加熱したら乳酸菌はどうなる?乳酸菌の常識を知って効率よく菌活しよう

LINEで送る
Pocket

乳酸菌を摂取するためにヨーグルトなどを食べるとき、どのような食べ方をしているでしょうか。特にホットヨーグルトなどが美容に良いと話題になったことがありましたが、そもそも乳酸菌はホットヨーグルトのように熱を通しても死滅しないのでしょうか。せっかく乳酸菌を摂取するなら、やはり効率的に摂りたいものですよね。

ここでは、乳酸菌の力を最大限引き出すことができるような摂取の仕方をご紹介します。もし乳酸菌を摂っていてもなかなか効果を実感できないというなら、ぜひここで紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

乳酸菌は熱に弱い!ヨーグルトを温めるときは注意

実は乳酸菌は熱に弱い性質を持っています。したがって、ヨーグルトなどを温めて食べる際は、その温め方には注意しなければなりません。ホットヨーグルトの場合、だいたい40℃くらいが、乳酸菌が活動する環境として最適だといわれています。そもそも乳酸菌は人間と同じ生き物です。そのため、人間が室温28℃前後を快適と感じるように、乳酸菌にも快適に活動することができる環境があるのです。

もしヨーグルトを温めてホットヨーグルトを作る場合は、この40℃を目安に温めてみてください。この40℃という数値を超えてしまうと、乳酸菌はだんだん死滅してしまうので注意が必要です。60℃になると、約30分で乳酸菌は死滅してしまいます。さらに温度が上昇して100℃になると、乳酸菌は一瞬で死滅してしまうので、ホットヨーグルトを作るときは温めすぎないということが大切です。

だいたい40℃くらいに加熱されたヨーグルトは、乳酸菌を効率的に摂取できるというだけでなく、身体を温める効果も期待することができます。身体を温めることは腸内環境の働きを高めることにもつながり、胃腸の中で乳酸菌の力を最大限に発揮させる効果も得ることができるようになるでしょう。

ただ、ホットヨーグルトは人によっては食わず嫌いということもあるかもしれません。生きたまま腸に届くタイプの乳酸菌であれば、冷蔵のヨーグルトであっても十分にその効果を期待することができます。乳酸菌は毎日摂取するということが大切なので、自分が摂りやすい方法で摂取するように心がけましょう。

乳酸菌は生きたまま摂取しなければならないの?

乳酸菌はヨーグルト以外にも、味噌や漬物などの発酵食品にも豊富に含まれています。とりわけ味噌や漬物などの発酵食品には、植物性乳酸菌と呼ばれる乳酸菌が含まれており、この種の乳酸菌は他の菌がいても構わず活動するタフな乳酸菌としてしられています。ただ、味噌などに関しては、味噌汁にして食べるという人も多いのではないでしょうか。いかにタフな植物性乳酸菌であっても、やはり熱には弱い性質を持っています。そのため、味噌汁などのように加熱してしまうと乳酸菌は死滅してしまいます。

また、加熱せずに摂取された乳酸菌も、腸に到達するころには胃酸などによって死滅してしまうこともないわけではありません。このように死滅してしまった乳酸菌のことを死菌といいますが、この死菌にも腸内に対して一定の効果があるということがわかってきています。

ヨーグルトなどの宣伝文句の中に、「生きて腸まで届く」という言葉を見たことがありませんか。確かに、生きたまま腸に届く乳酸菌は腸内環境を整えることにとても効果的です。ただ、たとえ腸に届く前に死滅してしまったとしても、その死菌が腸内に生息している乳酸菌の餌になったり、腸内の悪玉菌を排出する手助けをしてくれたりなど、腸内環境を整えるのにさまざまな役割を発揮してくれることがわかってきています。

もちろん、できることなら生きている乳酸菌、すなわち生菌を摂取するというのが菌活の基本ではあります。ただ、必ずしも生きたままの乳酸菌だけを摂取する必要があるわけではないということは知っておいて損はないでしょう。

生きた乳酸菌を摂取するためにできること


乳酸菌を摂取するときは、生菌も死菌にこだわらず摂取しても問題ありません。ただ、乳酸菌の働きを最大限活かすためには、やはり生きた乳酸菌を積極的に摂取したいところです。ホットヨーグルトなど、適度に温められた乳酸菌は活動が活発になり、より効率的に生菌を摂取することができるのでおすすめです。一方、ホットヨーグルト以外にも、生きた乳酸菌を摂取する方法はいろいろあるので、自分にあった方法を実践してみてはいかがでしょうか。

ヨーグルトが苦手なら、乳酸菌飲料で効率的に摂取するという方法もあります。乳酸菌飲料の中には、よく見かける生きたまま腸に届くというタイプの製品を積極的に摂取してみましょう。乳酸菌の中には生きたまま腸に届いてくれないものもあります。そういう人には、ガセリ菌やプロバイオティクスなどの乳酸菌飲料がおすすめです。こうした乳酸菌は生きたまま腸に届きやすいので、生菌を中心に菌活したいならぜひ試してみてください。

一方、もっと手軽に乳酸菌を摂りたいなら、乳酸菌サプリを摂取してみるというのも1つの手です。サプリメントなら手軽に生菌を摂ることができ、時間と場所を選ばずに乳酸菌を摂取することができるので、菌活を習慣化したいという人にもおすすめです。

また、乳酸菌の摂取の仕方にも注意を払ってみましょう。乳酸菌は腸の活動がより活発になる時間帯に摂取したいところです。就寝中は胃腸のゴールデンタイムともいわれる時間帯なので、寝る前は乳酸菌を摂るタイミングとしておすすめです。乳酸菌を効率的に摂取するなら、ヨーグルトを温めてみたり、サプリを試してみたりなど、さまざまな方法を試してぜひ自分に合った習慣を探してみましょう。

腸の味方、乳酸菌を多く含む食べ物とは?!

2016.11.25

アトピーで悩む人を助ける乳酸菌の働きを紹介

2016.11.09

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19

すっきりと美しい体になるためのダイエットに必要な7つのステップ!

2016.08.10
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!