健康維持のために!乳酸菌と納豆菌の効用と効果的な摂取方法

LINEで送る
Pocket

乳酸菌や納豆菌が体によいことはよく知られていますが、それらが体内に吸収されることで具体的にどのような働きをするかについてはよく分かっていない人が多いのではないでしょうか。

そこで、それぞれの働きを解説しつつ、健康増進のためにはどのような摂取の仕方がより効果的なのかについても触れていきます。また、乳酸菌と納豆菌は同時に摂取することで意外な効果が生じることでも有名です。その点についても説明をしていきます。

腸の健康のために欠かせない!乳酸菌の効用

乳酸菌には腸内の環境を整える働きがあります。例えば、腸の機能を高めて食べ物の消化や吸収能力を高めるのもそのひとつです。また、腸の運動を活発にさせることで下痢や便秘になりにくくする働きもあります。さらに、乳酸菌は腸内を酸性に保つことで腐敗菌や病原菌の増殖を抑えます。その上、発がん物質の合成を抑える抗ガン作用や細菌やウィルスの侵入から身を守るための免疫増強作用まであるのです。こうして並べてみると乳酸菌が、私たちの体にとっていかに重要な働きをしているかがわかるでしょう。

しかし、問題はその摂取方法です。いつどのようにして乳酸菌を体内に取り込むかによって、その効果は異なってきます。そして、その効果を少しでも大きなものにしようと思えば、重要なのは毎日摂取を続けることです。なぜなら、食べ物と一緒に摂取された乳酸菌は体内に定着することなくわずか数日で排出されてしまうからです。したがって、朝食には必ずヨーグルトを口にするとか、晩酌には必ずチーズを添えるといったふうに日常生活の中で発酵食品の摂取を定着させる工夫が必要になってきます。

発酵食品は空腹時に食するよりも胃の中に何かを入れてから食べた方が効果的です。なぜなら、胃が空の状態で乳酸菌を摂取しても胃酸の攻撃により、そのほとんどが死滅してしまうからです。胃に他の食べ物も入っていれば胃酸の攻撃も分散され、より多くの乳案菌が生きたまま腸に達することはできます。実は、胃酸によって死滅した乳酸菌も悪玉菌の死骸を吸着させて外に排出させる働きがあるので、それはそれで役には立っているのですが、生きた乳酸菌も一定量腸内に運ぶことができれば、さらに大きな効果が期待できるのです。

健康食品の王様!納豆に含まれる納豆菌の効用

納豆に含まれる納豆菌の健康効果が注目されるようになったのは、1980年代に血栓を溶かす働きがある事実が認められるようになってからです。同時に、納豆菌には血液をサラサラにして血流をスムーズにする効果、腸内の善玉菌を増殖させる整腸効果、カルシウムの吸収を促進して骨を強くする効果、菌の繁殖を抑制する抗菌効果など、さまざまな健康効果が認められていきます。

さらに、納豆菌による発酵過程で、もともと栄養豊富な大豆の中にビタミンB群、ビタミンK2 、ナットウキナーゼといった多様な栄養素がプラスされることが知られるようになりました。こうして、納豆は日本を代表する健康食品としての地位を確立するようになったのです。

次に、納豆の効果的な摂取方法です。まず、納豆菌による血栓融解などの効果を期待するには納豆を1日50g程度摂取する必要があります。これは、ちょうど納豆1パック程度の量です。納豆による血栓融解持続効果は数時間~半日程度です。したがって、血栓症や血栓による脳溢血などが心配な人は毎日1パック程度の納豆を欠かさず食べた方が安心ということになります。

また、納豆菌は熱に弱いため、熱調理すると簡単に破壊されてしまいます。納豆による健康効果を期待するならなるべく生のまま食べた方がよいでしょう。しかし、納豆は苦手で食べられないという人も少なくありません。そういう人には納豆菌から作られたサプリメントがおすすめです。粉末のものもありますが、特におすすめなのがカプセル状のサプリメントです。カプセル入りのものであれば納豆が苦手な人でも容易に摂取することができるでしょう。

参考サイト(外部) ナットウキナーゼ

乳酸菌と納豆菌!同時摂取による意外な効用

健康維持において非常に重要な役割を持っている乳酸菌と納豆菌ですが、この2つを同時摂取することで思わぬ相乗効果が得られることが知られています。その効果とは、納豆菌の働きによって乳酸菌が何倍にも増殖するということです。ある実験によると、乳酸菌を単独で摂取した時と比べて納豆菌と一緒に摂取した場合は、乳酸菌の体内での増加量が約10倍にもなったと言います。

これは納豆菌の働きによって悪玉菌の増殖が抑えられ、善玉菌が増殖しやすい環境が整えられたためです。したがって、同じ乳酸菌を摂取するのであれば、納豆と一緒に食べた方がより大きな効果を期待できることになります。
そこでおすすめなのが、キムチに納豆を混ぜたメニューです。キムチには植物性の乳酸菌が豊富に含まれていますし、料理としても納豆との相性は悪くないので納豆が苦手ではなければ試してみてはいかがでしょうか。大事なのは乳酸菌をいかにして生きたまま腸内まで届けるかですが、植物性の乳酸菌は動物性のそれよりも胃酸に対する抵抗力が強いと言われているので、そういう意味でもキムチはおすすめです。

ちなみに、乳酸菌は外部から摂取したものの他に、もともと腸内に住みついているものも存在します。つまり、納豆菌と乳酸菌の同時摂取が難しい場合は、納豆だけでも食べておけば、腸内の乳酸菌をある程度増やすことが期待できます。

いずれにせよ、乳酸菌と納豆菌は健康増進のためには欠かせない存在です。積極的に摂取し、歳を取っても健康な体を維持できるように努めましょう。

参考サイト(外部) 納豆菌と乳酸菌の話

知らなかった!乳酸菌と納豆菌のコラボでスゴイ効果が?

2017.05.14

乳酸菌はサプリでいつでもどこでもがマル!

2016.10.28

効果は実感できた?乳酸菌のサプリ

2016.10.21

とりすぎはNG! 乳酸菌の効果を高める方法とは?

2016.08.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!