ファスティングの成否は復食がにぎっている?おかゆの力でダイエットを成功させよう

LINEで送る
Pocket

ファスティングで重要なのが復食です。ここで手を抜いてしまっては、せっかく行ってきたファスティングが台無しになってしまうこともあります。

ファスティング後の復食にはおかゆを摂ることを推奨している情報が多いですが、それはなぜでしょうか。おかゆの持つパワーがダイエット効果を高め、適しているのが理由のひとつのようです。ファスティング後の復食の重要性と、おかゆを食べることで期待できる体への効果について説明しましょう。

ファスティング後の復食とは?

ファスティングとは、わかりやすくいうと断食のことです。断食というと、何日も食べ物を全く口にしないやり方をイメージするかもしれませんが、そこまで厳しいものではありません。ファスティングは主に1〜3日間程度の軽いものを指します。

1日の場合でも完全に食事を抜いてしまうのではなく、酵素ドリンクや野菜ジュースなどを3食代わりに摂って、それ以外をほかの水分で補うというやり方が一般的です。3日間のファスティングという場合であれば、1日の中で2食を酵素ドリンクや野菜ジュースなどに置き換えるというやり方も多く、プチ断食と考えればいいでしょう。

実施する日数に関係なく、ファスティング後には通常の食事に戻すために軽い食事を摂るのですが、これを復食といいます。ファスティングを行うと内臓を休めることができます。食べ過ぎが続いたときや身体に疲労が蓄積されているときには、内臓機能も低下しがちなのでファスティングで休めることは大切ですが、ほかにも身体に良い理由があります。普段は食べ物を消化することを優先している消化器が、体内に蓄積された老廃物を排出するのでデトックス効果に期待ができるのです。

老廃物や不要なものを排出すると、臓器の機能も回復されて肌もきれいにしてくれるので、美容への影響も期待できます。ファスティング後は内臓がしっかり休んで吸収しやすい状態になっていますから、ここで何を摂るかが重要なのです。せっかく内臓を休めてきれいにしたところに油っぽい食事を取ってしまうと、しっかり吸収してしまうことになります。

体にやさしい!ファスティング後はおかゆパワーを

ファスティングを行うときには、行った後の復食だけすればいいわけではありません。行う前にも準備をしておきましょう。特に難しいことではなく、少しずつ食事を抑えておくだけです。準備に必要な日数は、ファスティングを実施する日数と同じ日数を目安にします。

たとえば3日間ファスティングを行うなら、実施する3日前からボリュームのある食事や油っぽい食事を止め、和食などさっぱりしたものを控えめな量で摂るようにします。そうして少しずつお腹の状態を慣らしていくのです。

ファスティングを開始したら、3食を酵素ドリンクに置き換えて、それ以外は水分をたっぷり取ります。そしてファスティングが終了した翌日が復食です。ドリンクだけで我慢した分、好きなものを食べたくなってしまうかもしれませんが、そこは我慢しましょう。数日間消化する作業を休んでいることになるので、いきなり普通の食事に戻してしまうと逆に内臓に負担をかけてしまいます。また、空っぽになったことで本来の機能が回復した状態になっているので、そこでたくさん食べてしまうと普段より吸収されやすいのです。

この2つの理由から、復食には体にやさしいおかゆが適しています。柔らかく煮込んだお米と一緒に水分もたっぷり吸収することができます。摂ることで体を内側から温め、代謝を良くしてくれる効果も期待ができます。ファスティング中も温かい水分を摂るといいですが、ファスティング後に温かく消化の良いおかゆを摂ることで、少しずつ体を日常に戻してあげましょう。

復食におかゆがいいのはなぜ?シンプルな理由は?

おかゆは病気のときに食べることが多いかもしれませんが、ダイエット中にもおすすめです。普段も胃腸に負担がかかっていると感じたときには、積極的に食事に摂り入れましょう。水分を多めにすることでお米の量を抑えることができ、食欲が低下しているときや内臓の機能が低下しているとき、また休ませたいときには、胃に負担をかけずに栄養を吸収できるからです。

食べるのも白米だけでなく玄米をブレンドしたり、野菜を入れたりすることで味にメリハリができ、摂れる栄養分も変わってきます。少量でも満腹感が得られやすく、ファスティング後の復食にも向いているのです。お米に含まれるデンプンはエネルギー源になります。おかゆは吸収されやすいため、朝食で食べるとより効果が得られやすいでしょう。

ファスティングが終わった翌日の朝食に食べれば無理なく栄養素を吸収でき、必要なエネルギーに変わってくれます。おかゆは卵を溶いて入れたり明太子などでアクセントになる味付けをしたり、アレンジしやすいのも優れたところです。和食というイメージが強いかもしれませんが、スープで炊いて味付けを変えれば洋風にも中華風にもなります。

ファスティングは、週末などの休日を利用して行うと体にも負担なく実行できるでしょう。体調が悪いときは避けた方がいいですが、何も予定のない日はおすすめです。ファスティングの後の復食には、胃での吸収が良く栄養価の高いおかゆで、休めた内臓を少しずつ通常の生活に戻してあげましょう。

知らないと損をするかも?!甘酒とファスティングの意外な関係

2017.05.12

便秘解消にはファスティング!メリットから効果の差まで徹底解剖!

2017.05.02

失敗しないファスティング!成功のカギはプロテイン

2017.01.19

簡単ドリンクでデトックス&ダイエット

2016.05.03
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容のプロ「日比野佐和子」先生が開発した美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを取り揃えております。

今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!