運動しても大丈夫?ファスティングの正しい方法

LINEで送る
Pocket

芸能人やモデル、アスリートをはじめとして、ファスティングは今たくさんの人に注目されています。ファスティングはダイエット目的や美容目的で行われる場合がほとんどです。ファスティングを行う時は方法を守って、正しい知識を持って行わなければ、健康を損なう恐れがあります。

そこで今回は、ファスティングの正しい方法と、ファスティング中に行うと良い運動を中心にご紹介します。興味がある方は、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

今注目のファスティングとは

今たくさんの人から注目されている「ファスティング」は英語のfastという動詞からきており、「絶食する」「断食する」「精進する」といった意味合いがあります。そのため、現在取り組まれているファスティングに関しても、そのようなイメージを持っているという人が多いものと考えられています。

しかし、ファスティングの正しい方法は、完全に絶食を行うといったものではありません。最近多くの人が実践しているファスティングは、完全絶食という訳ではなく、酵素ドリンクや水を摂取しながら行われます。生命維持のために最低限必要なカロリーと栄養を摂りながら行われるために、厳しい修行のようなイメージもなく、また現代人が日常の生活を営む上で特別な支障はなく、安心して行うことができるのがファスティングのメリットです。

ファスティングは美容・ダイエット・健康管理などといったことを目的として実践されます。現代人の生活は乱れ、また食生活が欧米化したことによって内臓にも大きな負担がかかっていました。ファスティングを行うことによって、内臓に休息を与えることができるといったメリットがあります。内臓が適切に働くと、体内の状態もリセットされます。日頃体内にため込んでいた有害物質が身体の外へと排出されることによって、身体そのものが健康な状態へと導かれます。

そうは言っても、この飽食の時代にファスティングを実践すること自体が難しいと感じる人がいることも予想されます。ファスティングを行う時には、事前に暴飲暴食を禁止し、ファスティングに耐えうる身体づくりをしておくことが大切です。ファスティングを行う時には、3日以内の比較的軽めのファスティングを年に2~4回の頻度で行うと、大きな負担がなく取り組むことができます。

本当に危険?ファスティング中に運動を行う時のポイント

前に述べたように、現代人が実践しているファスティングは完全な絶食ではありません。酵素ドリンクや水を摂取することによって行われるものでるため、生命の維持といったことについては何の問題もありません。

しかし、ファスティングを行っている数日間は、通常の食生活と比較してみると、摂取カロリーそのものが少なくなっていることは明らかです。そういった状況の中で、運動を行うことは危険なのか、どうか。結論から述べると、ファスティング中の運動については、適度に行っても良いものと考えられます。ファスティング中は必要最低限のカロリーは摂取されていますが、空腹を感じるという人がほとんどです。

人の身体はお腹が空いた状態であると、血糖値が下がります。血糖値が下がると脳は指令を出して、糖の消費を抑えようとします。さらに飢餓状態が進むと、筋肉を構成する脂肪やタンパク質をエネルギー源として使用することとなります。血糖値が下がった状態が続いてしまうと、筋肉が衰えてしまいます。そして、筋肉量が少なくなると、痩せにくい身体となってしまいます。

筋肉量が減少したことによって痩せにくい身体となってしまうと、結果的にリバウンドにつながってしまいます。ファスティング中はもともとあった筋肉量を維持するためにも、適切な運動を行うことがポイント。過剰に運動する必要はありませんので、ファスティングにチャレンジする期間に応じた適度な運動を取り入れることをおすすめします。

ファスティングに効果的な運動とは

ファスティング中は適度に運動を取り入れて、筋肉量をキープするよう心がけましょう。しかし、過剰に運動をする必要はありません。ファスティングを実施する期間に応じて、適度な運動を行うことがポイントです。

まず、1日限りのファスティングを行う時には、通常通りの運動を行って良いと考えられます。筋トレなどであると、自宅でも簡単にできるのでおすすめですよ。また、ファスティングを3日行う場合は、軽めの有酸素運動を心がけるようにしましょう。

ジョギングやウォーキングを軽めに行うと、脂肪の燃焼が促され、血流も良くなります。さらに6日間に渡ってファスティングを行う場合には、ストレッチやヨガなどがおすすめです。ストレッチやヨガを行うことで、身体をすみずみまでゆっくりと動かすと血流も良くなります。

ファスティングを一度でも体験したことがあるという人なら良く分かると思いますが、ファスティング中の空腹というのは想像以上に辛いものがあります。空腹によるストレスを解消するためにも、ファスティング中は適度な運動を取り入れるとリフレッシュにもつながります。

ファスティングはダイエット目的で行う人もたくさんいますが、一時的に体重が減少してもあまり意味がありません。ファスティング中であっても筋肉量をキープして、しなやかで美しい身体をつくっていくためにも、ある程度運動を取り入れていくとより効果的です。ファスティングは体内がリセットされることに加えて自分自身の生活を見直す良い機会となります。

ファスティングのポイント!前日と翌日にすべきこと

2017.05.23

失敗しないファスティング!成功のカギはプロテイン

2017.01.19

すっきりと美しい体になるためのダイエットに必要な7つのステップ!

2016.08.10
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!