寝る前がベスト?乳酸菌はどのように摂取するのが良いのか

LINEで送る
Pocket

乳酸菌を摂取することは、美容や健康にとってさまざまな貢献を果たしてくれるとされています。乳酸菌は腸内環境を整えることに効果があるといわれており、そうした効果を期待して乳酸菌を積極的に摂取しているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、乳酸菌のさまざまな効果をいかんなく発揮するためには、乳酸菌の摂り方にも気を使わなければなりません。たとえば、乳酸菌は朝と夜のどちらに摂取した方が良いのでしょうか。ここでは、そんな乳酸菌の摂取の仕方について詳しく解説します。効率的に腸内環境を整えるためには、きちんと摂取の仕方について理解しておきましょう。

乳酸菌は寝る前に摂取するのがベスト?

乳酸菌が胃腸に良いということはよく知られていますが、どのように摂取すればより効率的にその働きを胃腸に届けることができるでしょうか。たとえばヨーグルトなど、乳酸菌が豊富に含まれている食材は、朝よりも夜に食べた方がその効果がより高まりやすいといわれています。

特に寝る前は、乳酸菌を取るタイミングとしてベストだとされており、ヨーグルトなどを食べるなら寝る前に摂るようにしてみてはいかがでしょうか。人間の腸内は眠っている間も活発に動いています。乳酸菌は生きたまま腸まで届くことで初めてその効果を発揮してくれますが、腸内に食べたものが残っていると乳酸菌の働きも弱まってしまいます。乳酸菌の中には胃酸に弱い性質を持つものもあり、腸内に食べたものが残っていると胃酸によって死滅してしまうこともないとはいえません。

寝ている間というのは胃腸に余計なものが入ってくることがないので、乳酸菌が腸内で最も活動しやすいゴールデンタイムだともいわれています。ただ、寝る直前に物を食べるのに抵抗があるという人もいるでしょう。寝る前のタイミングで乳酸菌を摂取するのが良いとはいっても、律儀に寝る直前にヨーグルトなどを食べる必要はありません。目安としては、夕食から2時間後、就寝の2時間前くらいがちょうど良いタイミングでしょう。そこまでたくさん摂取する必要はないので、ヨーグルトなどお腹を壊さない程度の適度な摂取を心がけてみてください。

寝る前に摂取する乳酸菌でおすすめなのはヨーグルト

ヨーグルトは寝る前に摂取するのにとても効果的な食材です。乳酸菌を腸内に届けてくれるだけでなく、カルシウムも豊富に含まれているため、ヨーグルトは寝る前に摂取することでカルシウム不足を補うことにも貢献してくれます。カルシウムは乳酸菌の働きを高めてくれる効果も同時に期待されます。乳酸菌はストレスに弱い性質を持っており、乳酸菌の働きを高めるためにはストレスを軽減することも大切です。カルシウムにはストレスを和らげる効果も期待できるため、なおさらヨーグルトが寝る前に摂取する食材として最適だということがわかるでしょう。

乳酸菌が含まれている食材として良く知られているのは、ヨーグルトの他に味噌や漬物などの発酵食品、またナチュラルチーズやオリゴ糖などにも乳酸菌が含まれています。ただ、味噌や漬物、チーズなどを寝る前に食べるのはちょっと抵抗があるという人も中にはいるかもしれません。そう考えると、やはりおすすめなのはヨーグルトでしょう。毎日ヨーグルトを食べるというのも良いですが、ちょっと飽きてきたらホットヨーグルトにして食べるという方法もおすすめです。

ヨーグルトは温めても乳酸菌は死滅しないので安心してください(熱すぎると死んでしまうこともあるので注意)。ホットヨーグルトに、オリゴ糖を入れて飲んでも良いですし、はちみつなどを混ぜてみても良いでしょう。ホットヨーグルトなら、身体を冷やさずに乳酸菌を摂取できますし、ヨーグルトを電子レンジで温めるだけで簡単にできるので、毎日の習慣としてぜひ取り入れてみてください。

乳酸菌の働きを高めるための摂取の仕方を考えよう

寝る前に摂取するのが良いといわれる乳酸菌ですが、人によっては夕食後から寝るまでの時間が短いという人もいるでしょうし、生活スタイルによって寝る前に乳酸菌を摂取することが難しいという人も中にはいるのではないでしょうか。乳酸菌は確かに寝る前に摂取することでその働きを最大限に高めることができますが、必ずしも寝る前でなくても乳酸菌の働きを高める方法はあります。

たとえば、乳酸菌を食後に摂取するという方法です。乳酸菌は胃酸に弱い性質を持つ成分ですが、食前や空腹時は胃酸の分泌が多く、乳酸菌を摂取しても胃腸で死滅してしまうことがあります。一方、食後はすでに胃酸の分泌が落ち着いており、胃酸の影響をあまり受けずに乳酸菌が腸にまで到達しやすい環境にあるのです。

乳酸菌は胃酸によって死滅してしまったとしても、腸内で活動している悪玉菌の活動を抑制する働きがあるといわれていますが、やはり生きたまま腸内に届いてそこに定着することでこそ乳酸菌の力が最大限に発揮されます。このように、乳酸菌を摂取するときは、胃酸との兼ね合いを考えながら摂取してみましょう。

どうしても食後や寝る前に摂取できないというときは、水を一杯飲んでから乳酸菌を摂取してみるというのも効果的です。こうすることで、胃酸の働きを多かれ少なかれ抑えることができるといわれています。水を飲む時は身体を冷やさないために、できるだけ冷たい水を避けて常温か白湯を飲むようにすると良いでしょう。

乳酸菌はただ摂取するだけでなく、こうした摂り方を考えることで、その効果をより高めることもできます。乳酸菌で腸内環境を整えたいなら、ぜひこうした方法を実践してみてください。

腸の味方、乳酸菌を多く含む食べ物とは?!

2016.11.25

乳酸菌はサプリでいつでもどこでもがマル!

2016.10.28

すっきりと美しい体になるためのダイエットに必要な7つのステップ!

2016.08.10

とりすぎはNG! 乳酸菌の効果を高める方法とは?

2016.08.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!