乳酸菌と食物繊維がコラボすると便秘解消の最強タッグが組める!

LINEで送る
Pocket

5大栄養素といわれるタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルに加え、近年注目されているのが、第6の栄養素、食物繊維です。食物繊維といえば便秘解消をすぐに思いつく人も多いのですが、同じように便秘解消に良いといわれているのが乳酸菌です。

この乳酸菌と食物繊維には切っても切れない関係があることをご存じでしたか。食物繊維は、便の材料になるだけでなく、乳酸菌のエサになり、乳酸菌と食物繊維で、便秘解消の効果を倍増し体内環境を改善してくれます。この2つの関係をもっと探ってみましょう。

食物繊維はお腹にやさしい?それとも負担?

便秘解消はダイエットには欠かせないキーワードです。そのため、食物繊維を積極的に摂ることは、ダイエット方法のひとつになっています。ですがこれだけではありません。ダイエットと食物繊維が結びつくにはもうひとつ大きな理由があります。それは、食物繊維の多くは消化が悪いということです。消化が悪いということは腹持ちが良いことになります。そのため、ダイエット時には、食物繊維を取って食欲を抑制するという方法がよく使われています。

では、消化が悪い食物繊維はお腹には負担になるのでしょうか。食物繊維は、大消化が悪いものと消化がよいものの2つに分けられます。お腹に優しい食物繊維は水溶性食物繊維で、水に溶ける性質をもつ食物繊維のことです。水溶性食物繊維として有名なのが、果物や野菜に多く含まれているペクチン、海藻類に含まれているアルギン酸、ダイエット食としても有名なこんにゃく芋に含まれるグルコマンナンなどです。

水溶性食物繊維は水分保持力が高いので、水に溶けるとゲル状になり、ダイエットに大いに効果を発揮します。また、糖質の消化や吸収を緩やかにする機能や、血糖値の急上昇を抑える機能、コレステロールや脂質を吸着して排出する機能など、全体的に余分な栄養素を吸収することを阻止してくれます。

一方、不溶性食物繊維は、繊維質な食べ物に含まれている場合が多いので、よく噛んで食べることになり、食べすぎ防止や満腹感を得られやすくなります。水に溶けないので、胃や腸内で水分を吸収してふくらみ、便の材料になったり、腸のぜん動運動を活発化したりする働きがあります。ダイオキシンなどの体内の有毒物を排泄するデトックス効果も期待できます。

食物繊維は、どちらか片方だけをとるのではなく、水溶性1に対して不溶性2くらいの割合が最も良いといわれています。お腹への負担も少なく、そのうえ食物繊維に期待する効果を得ることができるベストバランスです。

食物繊維と相性抜群の乳酸菌

運動不足やストレスでお腹の調子が整わず便秘になってしまうという話をよく耳にします。運動不足やストレスは、体内の乳酸菌を減らしてしまい、腸内環境を整えることができず、便秘を引き起こしてしまいます。乳酸菌不足は、ぜん動運動を鈍らせてしまうからです。

このようなときは腸の働きを活発化させるために、外部から乳酸菌を補給することが手軽でよい方法です。乳酸菌サプリメントで乳酸菌を補給し腸内の善玉菌を増やすことで、善玉菌の活性化を促すことができます。さらにここに食物繊維を投入すると、より効果が出て、結果を実感することができます。乳酸菌を活発化させるには、そのエサとなる食物繊維をたっぷりと摂るようにすると、より高い効果を得ることができるのです。

乳酸菌と食物繊維のコラボレーションで腸内環境を整え、便秘を解消させることでダイエットとしての大きな効果が期待できます。このときにもバランスは大切です。効果があるからと食物繊維を摂りすぎてしまうと、乳酸菌が食物繊維を分解して善玉菌を増やす作業が間に合わなくなり、残された食物繊維が逆に便秘の原因になってしまいます。水分をたっぷりと摂りながら、バランスよく食物繊維と乳酸菌を摂るようにしましょう。最強のタッグだからこそ、無駄なく上手に活用したいですね。

ダイエットを早く成功させたいのであれば、もちろん運動も定期的に行うなどの本来のダイエットに効果がある方法も行うことはいうまでもありません。

合わせ技を試してみよう

乳酸菌は今やいろいろな食品から摂取することができます。今回注目した便秘対策やダイエット効果だけでなく、アトピー対策、体質改善など、菌の種類によってさまざまな効果が期待できます。市場に出ているさまざまな乳酸菌の中で自分にあったものをまず選ぶことから始めましょう。味だけでなく食べ方もいろいろ考えられます。

一方で食物繊維は、古来より日本人の食生活の中で、しっかりと摂られてきた栄養素です。今でこそ食物繊維不足が問題視されるようになりましたが、食物繊維をたっぷりと含む食材は、日常の食生活のなかで数多く見つけることができます。食事にほんの一工夫加えるだけで、食物繊維たっぷりの食事ができあがるのは、日本の食文化ならではの利点です。

手軽に食物繊維と乳酸菌をかけあわせたものといえば、糸ひき納豆が例としてよく知られている食材です。食物繊維と乳酸菌をそれぞれ摂るのではなく、1つの食材で2つをまとめてとることができるので、1回で相乗効果を得ることができます。

どちらか一方のみは摂れるけど両方はなかなかというのであれば、身近な食物繊維を取りながら乳酸菌サプリメントでフォローしてもいいですし、逆のパターンでも有効なトライができそうです。生きて腸内に届くことで整腸作用を促す乳酸菌と便秘解消の効果ばつぐんの食物繊維を併せて摂ることは、さらに大きな効果が期待でき、健康にもダイエットにも役に立つ方法です。試してみてはいかがでしょうか。

アトピーで悩む人を助ける乳酸菌の働きを紹介

2016.11.09

アトピーにお悩みの方に! 試してほしい乳酸菌の効果

2016.08.30

とっても優秀!乳酸菌が導く美肌効果

2016.08.19
LINEで送る
Pocket

コラム提供

スルスルオンライン健康食品の通販サイト「スルスルオンライン」がお届けします。

スルスルオンラインでは、美容サプリやダイエッターを応援するサプリなどを多数取り揃えております。
今後も様々な商品を開発して参りますので、是非一度ご訪問ください!