントに含まれるほかの成分にも目を向ける必要があります。どんなサプリメントであれ、人体に悪影響のある成分が使われているはずはありません。しかし、食べ物がそうであるように、人によってはアレルギーを起こしたり、また食べ過ぎるとよくないものが含まれていたりする恐れはあります。

サプリメントを飲む際は、まずどんな成分が含まれているのかをきっちりと確認することです。なんという乳酸菌が含まれているのか、その乳酸菌の働きはどういったものなのか、ということも大切ですが、それ以外の成分の名称や影響も確認してみてください。

たとえばサプリメントや飲料などに含まれていることも多いオリゴ糖は、食べ過ぎるとお腹がゆるくなってしまうという症状を起こすことがあります。甘味料が入っている製品ならば、過剰に摂取すると体重を増やす原因になってしまうかもしれません。虫歯に対する影響も考慮する必要があるでしょう。大切なのは、飲もうとしているサプリが自分に対してどういった影響を及ぼすのかをきちんと考えることです。

また飲んだ後の身体の状態も確認しましょう。あまり効果が見られないのならば、ほかの製品に替えた方が良いということもあります。お腹がゆるくなるのならば、自分に合っていないということも考えられるでしょう。

乳酸菌は整腸作用や免疫の活性化が期待できる有益な菌です。乳酸菌自体には副作用はなく、乳酸菌サプリも摂りすぎなければ、とくに問題を起こすこともないでしょう。自分の求める効果をもたらしてくれる、自分の身体に合った乳酸菌サプリを探して、健康な生活を送ることに役立てましょう。

参考サイト(外部)
お母さん由来の乳酸菌「クリスパタス菌KT-11株」:アレルギージャーナル

乳酸菌はサプリでいつでもどこでもがマル!

2016.10.28

効果は実感できた?乳酸菌のサプリ

2016.10.21

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19

とりすぎはNG! 乳酸菌の効果を高める方法とは?

2016.08.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!