二日酔い対策に乳酸菌!アルコールと乳酸菌の関係とは

LINEで送る
Pocket

身体に良い働きをしてくれる菌を体内に積極的に摂取しようという「菌活」が注目を浴びています。中でも、乳酸菌の摂取は手軽にできる菌活として人気を博していて、乳酸菌を効率的に摂取するためのさまざまな方法が紹介されています。乳酸菌は二日酔いにも効果的だといわれていますが、実際のところどこまで効果が期待できるのでしょうか。

ここでは、乳酸菌とアルコールの関係について詳しく解説します。二日酔い対策として乳酸菌の摂取を考えているなら参考にしてみてください。

乳酸菌はアルコールによって死滅してしまう?

まず、乳酸菌は熱に弱い性質を持つということを理解しておいてください。過度に加熱された乳酸菌は死滅してしまい、いわゆる死菌という状態になってしまいます。したがって、乳酸菌はできるだけ加熱されていない状態で摂取するというのが基本です。

しかしながら、たとえ加熱処理していない乳酸菌であっても、生きたままの乳酸菌が必ずしも腸に届くわけではありません。なぜなら、乳酸菌は胃酸や胆汁などの消化酵素にも弱い性質を持っているからです。そのため、加熱未処理の乳酸菌を摂取しても、消化される過程で乳酸菌は死滅してしまい、実際に生きたままの乳酸菌、すなわち生菌が腸まで届く数はごくわずかだともいわれています。

こうしたことから考えると、乳酸菌はアルコールにも弱いということがわかるはずです。昔、アルコールは消毒液としても使われていて、殺菌効果があるといわれるほどに強い性質を持つ物質です。乳酸菌も菌の一種ですから、乳酸菌とアルコールを一緒に摂取すれば、殺菌効果のあるアルコールによって、菌は死滅してしまうだろうと考えられます。

そうなると、やはり乳酸菌とアルコールの愛称は良くないと考えるのが妥当かもしれません。しかし、実は乳酸菌というのは、たとえ死滅していても一定の効果を果たしてくれる菌でもあります。乳酸菌を摂取するときは、生菌を効率よく体内に入れるだけでなく、死菌の摂取も積極的に行っていった方が効果的だともいわれています。そして、そのような考えに則れば、乳酸菌とアルコールの組み合わせはむしろ良いものだとも考えることができるのです。

死菌の摂取も効果あり!乳酸菌の効率的な摂取方法とは

乳酸菌はたとえ死滅していたとしても、体内に取り入れることで一定の効果をもたらしてくれるということがわかってきています。死滅した乳酸菌はもともと腸内に生息している乳酸菌や善玉菌の餌となり、そうした菌が活発に働くための原動力になるという役割を持っています。したがって、死滅した乳酸菌を摂取することも立派な菌活の習慣の一つなのです。

もちろん、生きたままの乳酸菌をきちんと腸内に届けるということも大切です。生きたまま腸内に届くことで、乳酸菌の能力はまさに最大限発揮されます。ただ、「生きたまま腸に届く」と謳っている乳酸菌の商品でも、必ずすべての乳酸菌の生菌がそのまま腸に到達できるというわけではありません。体調によって胃酸の分泌には変化がありますし、そうした身体の状態によって腸に届く生菌の数も変動してしまいます。

また、乳酸菌は一度に大量に摂取するのではなく、毎日の習慣として摂取するという姿勢が大切です。そのため、生きたままの乳酸菌を腸内に届けるということにこだわらず、まずは死菌であっても乳酸菌を摂取する習慣をつけるということを考えるのが賢い摂取の仕方です。

生きたまま腸に到達しやすい乳酸菌飲料やカプセル状の乳酸菌サプリなどで生菌を効率的に摂取しつつ、ヨーグルトや発酵食品など乳酸菌のたくさん含まれた食材を積極的に食べるなどして、まずは乳酸菌の効果をきちんと発揮できるような習慣を身に着けるようにしてみましょう。

乳酸菌には二日酔い防止効果も期待できる!?

乳酸菌は死滅していても人間の身体に有効に働いてくれる物質です。したがって、アルコールの殺菌効果で死滅してしまった乳酸菌も、決して身体に無駄な物質というわけではありません。むしろ乳酸菌には二日酔いを防止する働きがあるとされていて、アルコールを飲んだときは積極的に摂取したい成分でもあるのです。

乳酸菌には腸内環境を改善してくれる効果が期待できますが、飲酒をする前に乳酸菌を体内に入れておくことで、アルコールが翌日まで持ち越されることを防ぐことができるといわれています。これは腸内環境が整ったことで、肝臓にかかる負担が軽減されるからだと考えられています。もし二日酔いが心配なら、お酒を飲む前に乳酸菌を摂取しておくことをおすすめします。お酒の前にウコンドリンクなどを飲む人もいますが、乳酸菌にもウコンと似たような効果が期待できるということを覚えておきましょう。

また、乳酸菌はおつまみとしてお酒と一緒に食べるのもおすすめ。お酒のおつまみなら、特に発酵食品は打ってつけです。発酵食品にもたくさんの乳酸菌が含まれているため、ワインのお供ならチーズ、日本酒や焼酎の肴にするなら漬物など、アルコールの種類によってぜひ食べ分けてみてください。

特に漬物に含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌といい、普通の乳酸菌よりもタフな性質を持つといわれています。アルコールの殺菌効果にも強い性質を持っているため、お酒のおつまみにはまさに最適といえるでしょう。乳酸菌は二日酔い対策としてだけでなく、腸内環境の改善などさまざまな効果があるとされています。健康や美容のために、乳酸菌を摂取する習慣をぜひ始めてみてください。

アトピーで悩む人を助ける乳酸菌の働きを紹介

2016.11.09

お酒好きに酵素は必須?アルコールと酵素の関係とは

2016.09.09

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19

とりすぎはNG! 乳酸菌の効果を高める方法とは?

2016.08.01
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!